緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



緑の館の世界 愛犬レオが星になる No163

2016年11月18日 | 緑の館の世界

 

 

レオは14歳になるミニチュアダックスでした。

4ヶ月前に動物医院の検診で悪性リンパ腫との診断を受けました。

診断後から抗がん剤の治療をして頑張ってきました。

レオは介護する家族を気づかって優しい目で見つめていました。

昨夜、しっぽを振って家族との最後のお別れをしてくれました。

夜空を見上げるとレオは光る星になっていたのです。

ありふれた1日・1日の移ろいが掛け替えのない大切なものに思えてきます。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


未来への提案(保育所と老人施設の共存) No.162

2016年11月01日 | 未来への提案

 

 特別老人介護施設は不足しています。

介護の現場での人手不足は深刻な社会問題で老人介護施設を増やすことができないでいます。

私は、高齢者を幼児教育に積極的に参加をさせる事を提案します。

老人と幼児とのコミニュケーションの場は双方にとって必要です。

老人は幼児と接することによって脳が活性化され健康寿命が延びていきます。

幼児は老人と接することによって優しさと労りの心を身につけていきます。

幼児と老人のための社会システムを構築することを提案します。

老人が幼児の育成に間接的に加わる事が必要になります。

絵を描く時も絵本を読む時も童謡を歌う時も一緒になって楽しみます。

共に様々な創作活動をしていると人間力は向上してきます。

緑の館絵画を楽しむ会は、幼児と老人が学んで楽しむ社会を日本の未来の姿にする事を提案します。

ボランティア活動を学校教育のカリキュラムに加えるようにしていきましょう。

市民の奉仕活動が深刻な介護の現場を支えていくのです。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです