flow Trip -archive-

「漂い紀行 振り返り版」…私の過去のノートから…
 言い伝えに秘められた歴史を訪ねて

港区芝

2010-06-30 00:00:47 | 漂い紀行
 芝公園内にあるこの日の宿泊先から、徳川家菩提寺である増上寺の三解脱門、その門前である大門へと歩いた。

(重文 三解脱門 元和八年(1622)建立)
コメント

池田屋跡

2010-06-29 00:00:28 | いにしえの人びと
(京都市中京区三条通河原町東入ル中島町)
 元治元年(1864)旅館池田屋に潜伏していた、尊皇攘夷派である長州藩と土佐藩の武士を新選組が襲撃した場所である。
コメント

井道厳島明神社

2010-06-28 00:00:47 | かみのやしろ
(愛知県新城市内井道北)
  豊川弁天橋のたもとに鎮座する神社である。祭神は市杵嶋姫命(イチキシマノヒメノミコト)であるが、神仏習合により弁財天の化身とされ、付近も弁天と呼ばれている。天明三年(1783)に創建されたが、安政二年(1855)に焼失し、翌々年再建されている。
 
コメント

駒犬城

2010-06-27 00:00:27 | 城郭・城下町
(駒崎城 佐藤館 宮城県塩竃市旭町)
  仙石線の高架下、松巖山東園寺のある丘陵地には、観応年間(北朝1350-51)吉良氏が築城した駒崎城(駒犬城)が存在した。後に留守氏の持城となり佐藤氏が城代を務めたが、元亀三年(1573)留守氏を継いだ伊達政景によって落城した。
(安永五年建立 東園寺の碑:中央)
コメント

みなと図書館

2010-06-26 00:00:48 | 学びのやかた
(東京都港区芝公園)
 昭和54年(1979)区政30年記念事業によって開館した、SRC造3階、地下1階、3997㎡の図書館である。蔵書は約20万点(内児童書約3万点)であり、外国人居住者が多いことから洋書を多く揃えている。開館時間は9:00~20:00(休日~17:00)である。
コメント

姉小路

2010-06-25 00:00:24 | 漂い紀行

(京都市中京区)
コメント (2)

せいじゃ淵

2010-06-24 00:00:54 | 水のほとり
(愛知県新城市富沢・井道・日吉)
 日吉から豊川を渡る。子どもの頃父とよく通った道程である。この辺りの豊川は、大蛇が棲むという伝説がある。付近は弁天と呼び、右岸の字内井道北に鎮座する厳島神社の神仏習合時代に由来する。
コメント

御釜神社

2010-06-23 00:00:55 | かみのやしろ
(宮城県塩竃市本町)
 鹽竈神社の末社であり、鹽竈神社と同じ塩土老翁神(シオツチノオジノカミ)を祀る。塩竈の由縁でもある釜が四つあり、製塩の歴史を伝えている。
コメント

旧有章院霊廟二天門

2010-06-22 00:00:44 | いにしえびとの睡
(東京都港区芝公園 国指定重要文化財)
  増上寺境内に存在した、旧徳川家七代将軍家継霊廟の門であったが、第二次世界大戦で霊廟は焼失し、この二天門だけが残った。享保二年(1717)八代将軍吉宗が造営した、八脚門(柱)であり、多聞天と広目天が配置されている。


コメント

旧日本銀行京都出張所

2010-06-21 00:00:44 | STRUCTURE-構造物残影-
(京都市中京区高倉通三条上ル東片町 国指定重要文化財)
  明治39年(1906)建築家辰野金吾によって設計された、本館二階建塔屋付、地下一階、建築面積884㎡と、金庫棟、建築面積184㎡の煉瓦造りの建物である。 昭和40年(1965)日銀は河原町二条に移転、昭和42年(1967)からは古代學協會平安博物館となり、昭和63年(1988)からは京都文化博物館別館として利用されている。
  
  この日は「冷泉家~王朝の和歌守展」招待観覧のため、二十年振りに訪れた。
コメント

舟着から

2010-06-20 00:00:02 | ご近所漫ろ歩き
(愛知県新城市日吉)
 幼い頃の父との思い出の場所である舟着山麓大入川、大入遺跡を訪れ、台地から西方を望んだ。
コメント

法蓮寺跡

2010-06-19 00:00:34 | ほとけのいおり
(金光明山法蓮華院法蓮蜜寺 宮城県塩竃市一森山)
 鹽竈神社の東参道沿いに寺院跡がある。鹽竈神社の神宮寺であった法蓮寺は、天台宗の寺院として創建したという説があり、室町時代末期に真言宗として再興したという。別名を一森山最上護国鹽竈寺とも言い、明治の神仏判然令により廃寺となっている。また、元禄二年(1689)五月八日に松尾芭蕉と河合曾良は、この寺の門前で宿をとったと「曾良旅日記」に書かれている。
コメント

銀座 平成二十二年

2010-06-18 00:00:18 | 漂い紀行
夕刻の銀座を訪れた。
コメント (2)

旧京都郵便局

2010-06-17 00:00:59 | STRUCTURE-構造物残影-
(京都市中京区三条通東洞院東入菱屋町 市登録有形文化財 公共建築百選)
 明治35年(1902)に建造された、一部鉄骨RC造三階、地下一階、延床面積9700㎡,ネオ・ルネサンス様式の建造物であるが、昭和53年(1978)外観のみを残し、内部を改築する工法(ファサード保存)で残されたものである。昭和24年(1949)からは、中京郵便局となった。
 
コメント

日吉神社の楠

2010-06-16 00:00:18 | ふるさとの木々
(愛知県新城市日吉字宮ノ腰 市指定天然記念物)
  樹齢八百年と推定される神木の楠が日吉神社社殿横に生えている。二股に分かれいる幹の片方は落雷により朽ちているが、もう片方はしっかりと生きている。 近年、保存のために幹を支える柱が設けられた。
      
コメント