こりすの工房便り

趣味の手芸や旅行、日々の出来事を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みちのく三大半島の旅 8

2014-08-27 16:53:50 | 旅行―東北地方
斜陽館



津軽半島の龍飛岬の次は、半島を下って
五所川原市の金木に到着です。


金木といったら、「太宰治」ですね~~~

見学の前に昼食です。

太宰治の生家「斜陽館」のすぐ目の前にある金木観光物産館「マディニー」で昼食でした。

今回のツアーはバス2台でしたが、
食事処の都合で、1号車と2号車が別々の場所で昼食でした。

1号車は少し離れた場所だったようですが、
2号車は斜陽館の目の前のお店でした。

食事は「けの汁」
けの汁は津軽の郷土料理で、具沢山(野菜がさいのめ切りになっている)の赤味噌仕立ての汁です。


料理は

青森県へ来ると、毎食帆立ばかりです。(笑)

食事が終わった人から自由見学になります。


まずは斜陽館

前でテレビの撮影をしていました。




建物にはいると、長くて広い土間があります。
土間から見た部屋です。



奥に台所


台所から見た部屋


台所を抜けておくに進むと蔵があります。


蔵の中は撮影禁止。


靴を脱いで、部屋に上がります。

仏間

豪華~~~
すごいね・・・ってみんながびっくりしていました。

大皿


仏間を含む4つの部屋のふすまを外すと、63畳の大広間になるそうです。


斜陽館の見取り図はこちらです。  クリック

次回へ続きます。


コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 誕生寺の灯篭流し2014年 その2e | トップ | リバーシブル編のアクリルタ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一言 (T.K)
2014-08-27 18:42:58
いいですね。
こんばんHA (雨漏り書斎主人)
2014-08-27 19:09:09
お馴染み 斜陽館 ですね♪

大地主だったんですねぇ

昨日 イオン ブックバーゲンで ザ・太宰治 が出てました
Unknown (子猫の迷い道)
2014-08-27 21:32:19
思い出しながら見せていただいております。
お昼、何食べたかしら。
忘れてしまいました。
こうして記録しておくと良いですね。
Unknown (♥ junjun)
2014-08-27 21:49:21
♪太宰治記念館の〝斜陽館〟 
小説〝斜陽〟からついた名前だそうですね。

波乱万丈な人生を送った太宰の生家 立派ですね。
おはようございます (こりす工房)
2014-08-28 08:27:13
T.K様

ありがとうございます。

ずっと憧れていた斜陽館です。
見学できて嬉しかったです。
おはようございます (こりす工房)
2014-08-28 08:30:22
雨漏り書斎主人様

斜陽館、修復が終わり元の姿に戻ったそうです。
旅館にも泊ってみたかったですが…

この時代にこの建物~~~
どれだけのお金持ち???って感じでした。

最近太宰の本読んでいません。
おはようございます (こりす工房)
2014-08-28 08:45:05
子猫の迷い道様

食べたお昼ごはんのことや、
ホテルの部屋や、ホテルの外観などなど
しばらくするとすっかり忘れてしまいます。

以前泊ったことがあるホテルなのだけれど、
全然記憶にないというところもあるくらいです。(笑)
日記代わりなので、なるべく撮影しておこうと思っています。
Unknown (こりす工房)
2014-08-28 08:52:07
junjun様

そうなんです~~~
斜陽館!
昔から行きたかった場所です。
一時は旅館として使われていましたが、
修復して太宰治の記念館になりました。

本当に立派な建物です~~~
中に入ってからも、おお~~~という声が自然に出てしまいました。
こんにちは。 (秋桜)
2014-08-28 13:48:54
こんにちは。こりす工房さん

本当に素晴らしいところなのですね-。

ご感動がよ-く伝わります。
当時のまま (はなこころ)
2014-08-28 14:21:30
なんですね
すごい。
太宰治の息遣いまで
感じとれそうですね。

・・はなこころ

コメントを投稿

旅行―東北地方」カテゴリの最新記事