馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

寒い一日だった

2017-09-16 10:57:55 | 首都散策・風景・冬期

この寒さ東京の1月

15日から首都集中暖房が入りました
家から出たくない気持ち(室内温度27度)

知り合いから外は寒いよと忠告有り

雨合羽でよかろうと安易な馬鹿予測

      

昨日は雨雲が厚く首都を覆い空は灰色模様

太陽が出ないとこんなに寒いのか思いながら歩く
子供たちは皆、ダウンジャケットを着こんでいる

標高1500mの高山だからね

私の雨がっぱは有名なメーカー
雨時サウナ状態((´∀`))ケラケラ

少し寒くなると拷問ガッパ
出た汗が寒風にさらされ悪寒がしてくる

山登りした人には理解できる駄目用品
デザイン・配色抜群だが用途的に最低

何処で着ると快適なんだろう
(The Noeth Face製)通風性ゼロガッパ

歩きました

      

1kmも歩くと汗が出だしたので合羽を脱ぐと寒くて風邪引きそう
汗を乾燥させ雨合羽っを着ないと寒い

チャックをしないで風通しをよくし歩き出す

汗が出そうになると鳥のように両手で雨合羽を
大きく羽立たせ背中の空気を入れ替える

メタボガチョウの如くパタパタさせながら歩く

屋外は寒い

    

一昨日は久しぶりの快晴だったが急に寒くなるなんて
ブツブツ言いながら歩いているが

冷静に考えればマイナス世界のある国じゃ当たり前
それもマイナス世界になる前に異常な長雨である

寒くならないほうがオカシイ

でも記事を書いている今
屋外は晴天です

これから出かけますが
気温は保証できかねない

一度気温が下がると
東京のように元に戻ることはない

震えながら帰宅

      

出かける前、車の出入り口を大型車が塞ぎ看板の付け替え中

どかせと脅かすが流石、獰猛民族
逆に逆襲を食らい(〃艸〃)ムフッ・・退散させられる

仕方ない歩くしかない

ケチは出かける前から始まっていた

二足歩行だから時間はかかる
帰宅前は御覧のようにとっぷりと陽が落ちている

寒さとやりきれなさと空きっ腹で震えが止まらない
朝から何も口にしていない

寒いんです(標高1500m高地)

3地区から自宅まで4kmぐらい

看板のケバブはトルコ料理(肉の丸焼き)
注文すると肉を薄切にして出してくれる

トルコ風BBQである

実際は食べていません(紹介しただけ)
私は子供の頃から欲しくても我慢できる

モンゴル人はこんな私をケチという
ケチじゃないんだけど(節約家)

無駄と余計な支出はしない(出入を考えて)
安易な生き方をしない

小銭であろうと緊急時には役立つ

現地人とは真逆な人間だから合うはずがない

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 坊主丸儲け | トップ | 日本は男女不平等で暴走国家なり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真冬の (fukurou0731)
2017-09-17 11:32:05
馬とモンゴル様
おはようございます。
写真を見せてもらうと、町の人は真冬の姿ですね。東京の1月で、何度くらいなのでしょう?
先日木曽開田高原の最低気温は5.9℃で全国一位の最低気温でした。
風邪などひかれませんように。
日本の方が寒いかなぁ (馬とモンゴル)
2017-09-18 05:49:02
fukurouさん

おはようございます!

モンゴルは中央大陸で標高が1500mの高地にありシベリアからの寒気団が諸に流れて来ますから寒いです

fukurouさんの別荘が有る木曽と環境は同じじゃないかと思われます

真冬は木曽も-20度ぐらいまで下がることもあるんでしょう(憶測ですが)

モンゴルの厳寒期は12月から翌年の4月までがマイナス世界です。-15度から-35度まで下がります

日本と同じで2月(旧正月時期)が一番寒い毎日-25度ぐらいで一月ぐらい続きだんだん寒さが和らいできます

モンゴル住居の建築様式は二種類あります

一年を通して完全暖房設備式の住居と夏だけの一般住居

完全暖房設備式は壁の中には断熱材が施され密閉式(壁の厚さは最低で40㎝の厚さ・我が家は50㎝)・窓は二重窓の開閉式・床電気暖房か火力発電所から暖房温水を循環させる方式・出入り口のドアーも二重式で表ドアーと室内ドアーの二重方式です

私がベラダからブログに載せている火力発電所写真から温水が供給されている

一軒家での生活者は建設した時のお金のやりくりでいろんな方式が有りますが基本的には壁も断熱し窓も二重窓・ドアーは一つだけです

暖房は自己負担で石炭・薪ストーブか電気ストーブです

大半の家は生木で家を作りますから乾燥すると隙間が生じます。隙間は泥土や簡易断熱材で目張りして寒さを防いでいます

貧乏だと新聞紙を何重も糊張りし寒さを防いでいます

羊毛で作られたフェルトを壁やドアー天井に敷き詰め・張りつめ断熱材代わりにしている家もある

ゲル式異動住居もフェルトを中心に厚手のフェルトで厳寒期は過ごす(フェルトは夏用と冬用が有る)

木材一戸建て住居もゲルも現地人は普通に生活していますが日本人は生活できないと思います

厳寒期ストーブを燃やしている時は室内が+30度くらいになりますが火が消えると外気温度と変わらなくなりますから寒さで眠れません

私も何度か友人(牧民)のゲルとか木造住宅で厳寒期に一夜を過ごす体験をしましたが寒さで眠れませんでした

人間は水分で出来ている事を体現できます

寒さで尿意が頻繁に起きてトイレ(屋外にある便所)へ出かけ戻ってきてベッドに入ると5分くらいで尿意を起こし我慢するが10分は持たないまた、トイレへ行き、朝になるまでこれの繰り返しを延々とする

トイレでちゃんと同じ量の尿が出るのにも驚きを感じる

私も気になり遠慮して我慢するが如何せん尿意だけは我慢も限度がある

家人に気兼ねと自己管理の情けなさ(皆さんも眠れないみたい)友人だけは爆睡して寝ている

現在は迷惑をかけるだけだから訪問し宿泊しないようにしている

外国人は首都の集中暖房設備のあるビル住居でないと日常生活は無理です

私の経験則から言えば日本の方がモンゴルより寒いかもしれません

それは湿度の関係でモンゴルは厳寒期でも乾燥しているので断熱さえ完備していれば室内は寒さと関係ない

屋外も-30度くらいまではダウンジャケットを着用していれば日本より過ごし易いかもしれません

呼吸の仕方ですがマイナス世界では鼻呼吸が原則で口呼吸をすると肺をやられます

東京の1月は外気温度は+5度くらいだと思います

窓など一枚ガラスですから室内を暖房すると結露と隙間風が有りますから寒かったです

東京では外気空気を取り入れたクリーン暖房とエアコン暖房を使用しその他に床敷き電気カーベットを使用していましたから快適というか出鱈目な生活をしていました

それでもトイレに行く時は廊下もトイレもヒンヤリしていましたから寒かったです

モンゴルは集中暖房が今月15日から入り現在も部屋は28度あります

厳寒期の一番寒い時期でも常時28度に調整できますから快適です

モンゴルに来て病気だけは罹らないように注意し風邪なども引かないように心がけしていますから日本にいた時より気力はしっかりしたようです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・風景・冬期」カテゴリの最新記事