中年親父的「奥の細道」

日本大好き!旅行大好き!な中年親父の旅行記。
おすすめグルメや温泉スポットを紹介します。今は週末農業で大忙しです。

台湾旅行

2008-01-19 17:07:25 | Weblog
 平成20年1月16(水)-17日(金) 1月になって寒い日が続き、ここ千葉でも最低気温は零度近くまで下がってきた。我が畑のある茨城では、千葉より更に3度は寒いから、果たして越冬中のエンドウやソラマメは、この寒さの中大丈夫か? でも心配してもどうし様もないので、畑のことは忘れる事にした。当分畑作業はお休み。

 という訳で16日から2泊3日で台湾旅行に行ってきた。HISが新春初売りとして、台北のツアーを何と17,800円で売り出していたので、4日の朝9:30から電話を掛けまくり、やっと席を確保する事に成功。
 17,800円はいかにも安い。でもホテルをグレードアップして5,000円アップ、帰国を午後便にして3,000円、成田の空港税が2,040円、台北の出入国税が1,130円、更に燃料サーチャージが15,000円で結局は44,000円に。これでも国内の温泉に新幹線を使って2泊3日で行く事を思えば安いが・・・。

 16日は昼食後に自宅を出発。成田空港近くの駐車場まで40分。駐車代は3日で2,100円。我が家は成田に近いのだけは有難い。台北までの機内食だけでは少し足りないので、ホテル到着後、近くの屋台で麺と野菜と鶏で腹の足しにする。ビールも入れて二人で230NTD(800円)安い。こういう処で食べるのがアジアの旅の楽しみ。

 翌日はツアーに付いている市内観光。保安宮、孔子廟、お茶セミナー、総統府、中正紀念堂、免税店、有名店(らしい)で昼食、忠烈祠、故宮博物館、足つぼマッサージと巡り、4時にホテルに帰着。その後引き続いて県泰豊で小龍包を食べるツアーも有ったが、少しゆったりしたいので参加せず、近くの吉星港式飲茶で夕食。ロンドンの中華街で食べた飲茶よりはあっさりとした上品な味付け。二人でも5,000円でお釣りがくる程で安かった。

 最終日は朝からバスで北に向かって1時間走り、基隆の上にある九份という昔の金山の町の観光。ここは「千と千尋」のモチーフになった所とのこと(写真)。以前に旅行した、那須の北温泉でも同じ事を聞いたが、確かにあのアニメに出てくる様な街並みが続いている。1年で150日雨が降るとのこと。当日も傘を差しての観光となった。

 帰りは高速が順調で、予定通りに空港に到着。今回は短い滞在時間にも関わらず、実に効率良く観光をさせてもらった。ツアーも中々良いものだと感心。私は何時もは団体ツアーを避けているが、独自ではとてもこれだけは動けない。成田に着くと一転真冬。車の雪に驚いたが、駐車場が気を利かせてくれたのか車内が暖かかったのが嬉しい。プレミア・パーキングさん有難う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 農作業は少しお休み | トップ | 青春18切符の最終日 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ellie)
2008-01-21 13:14:34
2泊で効率よくまわれたね
私が行ったときはその半分もまわれなかったよ。

畑大丈夫かしら。私もラベンダーが心配

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事