総目次に替えて・・

●「小豆島霊場巡礼日記」 その1 その2
令和元年秋、1日15kの歩きで2日間、小豆島88霊場のほんの一部を巡りました。
2年ぶりに再開。さて・・ その3 その4 その5 その6 その7  結局、体調不良で19の札所は参れず結願とはなりませんでしたが、大観音の膝元より歩き始め、その近くまで戻ることができました。その簡単な記録です。また小豆島全体の巡礼地図も添付しました。お役だてくだされば幸いです。


●「四国遍路道の石道標
 四国遍路道の主要な石道標について纏めてみました。不十分なものですが興味をお持ちの方はお役立てください。(逐次修正してきましたが、一応現状で最終版とさせていただきます。令和5年1月




枯雑草の本四国の遍路日記は平成28年秋以降から滞っています。体のアチコチのガタと加齢、長い距離は歩くことができなくなりました。
その後は、本四国霊場を巡る旅から離れて、車の力を借りたり、歩く距離を短縮したりして。時折の巡礼の旅を続けておりました。
令和2年初頭からは、新型コロナの流行により四国の地に渡ることさえできなくなりました。でも・・
年齢を重ねる時の流れは待ってはくれないけれど、四国の地を歩くことを諦めた訳ではありません。たまにはその夢を見ますから。
「枯雑草の巡礼日記」も読み返し、手を加えたりしております。日記の総目次に替えて記事の大分類を掲げておきます。(リンクを辿っていただければうれしいことです。)


吉野川の高地蔵を巡る
 平成31年4月、吉野川の下流域に多くおられる高地蔵を訪ねて巡りました。洪水のこと、阿波藍のこと・・思いを巡らせる充実した旅となりました。

●「長州大工の心と技
 平成29年秋には、車の力を借りて長州大工が愛媛県内で建てた社寺を訪ねることができました。

●「遍路道地図
 旧道、古道に少々拘った遍路道地図を作製しました。道筋、主要な古い標石など(原則:大正期以前の地蔵、道標、茂兵衛標石)を含め随時修正、改定に努めております。最新版をご確認ください。
 なお、遍路日記四巡目以降の記事に共通して該当する遍路道地図のリンクを追加しています。
お役立てくだされば幸いです。

●「私の好きな遍路道
 私の好きな遍路道を各県10か所程度選んでみました。遍路道地図のリンクも張っています。お役立てくだされば幸いです。

●「遍路日記の目次」   
 平成27年5月以降(5巡目以降)の記事の目次

              ●平成27年春         その後   藤井寺柳水庵、そして樋山地(H27.5.9)
      ●平成27年夏           
かも道、いわや道、平等寺道を歩く(H27.7.8) 
                                                     
      ●平成27年冬             弥谷寺から丸亀までの小さな遍路(H27.12.10)

      ●平成28年春       その1  大坂を越えて阿波へ
                その2   観音道を上って大山寺へ
                  その3   阿波の昔の遍路道 (地図遊び)
                  その4   旧土佐街道の道、月夜から薬王寺まで
                 番外   阿讃国境の峠道 (続地図遊び)  
     
●平成28年秋         その1   内子から大洲そして金山出石寺へ
                その2  宇和町上松葉から宇和島へ
                その3  篠山の麓から宇和島まで
 

  四巡目(h23.10  h24.4  h24.10~11  h25.9~10  h25.11  h26.3~4  h26目次はこちら
  遍路を振り返る

 三巡目(h21.9~10  h22.3  h22.4  h22.9~10  h23.3  h23.5  h23.10)目次はこちら
 
 二巡目(h18.10  h19.4   h19.10   h20.3~4  h20.10   h21.3)目次はこちら

 一巡目(h17.3~4  h17.9~10  h18.3  h18.5)目次はこちら

 



                       


 

  

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ