鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

事業経営に多大な影響を与えるものとは?

2018-08-13 00:10:34 | コミュニケーション
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

先日、考え方がすばらしく明確な経営者に
会いました。

昼食も忘れて3時間ほど
話し込んでしまいました。

広告会社を経営している若い方ですが
感心させられました。

高校卒業後、東京で電話関係の営業会社に勤務し
営業の基礎をみっちり叩き込まれたと言います。

若くして抜群の営業成績をあげ
多くの部下を任されていたといいます。

帰鹿して興された
広告会社も現在、大きな転換期を迎えています。

媒体を使って商品・サービスの内容を伝える時代から
顧客企業の経営戦略まで関与し

その企業にとって効果的な広告を提案しないといけない時代に
なってきています。

そのため、経営も難しくなってきています。

その経営者にいろいろな質問をすると
明確な答えが返ってきました。

・自社の経営理念

・自社の顧客になり得る企業の選定

・自社の商品・サービスの差別化

・自社の商品・サービスの価値の表現

・集客の方法 等

また、

現在の営業状況や見積書・請求書・原価計算や担当者別粗利益が
一目で分かるシステムも構築されています。

私の質問に対して
すぐに反応して回答する経営者でしたが

私が心に残ったのは

“コチラ(自分)が意識して
顧客や社員を理解しようしないといけない”

という言葉でした。

多くを話す経営者でしたが
経営・営業のベースになっているのは

「相手を理解する」という
ことだったんです。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

お客様がなぜ、その商品を注文してきたか?

⇒お客の願望が分かれば良い提案ができる
 高単価の商品の受注につながりお互いにメリットがある。

社員がなぜ、その行動をとったか?(ミスしたか?)

⇒行動の基となった考え方を変えてやらないと
 同じ失敗を繰り返す。正しい指導ができない。

我々は、理屈では分かっていても
顧客・社員の行動(結果)だけをみて判断しがちです。

サービスに定評がある航空会社でも
顧客とのなにげない会話の中から

顧客の要望を汲み取り
サービスの向上に努めているそうです。

食事の時間でも一律に食事を提供するのではなく

顧客の空腹の度合いを会話等から感じ取り
提供方法(順番や提供時間等)を変えたり

旅行の目的を会話等から感じ取り
心に残る手書きのメッセージカードを渡したりと

積極的に顧客を理解し
商品・サービスの差別化を図っています。

相手を理解するというのは
自社で働く社員についても同じです。

この社員の叶えたい願望は何か?
給料か、地位か、休みか、自己実現か

こちらが相手を理解しようとする気さえあれば
分かるはずです。

そうはいっても

“経営者は営業等の外部活動に忙しい”
という答えが返ってきそうです。

まずは

面前にいる顧客は、社員は何をしたいか?
何を望んでいるか? 自分に質問してください。

経営者なら分かるはずです。
今まで、その視点が弱かったのです。

過去の経験の延長で相手の考えや願望を
理解しがちです。

大事な顧客や社員が
突然?他社に行かないためにも。




そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラからお願いします。


ご感想をお願いいたします。
kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ゴルフに誘われない人の共通... | トップ |   

コメントを投稿

コミュニケーション」カテゴリの最新記事