鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「自分中心の考え」が障害となっている?

2018-05-23 20:42:58 | 人材育成
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

木々の緑が鮮やかになってきました。

例年のことなんですが
私が住んでいる地域の河川作業がありました。

数百メートルにも及ぶ河川敷や堤防の
草払いをする作業です。

予め決められている班ごとに
指定されたエリアの草払いをします。

参加する人数は100人越と多いのですが
一苦労です。

やはり、ここでも高齢化の影響は
避けて通れません。

作業がきついため
いろいろな声が聞こえてきます。

①そもそもこの作業、すべきなの?(行政の仕事では?)
⇒当事者意識なし、活動に批判的態度

②来年はもっと楽なエリアに変えてもらおう
⇒他人と比べる。公平・不公平を口にする

③自分達のエリアを早く終わらせるには〇〇した方が良い
⇒部分最適の視点、全体的な見方に欠ける

④この河川作業全体を早く終わらせるには〇〇した方が良い
⇒全体最適の視点を持っている

様々な考えや経歴をもつ人との
共同作業は難しいです。

地域の作業一つをとっても
各人の考えは色々だなあ、と感じました。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

皆さんの会社ではいかがでしようか?

経営者の方は、自分の会社の社員は
④が多いとお考えでしょうか?

そう思いたいのですが

それが意外と④以外が多いのです。
③は許せるとしても。

社員全員を④にもっていくのは
難しいことですが

少なくとも①、②の考え方は良くないということを
社員に分からせるべきです。

仕事の意義やチームワークの重要性
自分のことだけでなく全体を見る視点

経営者が会議等で繰り返し話すことです。
社員に話をさせることです。(①②での発言はしにくいため)

①②の考えや行動が悪いことという
環境をつくるべきです。

④の社員を多くしないと
生産性が上がらないだけでなく

組織がガタガタになります。
チームワークどころではありません。

多くの企業がいろいろな問題を抱えて
その解決に取り組んでいます。

解決するためのテクニックも重要ですが
お互いの考え方の違いが障害になっています。

チームが一つになるためにも
考え方を一つにしましょう。

自分中心の考えをする人をなくしましょう。
全体最適の視点を与えましょう。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。


コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

事業承継。後継者に本当に引き継がないといけないものは?

2018-05-15 06:25:26 | 事業承継
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

多くの中小企業で事業承継の時期にきており
国の中小企業施策の充実も図られようとしています。

そこで、最近聞いた
譲る側(創業者等)の声を紹介したいと思います。

いづれもが
我が子を心配するものばかりでした。

・社員と積極的に関わろうとしない

・税務調査を受けたら後継者が数千万円の所得を隠していた

・社員の処遇等に人間味が感じられない

・現場に出ようとしない

・取引先を経済合理性のみで扱う   

・社員や取引先とのコミュニケーションを大事にしない

等です。

多くが創業者が大事にしてきたものを
後継者が引き継いでくれていないというものです。

経営上のテクニックというより
経営に対する思い、理念の範疇です。

後継者がうまくやっていけるかどうか
本当に心配されている方もいらっしゃいます。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

例えば、納税意識についてですが
最初から、納税意識が高い人はいません。

会計事務所に勤務した経験上
創業者の多くがそうでした。

企業の成長にともなって
経営者自身も成長し

脱税が良くないこと
脱税が割に合わないことを理解されます。

永年の経験を通じて
創業者は理解しているのに

後継者も同じ失敗(脱税)を繰り返して
学ぶことが必要か、ということです。

納税に限らず、創業者がカネ(コスト)をかけて
学んだ色々なことがあります。

何か、考えないといけません。

ここで

経営に対する考え方、理念の承継が
必要になってきます。

考え方や理念が継承されないのは
本当の意味が理解されていないからです。

そして、伝えられていないからです。

・なぜ、社員を大事にするのか

・なぜ、現場が大事なのか 等

ただ単に、好き嫌いの問題として
後継者が考えている場合が多い気がします。

これらのことが長い目でみれば
経営にプラスになることが解っていません。

仕事上の技術というものは
見れば解ります。

しかし

考え方や理念は
お互い話さないと解りません、伝わりません。

株式や財産の承継は
専門家に依頼すれば解決します。

経営に対する考えや理念の承継は
創業者や先代の仕事です。

事業承継がうまくいくためには
後継者との真のコミュニケーションが大事です。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。


コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

業務品質向上のお手本・ネタは、社内にある?

2018-05-03 10:05:46 | 人材育成
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

先日、知人の紹介ということで
一枚の写真を見せられました。

写真に写っていたのは
白衣を着て表彰されている3名の写真でした。

白衣の主は医師であり
院内のコンテストの表彰風景だったんです。

表彰理由は
“職員指導が上手な医師”というもの。

そんな表彰があるのか、と
感心しました。

他にも、患者様対応、整理整頓 等
いろいろな表彰があるそうです。

“〇〇が上手な人”というタイトルや名称を
つけるとそのこと(業務)を意識します。

もちろん、そのことが(指導方法)
大事なことであると皆が思うようになります。

この例でも、人への教え方を意識しますし
教え方を工夫します。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

業務品質を上げようとする時
皆さんの職場では何をお手本とされますか?

外部(専門誌、同業者等)にお手本を
求めるところも多いと思います。

それも一つの方法ですが

今回、紹介したように
社内には良いお手本はないでしょうか?

私が以前、勤務していた会計事務所を
例に挙げると

・段取りよく短時間で仕事を済ませる人

・お客様つながりでどんどん顧問先を増やす人

・年齢が若いのに人(顧問先)からの信頼が厚い人 等

社内にも、学ぶに値する人が
たくさんいるものです。

身近な人ですから学びやすいです。

学びやすさの他にもメリットがあります。
大きく2つ考えられます。

・その人(手本となる人)を承認することになる
 誰でもよいものを持っています。
 それを認めることで承認欲求が満たされます。

・チームワークが良くなる
 誰もが先生になります。
 学び合うことで会話が増え、チームワークが良くなります。

社内の人を先生にして学ぶと

業務のレベルが上がった上に
いろいろな効果があります。

そして、もっと学ぼうという雰囲気をつくった後に
外部の指導を受けると効果が上がります。

経営者自身が優れていても
自分から“俺を見習え”とは言わないように。

学ぶ環境ができれば
社員から“社長、教えて”となります。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。


コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント