鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

飼い犬(社員)は飼い主(経営者)に似る?

2018-06-12 07:00:00 | 組織活性化
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

日本大学アメフト部のタックル問題は
アメフト部だけではなく大学組織の問題へと発展しています。

身近な経営者の間でも
組織、社風について話される機会も多くなりました。

考えの間違った人をリーダーにもつと
組織は不幸です。

その組織に身を置かざるを得ない人は
そのリーダーが望む行動をとりますし

リーダーの誤った考えに賛同する人
自分の考えを持たない人も同様です。

誤った考えや行動様式をもつ
組織ができあがってしまいます。

そして

リーダーが強い権力をもつと
自力で組織を変えることが困難になってしまいます。

大きな組織だけでなく
小さな組織(会社)でも同様です。

同じような理由で

トップ(経営者)の考えや行動は
引き継がれる場合が多いです。

“あの会社は〇〇な会社”という風に
代が変わっても

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

小さな組織である家庭でも
同じことが言えます。

親が公務員であると
子供にも公務員が多いですし

親が商売人であると
子供にも商売人が多いという風に。

親の考えや価値観が
子供にすり込まれていきます。

子供の前で話す言葉、親がとる行動を
子供は見聞きして学びます。

“飼い犬は飼い主に似る”という
言葉もあります。

人間を犬に例えることはよくありませんが
非常によく似ています。

飼い犬は自分で物事を自由に選べないことが
その理由みたいですが

組織におけるリーダーは
そのことを理解すべきです。

メンバー(社員)の前で何を話すか
どのような行動をとるかが重要です。

それがメンバー(社員)に対する
無意識の教育になります。

“組織とは、一人の男の影に他ならない”
と言う言葉もあります。

組織はリーダーそのものです。

最近では
飼い犬に似る飼い主もいるみたいですが
それは例外です。

『会議』で正しい考えを
社員に話しましょう。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラからお願いします。


ご感想をお願いいたします。
kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

社員の本当の声を聞くには、覚悟が必要?

2018-03-16 17:10:08 | 組織活性化
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

昨夜は 経営者、管理職の方を中心とした集まりで
話をさせて頂く機会がありました。

“人と組織の動かし方”という
タイトルで話したんですが

皆さん、自分の会社で苦労されているみたいです。

特に若い社員を動かすには
自分達上司が変わらないと行けないということは
共通認識になっているみたいです。

そして

人を動かすには、動かすための知識が
必要であることも。

話をさせて頂いた後、
いろいろ意見を聞かせてもらいました。

その中で

食品スーパーの社長をされた方の話が
頭に残りました。

在任中、その方が
組織風土調査の必要性を提案されたそうですが

他の役員の反対に会って
できなかったそうです。

組織風土を根本的に変えていこうという理由で
提案されたそうですが

反対の理由は、簡単に言えば
“調査結果を見るのが怖い”というもの。

みんなに、調査結果を見る勇気や覚悟がなかった
ということです。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

経営者、幹部の方から、社員の率直な意見を聞きたい
という声を聞きます。

無記名による改善提案等を項目ごとに
取りまとめて経営者の方にみて頂くことがありますが

提案を素直に受け入れられる方は
少ないです。

・この意見はあいつの意見だろう

・入社10年なのに会社の事が全然分かっていない

・自分のことは棚にあげて

・言うこととすることが違う

等、いろいろです。

意見を聞くというのは
社員の現状(考え等のレベル)を知ることでもあります。

そこが出発点です。
分かっているけれども難しい。

理解しないといけないのは

基本的には

社員ではなく経営者に責任があるということ。

責任があるというのは経営者が
悪いといういうことではなく

そのような意見(経営者が納得できない)がでる環境を
経営者がつくっているということ。

社員に正しい情報が伝わっていないことが理由で
誤った考えや意見をもっているということもあります。

永年、そのような環境に置かれた結果の
意見ですから

根気強く、継続して
変えていく必要があります。

社員の声を聞くと言うことは
新たな取り組みをする際には重要です。

参加意識が高まりますし
取り組みに対する期待感も高まります。

要は聞く側の問題です。

どう解釈するか
どう取り扱うかです。

人材育成に関する本が出ている
有名企業であっても

現実はうまくいっていないそうです。

本に書いてあることは
そこを目指して取り組んでいますくらいの解釈で。

少しずつレベルアップすれば
いいんです。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

部下には、もっともっと成長してもらいたい。は正しい?

2018-02-05 11:36:24 | 組織活性化
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

私が20才代の頃

一回り年が上の課長が、会議で
“若い人にはもっと、もっと成長してもらいたい”

と、発言されました。

普通に聞けば、部下思いの上司に聞こえますが
兼ねての言動を見ていたらそうは思えなかったんです。

会計事務所でしたが
そう10年やそこらで仕事をマスターできるものでもありません。

社会もどんどん変わるし
お客様の要望も高度化するし

上司といえども、

自分が成長する必要性は
まだまだ、あったはずです。

その上司は自らが成長するという
視点に欠けていた気がします。

最近よく、この上司のような発言をする
管理職が気になります。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

会社の目標があり
それをみんなで共有できれば

みながその目標をめざします。
そのためには、全員が成長する必要があります。

上司も部下も目標に向かっていますから
同じ方向をみています。

会社の目標もない、上司も目標をもたない状況では
部下は上司が目標になっています。

成長意欲の無い、ヤル気の無い上司をみた部下も
ヤル気が出ないし、あの程度で良いと思ってしまいます。

逆に、仕事ができると思っている上司も
上から目線や命令口調になってしまいます。

みんなが成長しないサイクルに陥ってしまいます。

経営者としては
自分自身もそうですが

みんな成長しようという
環境を作っていくべきです。

そのためには

会社の目標、個人の目標が大事です。

目標が会社を成長させます。
人を育てます。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

〇〇を見習えば、組織作りがうまくいく!

2018-01-16 12:00:28 | 組織活性化
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

新年度になり決意を新たに
経営に取り組まれている会社も多いと思います。

昨日も、ある企業の経営者の方が

“チームとして経営をやっていきたい”と
会議の冒頭で述べられました。

組織作りにピッタリな考えだと思います。

チームといえばスポーツを思い出しますが
会社組織をスポーツのチームと考えればわかりやすいです。

例えば野球。

“チームには〇〇大会で〇〇になる”という目標があります。
メンバー全員に目標が浸透しています。

ですから、少々のつらい練習にも耐えられます。

各ポジションの守備範囲も決められています。
また、他の選手のカバーもします。

試合中、誰かがミスなどをすると
お互いに声を掛け合い励まします。

また、

試合の形勢が悪くなると
タイムをとって試合を中断し集まって難局を乗り切ろうとします。

監督に信頼を寄せ
そのサインに従います。

試合に勝った負けたで
みんなで喜んだり悲しんだりします。

そのような体験を経て
さらにチームはまとまります。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

これは、理想的な野球チームのことかもしれません。

しかし、

企業の組織作りもこれを手本にすれば
あるべき姿に近づくことができます。

よく

“ウチの社員は個人プレーが多い”という話をききます。

野球では試合中に

自分勝手に打ったり、走ったりする選手はいないでしょう。
監督のサイン等に従います。

しかし、

企業においては個人プレーする社員がいます。

悪いことに

企業において個人プレーする社員は
自分が個人プレーをしていると思っていない社員もいます。

会社の目標やルールが浸透していないからです。

以前、ある会社の経営者で
少年バレーの監督をされている方がいらっしゃいました。

しかし

その方は経営の現場にもでない
明確な指示もださないという方でした。

当然、組織はバラバラでした。

スポーツチーム作りも会社組織作りも
同じような気がするのですが・・・・・

今まさに、チームワークを発揮するときです。

スポーツのチームづくりを見習って
チームワークの良い組織づくりに取り組んではどうでしようか。

生産性や意欲が格段にあがること、間違いなしです。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント