『会議研かごしま』/「会議力向上」で組織変革・経営改善をめざす/中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

あなたの言葉、そう簡単には部下に伝わりません。

2015-03-26 22:43:49 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

先日、ある大学の卒業式に出る機会がありました。
大学全体の卒業式、学部学科ごとの学位記授与式
その後の懇親会と長時間に亘りました。

学長、学部長をはじめ多くの方のスピーチを
聞くことができました。

著名な経営者、学者の言葉を引用される方
自分の人生経験をもとに語られる方等
全体を通じて、10名近い先生方の心のこもった
スピーチでした。

スピーチの内容を集約すると
『自分に自信を持ち考え行動しなさい。
そして、その行動を継続しなさい』というものが多かった。

社会に旅立つ卒業生に語りかけるように
また、愛情を込めて話しをされる先生が多かったのが
印象的でした。

式典に参加しながら、一人考えてしまいました。

先生方のすばらしいスピーチを聞いた卒業生のうち
20年、30年経って
『卒業式のあの先生の言葉は今でも心に残っている』
という人が何人いるだろうかと。


____________________________

企業においても
経営者が、上司がいろいろ部下に対して
指導やアドバイスを行います。

そのうちどれだけ相手に伝わるだろうか。
それほど多くは伝わらないのでは。

ある会社の管理職の方が嘆いていました。
自分の言葉が部下に伝わらないと。

指導する上司に問題があるのか
また、指導される方の問題なのか。

原因はいづれにも。

お互いの信頼関係、話すタイミング、使用する言葉、回数等
いろいろ原因があります。

要は、思った通りに伝わらないという現実。

それ故に、言葉を変え、場所を変え
繰り返し伝える必要があります。

中小企業は中途採用が多いです。
そのため社員の経歴もいろいろ。

また、子育てを終えた女性パートも多いです。
しばらく社会から距離を置いていた人も。

そのため考えの違いから
種々のトラブルが発生していますし
そのような話を最近よく聞きます。

そんな時、もうだめだ、理解してくれないと
諦めるのか。

そんな選択肢はないはずです。

考えないといけないのは
話は簡単に伝わらないし、人の行動は簡単には
変わらないということ。

『会議』等を活用して言葉で
また、文字、図にして根気強く伝える。

『そんなに根気強くできるか』と思ったら
終わりです。


※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

その『もの言い』で部下との関係がうまくいきますか?、動かせますか?

2015-03-18 23:10:30 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

“ガチャン”激しく電話を切る音が聞こえました。
訪問した会社の玄関でのことです。

電話を切ったのは若手社員(Мさん)です。

朝の八時過ぎのことです。
Мさんも興奮気味でした。
朝から気分が悪いと。

事情をきいてみると
外出している上司から電話で怒られたそうです。
担当している仕事の段取りがなっていない
という理由で。

Мさんは入社して間もない方です。
担当している業務に対する知識はまだ足りないかもしれませんが
まじめでヤル気もあります。

いつも強い口調で話すため
Мさんはその上司と接するのが苦手みたいです。

他の社員からみると素直な好青年、Мさんなのですが・・・・

____________________________

人は誰も素直な面(大人)と反抗的な面(子供)を
持っています。

接する相手との関係(接し方)によって
どちらが多く出るか変わります。

素直な面を引き出し成長させてくれる上司
反対に
反抗的なところを増幅させ
挙句の果てには退職にまで追いやる上司
これはちょっと極端かもしれませんが。

上司の接し方、特に、ものの言い方が大きく影響します。

反抗的な関係になると
その上司との会話は最小限になります。
そして、そこから種々の問題が発生。

あの上司とはなんでも話すけど
あの上司とは話すのもイヤ。

人をヤル気にさせるのも成長させるのも
お互いの関係がどうか、です。

上司の部下に対するもの言いが大きく影響します。

よい関係ができれば
ストレートに問題を指摘し指導できます。

上司というパワーだけでは限界があります。

よい関係もできていないのに
ストレートなもの言いをしていませんか。

接し方に神経質になる必要はありませんが
この視点に欠けるため
上司と部下の人間関係がうまくいっていない事例を
よく耳にします。

自分のもの言いをチェックしてみませんか?
人を動かすもの言いですか?



※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。


ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

あなたの部下指導、相手に伝わっていますか?行動を変えていますか?

2015-03-13 00:25:14 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「入社間もないころ言われた言葉を今でも覚えています」
私にこう話してくれたのは入社10年目の中堅社員の方です。

私の言葉がその方の行動に大きな影響を与えているらしいのです。
プラスの影響を。

その言葉がなにかは別として
なぜ行動に影響を与えるくらい心に残ったか、です。

影響を与えたのは
言葉の持つ意味だけではなく
お互いの関係が大きな要因だと思います。

その方は入社間もないころ
職場の人間関係、自分の将来のことで
いろいろ悩んでいらっしゃいました。

社員研修でその会社を訪問した私と面談する機会があり
親しい関係に。

ほとんどその方の悩みの聞き役でした。
私がその方の悩みを真剣に聴くことで
お互い信頼できる関係になった。

その関係のなかで
私の発した言葉が相手に伝わり
その後の行動に影響を与えた。
____________________________

社内で日常、上司が部下を指導します。
そのうち上司の言葉がどれだけ伝わったか、です。

厳しい言葉で、時には優しく
方法は人によって、場合によって違います。

指導する方は、その内容が正しいかどうかに
視点を置いているような気がします。

考えないといけないのは
それが指導する相手に伝わっているかどうが、です。

指導の目的は
相手に知識を教えるだけでなく
それを受け入れ行動してもらうことです。

そのためには
お互いの関係、使う言葉、タイミングが大事です。

伝える内容に力点を置くあまり
相手に反感を与えている場合もあります。

指導内容ではなく
相手にどれだけ伝わったか、
相手の行動をとせれだけ変えたか
考えてみては。

あなたの熱心さが
相手に受け入れられていないかもしれません。

※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

規模が小さいからリーダーは要らない、は正しい?

2015-03-05 00:02:17 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の日曜日、3月1日、私の住む校区の文化祭がありました。

4部門(食部門・遊部門・展示部門・演芸部門)に分かれて
校区内の地域(自治会)単位で参加しました。

私が役員をしている自治会は食部門に参加しました。

出し物は、地域の新鮮な野菜を使った“豚汁”と
甑島直送の“きびなご焼き”の二品でした。

この文化祭は4回目の開催ですが
参加者の中心メンバーは毎回変わるため大変です。

その年の自治会役員が中心となりすが
祭りのスタート時間を前に
どこの自治会も大変な様子でした。

テントはどこに張るのか
テーブルのセッティングはどうするのか
材料が揃っていないとか
調味料がたりないのでは、と
参加する自治会から色々な声が聞こえてきました。

参加している自治会をみていると
うまく準備が進んでいる自治会、そうでない自治会と
明らかです。

うまくいっている自治会はリーダーがいることです。
テントを張るにも
テーブルの設営をするにも、適切な指示を出すリーダーがいます。

我が自治会もうまくいきました。
豚汁をつくる、きびなごを焼く、会計をする、
全体的な人の配置、休憩等の管理をする
それぞれにリーダーがいました。
____________________________

先日、建設業の経営者から聞いた話です。

最近採用した社員から言われたそうです。
「社長、この会社にはリーダーがいないですね」と。

経営者は社員数が少ないからリーダーは
自分一人で十分だと考えていたそうです。

現実には、作業現場が複数となるため
全ての現場に社長の目が届くわけではありません。

リーダーがいないため
チームワークが発揮されていなかったのです。

組織として行動する以上
人数が少なくてもリーダーは必要です。
阿吽の呼吸でリーダーは不要という場合もあるかもしれません。

しかし、メンバー全員とそのような関係を持つのも難しい。

また、組織が大きくなってから
リーダー育成をしても間に合わない。

組織が小さくても、また、仕事の単位ごとにリーダーは必要。

リーダー育成は意識しないとうまくいかない。
自然発生的にリーダーが育つわけでもない。

組織の生産性をあげる、メンバーの能力をあげる等
リーダーの存在は重要です。

経営者は一般社員の育成より
リーダーの育成が大事。規模の大小ではなく。



※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント