鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

相手を理解するコツ。相手の立場で考える。

2013-02-22 02:56:07 | 日記
成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、組織変革を図りませんか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも「会議研ニュース」をお読みいただきありがとうございます。

早速ですが 昨日、会議に参加した企業の責任者の話です。

その企業はサービス業。
対個人サービスを主としています。

サービス業というのは、各スタッフによるサービスの提供方法の違いが
顧客からのクレームの発生原因となりやすい業種です。

この企業も例外ではなく、各スタッフが提供するサービスの時間の長短や
その内容等の差から顧客からのクレームが発生していました。

また、スタッフ間でも、その個人差というものがもめごとの原因に
なっていました。

この企業も定期的な「会議」を開催し経営改善に取り組んできた企業です。
いろいろな改善の結果、成果がでてきていたのですが
この「個人差」というものをどうやって標準化するかが大きな課題でした。

その部門の責任者も個別面談をしたり、といろいろと手を尽くしてきたのですが
うまくいかなかったそうです。

いろいろ取り組んでいるうちに気がついたことがあったそうです。

それは、みんな自分勝手に仕事をしているようだが
よく行動等をみていると「お客様に満足してもらおう」と
思って仕事をしているのではないか。と

そう思ったら、各スタッフの仕事の仕方に関心がもてるようになり
今までの自分は、他人に仕事の仕方を押し付けていただけではなかったか、と
反省されたそうです。

その後、そのスタッフがなぜそのような手順で仕事をしているのか等
聞けるようになり、「会話」ができるようになったとのこと。

「対立」から「対話」へと、関係が変わったそうです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「会議」の場でも意見が対立することがあります。

「意見の対立」ですめばよいですが、「感情の対立」にまで発展する場合も
あります。

納得できない意見が出た時でも、この企業の責任者のように
たとえば、みんな「お客様に満足してもらおう」と思って
発言しているんだと思うことです。

そうすれば、相手の意見が聞けるようになり、お互いの理解や信頼も
深まります。

そのような考えが「会話できる場」をつくります。

経営改善という長期的な、継続した取り組みにはこのような考えが必要です。
自分の考えを一方的に言えば言うほど、社員間の距離は遠くなります。

時間がかかります。

対立している状況での意思決定は、行動を前提としていない意思決定になりがちです。

昔、誰かが言っていました。

同じ親から生まれた兄弟姉妹でも考えが違うのだから、と



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

二月に実践会を開催する予定でしたが
参加予定者の日程の調整がついていません。申し訳ありません。


一緒に、自分の会社のこと、考えませんか。


「会議」で組織変革を図る実践会 
 
  会議研かごしま (責任者 中小企業診断士 津田 輝久)

  HP http://www5.synapse.ne.jp/kaigiken/


コメント

「ピンチはチャンス」を考える。

2013-02-15 00:58:35 | 日記
成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、組織変革を図りませんか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも「会議研ニュース」をお読みいただきありがとうございます。

天気が良かったり、悪かったりと安定しませんが、
日に日に春が近づいている気配がします。

今日は、ある県内の地方にあるサービス業社の話です。

サービス業に限らず、中央から鹿児島へ
また、鹿児島市から地方都市へと大手企業が進出しています。

ほとんどの業種がチェーン店等であり、
資本力に物を言わせ、きれいな店舗、低価格で既存の店舗等に
強い影響を与え、そのダメージも大きくなってきています。

今回取り上げる企業も数年前までは業績が伸びていましたが
東日本大震災に時期を合わせるように
大手の進出等により売り上げが急激に落ちてきました。

低価格、値引き、宣伝広告等
資本力、人材力等、どれをとっても太刀打ちできません。

経営者にとっても、業績が急激に悪くなったため
良い打ち手は思い浮かばず、ただ、経費の削減を考えるばかりでした。

そこで、この状況を打破するにはどのような手を打てばよいか、
とその経営者から質問をうけました。

いろいろ話を聞く中で、
私の頭の中に「ピンチはチャンス」という、言葉が浮かんできました。

この言葉をもとにその経営者に次のような話しをしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以下、会話の要旨です。

「ピンチはチャンス」とよく聞きますが
何か、新しい商品・サービスを、新しい顧客(層)等に対して
提供していくような取り組みに感じます。

しかし、資本力もなく、ましてや、経営が悪化してからでは
そのリスクも大きなものとなります。

私の知る企業の中には、地元の大手企業が同種のサービスの提供をはじめたため
その地域での事業展開に限界を感じ、
他の地域に営業所をもうけた企業がありました。

結局、営業所が増えたため経営力が分散し、かえって経営を悪化させる
結果となりました。

いくら、大手といえ、その地域のシェアを100パーセントとることは
ありません。

そこで、「ピンチはチャンス」の意味を考え直してみてはどうかと。

「ピンチはチャンス」を「考え方を変える良い機会」としてはどうか。

自社の事業をもう一度考え直す機会にできないか、と。
「外向き」ではなく、「内向き」の視点で。

自分は、なぜ、この事業をはじめたのか、
何を通じてお客様の役に立ちたいのか、
自社の強みは何か、それが、お客様に伝わっているのか、
もっと、商品・サービスの価値を高められないか、等

そこで、

もう一度、
お客様の視点で、商品・サービスのどこを見直せば、さらに
支持を得られるのか、全員で考えることになりました。

もちろん、固定費等の見直しは必要ですが。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

二月に実践会を開催する予定です。

一緒に、自分の会社のこと、考えませんか。


「会議」で組織変革を図る実践会 
 
  会議研かごしま (責任者 中小企業診断士 津田 輝久)

  HP http://www5.synapse.ne.jp/kaigiken/








コメント

その沈黙には意味があります。

2013-02-07 00:15:13 | 日記
成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも「会議研ニュース」をお読みいただきありがとうございます。

前回の実践会でも出た話です。

「会議」をしても意見が出ない。というもの。
これは実際、珍しくありませんが。

実は、「会議研かごしま」もこの現状をなんとかできないものか、
がそもそものスタートでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そこで、ある会社の事例です。

業績不振に陥った経営者が、現状を打破しようと社員を集め、今までやったことのない
「会議」をすることにしました。

強烈な個性で会社を引っ張ってきた経営者でしたが、どうしてよいか判らなくなり
社員に意見を求めることにしました。

顧問の税理士事務所の担当者に会社の経営状況を支障のない範囲で説明してもらいました。

その後、社長がこう切り出しました。

「わが社の現状を打破するため、どうやって売り上げをあげたらよいか」と。

しばらく沈黙が続いたが社長の期待した意見は出なかったそうです。

その後、社長は、会社のことを考えているのは自分だけだ。といい、
社員は、もっと残業をして頑張れと、社長は言いたかったのだろうか。と考えたそうです。

この話は、税理士事務所の担当者に聞いた話ですが、本当に「ムダな会議」になってしまった例です。

ヤル気がでるどころか、逆に・・・・・・・・・・。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一般に意見がでない場合、二つ考えられます。

まず一番目に、本当に意見がない。

売り上げを上げるにはどうすればよいか考えたことがない。

また、考えたことはあるが、何を答えてよいか判らない。

→これは、考える訓練をすることで解決すると思います。(時間を要しますが)
 たとえば、「売り上げを上げる」はテーマが大きすぎます。売り上げの要素
 を分解して意見を求めれば答えが出てきます。(技術的な問題)

次に、意見はあるが発言しない。

思っている意見を言ったら社長にどう思われるか。意見が正しく伝わるかどうか。
と考えてしまう。

一方で

よく社員さんが言われるのが、「今までにも、何度も言ったが取り上げてもらえない」

あるいは、

「言っても一度も実行されたことがない」というもの。極端な場合、「今更、言うのもムダ」と。

→これは、「会議」に対する信頼、お互いの信頼関係のなさに起因します。
 (感情の問題)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一般に、個人差はあっても会社のことを考えない社員はいません。

意見が出ない意味をもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

意見を言える「場」をつくり、考える訓練をすれば意見は出ます。

それが「会議力の向上」です。

大げさかも知れませんが、「会議」がうまくいくことが、「会社」がうまくいくこと
と、考えます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


二月も「実践会」を開催します。また、お知らせします。

一緒に、自分の会社のこと、考えませんか。


「会議」で組織変革を図る実践会 
 
  会議研かごしま (責任者 中小企業診断士 津田 輝久)

  HP http://www5.synapse.ne.jp/kaigiken/

コメント

時間がかかっても「会議の質向上」が近道。

2013-02-01 23:20:15 | 日記
いつも「会議研ニュース」をお読みいただきありがとうございます。

久々の「会議研ニュース」です。

月末で忙しかったことや先週末から研修会や新年会があり時間がとれず
間を空けての投稿となりました。

新年会は、中小企業診断士の集まりである「鹿児島県中小企業診断協会」と
手相を同じくする集まりである「鹿児島マスカケ会」です。
同会は、両手もしくは片手の手相が横一文字である人の集まりです。
めずらしい会もあるもんです。

診断協会のメンバーは、診断士の資格に加えて、他の資格を合わせて持つ
資格業の集まり、マスカケ会のメンバーは主に経営者の集まりです。

いずれの会もいろいろな経歴等もつ方が多く、有意義な時間をすごすことが
できるため、いつも楽しみにしています。

時間が過ぎるのも早く、ついつい飲みすぎてしまいます。
話す内容も仕事の話に加えて、趣味の話、子供の話等いろいろです。

私が昨年、12月からスタートさせた「会議研かごしま」の話をする機会もありました。
ある社労保険労務士さんと話したときです。

開口一番、「会議ですか」と言われました。
私は、一瞬、「会議」の重要性を認識されていないのでは、と思いましたが
しばらくして、その社労士さんがおっしゃるには、

私は家族だけで経営している個人事業の方にも
経営について家族で話すようにといっていますとのこと。
お互い話さないのがいけないことだ。という趣旨の話でした。

また、ある経営者の方からは、結局は「人」ですよね、と。
結局「人」ですね、とは経営者の方からは良く聞く話ですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営の仕組みを考えるのも「人」、それを実行し「価値」に変えるのも「人」です。

企業はものを買ったり、売ったりといった企業活動をしますが
意思決定をするのは「人」です。企業自体は意思決定はできません。

企業は「人」の集合体ですから。「人」が重要といわれる所以です。

それなら、時間・手間がかかるにせよ、最初から「人」に焦点を当てたほうが。

とは言っても、「人」の育成には時間がかかります。
そのためには、良好なコミュニケーションが必要です。

そのためには・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミュニケーションを良くするのが「会議」です。

問題を解決する場であり、「人」を育てる場であり、「人」をやる気にさせる場であり・・・・。

いろんな機能が詰まっているし、その上、社内でできますから。

時間がかかっても「会議の質向上から」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二月も「実践会」を開催します。

一緒に、自分の会社のこと、考えませんか。


「会議」で組織変革を図る実践会 
 
  会議研かごしま (責任者 中小企業診断士 津田 輝久)

  HP http://www5.synapse.ne.jp/kaigiken/









コメント