『会議研かごしま』/「会議力向上」で組織変革・経営改善をめざす/中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

進んで他人の仕事(部署)のことについて『口をだそう』

2016-04-28 09:58:57 | 日記
「会議研かごしま」はA・F・C経営が運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」に変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三菱自動車の燃費データ不正問題。

2000年、2004年のリコール隠しと
度重なる不正が続いています。

各社マスコミの報道から言葉を拾うと

『風通しの悪さ』、『隠蔽体質(コーポレートカルチャー)』
『セクショナリズム』、『三菱グループへの依存体質』等
があげられます。

不正問題は組織(風土)の問題。

中尾副社長の答弁。

「日産とウチの開発トップ同士がやっているので~」

開発が解決すべき問題とも受け取れる発言。

担当役員もいるだろうに
開発という重要な部署なのに。

経営者層と開発担当は

なぜ、お互い話さないのか
なぜ、聞かないのか

不思議な気がします。

また、日産側からの指摘があってから5カ月もたってから
明らかになっています。


Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


組織が小さい時はいいです。

一人がいろいろな役割をになったり。
他人の仕事のことまで考えて意見を言ったり。

また、他人の仕事のことも良く知っています。

組織がだんだん大きくなると
他人(他の部署)の仕事が分からなくなったり
他人の仕事に口を出すことについて
ためらいがあったり(謙虚さ)



社員同士・異なる部署同士
話す機会がなくなっていきます。

そのうち

自分がしっかりしないと
自分さえしっかりしていればいい
という風になっていきます。

仕事も忙しくなり
他人や他の部署のことに意見をいう(口を出す)
余裕もなくなっていきます。

その結果

自分の(部署の)ことは自分で解決しないと
というふうになっていきます。

ここで

冒頭あげたセクショナリズム等の体質の組織へ。

解決には仕組みが必要です。

各部門の責任者が集まって話す仕組み。

ここでお互いの信頼関係が構築され
情報が共有化されます。

信頼関係がないと
今回の三菱自動車のような大事な情報は流れません。

また、

『会議』の際、取り入れていることがあります。

それは

敢えて他の部署・他部門のことに『口を出す』ということ。

異なる視点・異なる立場からの意見というのは大事ですし
お互いの信頼関係構築のためにも大事です。

部門間の良好な関係ができると情報がよく流れます。

多くの問題は、“部門と部門の間”で発生します。



※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。


ホームページアドレス

コチラからお願いします


コメント

経営者が、社員が何を考えているか分からない、という会社の共通点。

2016-04-20 23:15:18 | 日記
「会議研かごしま」はA・F・C経営が運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」に変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『おはよう』

毎朝、玄関の掃除をしながら
職員に声をかけている税理士事務所の所長さんが
いらっしゃいます。

『掃除は、私の仕事ですから』
といわれますが意味があります。

職員に毎朝声をかけることで
職員、一人ひとりの健康状態等を把握されています。

夕方、いつも事務所に座っている資材卸業の経営者が
いらっしゃいます。

帰社し、営業日報を書く社員に声をかけています。
声をかける内容は
業務内容だけではなく
個人の家庭生活に関することにも及びます。

一人ひとりの行動内容等を把握し
的確なアドバイスをするためです。

社員5.6人をさそって
よく、飲み会をされる女性経営者がいらっしゃいます。

社員は
『ウチの社長は飲むのが好きで』
と言っています。

税務調査でも
調査官に『飲み会が好きですね』
と言われたそうです。

しかし、これには意味があります。

社員の思い・考え・悩みを聞いたり
経営者の考えを伝えたりするためだそうです。


Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

経営に限らず
人と人の間には良好なコミュニケーションが大事です。

コミュニケーションの質が
人の行動・企業業績に大きな影響を与えます。

また、

コミュニケーションをとるためには
時間・コストがかかります。

『聞く耳はもっているから、何でも言ってくれ』
と言っても
誰も自分から話してくる社員はいません。

明確な目的をもって
コミュニケーションをとる仕組み・仕掛けが大事です。

『経営者が、社員が何を考えているか分からない』
という会社があります。

例外なく

お互いコミュニケーションをとる仕組みがありません。

コミュニケーションなくして
お互いの考えが分かるはずがありません。

まずは
話すのではなく
聴くことからはじめてみては。

明確な目的を持って。


※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。


ホームページアドレス

コチラからお願いします


コメント

人の行動を決めるのは『学歴・経験』ではなく、『ものの見方・考え方』である。

2016-04-14 22:52:54 | 日記
「会議研かごしま」はA・F・C経営が運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」に変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『なんでそういうことになるんだ』
『いつも同じことの繰り返しじゃないか』

先日、訪問した会社の会議室から聞こえた言葉です。

これは、訪問してきた元請会社の社員に
下請(協力)会社の経営者が放った言葉です。

このようなやり取りは
過去にもめずらしくありません。
私も、
『またか』と思うくらいです。

高学歴である元請会社の社員が
学歴のない経営者(協力会社の経営者の口ぐせ)に
よく怒られています。

本来なら立場が逆なんですが・・・

今回も
元請会社の考えが顧客視点でないため
顧客からクレームがきたためだそうです。

その経営者はよく言います。
『何でそこまで考えがまわらないのだろうか』

学歴・経験もあるのに、と
不思議がっています。


Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

経験があまりないのに
ベテランが感心するくらい『会議』で良い発言をする人。

ベテランなのに
いつまでたってもミスする人。

学歴があるのに
ものをみる視点が低い人。

学歴がないのに
重要な仕事をまかされる人。

もちろん

学歴がある人=良い仕事をする人ではありませんが
せっかくの
学歴・経験を仕事に生かせない人がいます。

その差は何か?

『ものの見方・考え方の差』
『考えの深さの差(いかに真剣に考えているかの差も含みます)』
だと思います。

人の考え方(頭の中)は分かりません。
どのような『ものの見方・考え方』を経てその結論に至ったのか。

その行動・発言・結論に至ったのには
その原因となった『ものの見方・考え方』が大きく影響しているからです。

結果(行動・発言・結論)のコントロールも大事ですが
その原因となった
『ものの見方・考え方』のコントロール(修正)も大事です。

間違いを指摘するときには
その結果(行動・発言・結論)に至った考え方を聞きましょう。

『会議』でも
社員の『ものの見方・考え方』を見える化しましょう。
『ものの見方・考え方』を教えましょう。

また、考える機会を与え
考える習慣をつけさせましょう。

ほんと
人の頭の中はわかりません。



※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。


ホームページアドレス

コチラからお願いします


コメント

新入社員が自分の将来像を描けているか。

2016-04-07 22:31:41 | 日記
「会議研かごしま」はA・F・C経営が運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」に変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新年度が始まり
新入社員を受け入れる季節です。

新入社員にとって
不安と希望に満ち溢れている時期でもあります。

私の娘も関東の大学病院に就職し
良い病院に就職できたと
連絡してきました。

親としてはうれしい限りです。

一方で

3月末で二人の娘が退職した知人がいます。

中小企業ですが
二人とも、入社試験を受け
“選ばれて”就職したはずです。

二人とも国家資格をもち
その道のプロをめざして頑張っていたのに
と知人である父親も残念そうです。

将来に希望がもてず
目指していた道とは別な道へ進むそうです。

高校・大学と本人たちも頑張ってきたのに・・・・


Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

退職の理由は
会社・本人いづれにもあると思います。

退職理由で
人間関係というのが
上位だそうですが

別な理由として
自分の将来像を描けない
というのが大きいと思います。

会社も
あなたは、この会社で将来こうなる
と明確に言わない(言えない?)し

本人も
自分が将来、こうなりたい
と明確に思わないからだと思います。

将来の目標が明確であり
この会社にいれば実現できると
思えば簡単に辞めないはずです。

そんな人は回りにいくらでもいます。

途中退社したら
新たな就職は非常に困難です。

とりあえずアルバイトでも
から
非正規社員へという人も結構多い。

そういった意味で

20代という時期は
人生にとって非常に大事です。

あなたは将来どうなるか
自分は将来どうなるか

会社も、新入社員も
お互い確認することが重要と考えます。

また

将来の夢を実現する環境を
提供できる企業が
良い企業だと思います。

理想でしょうか?

入社数年で辞める人が
非常に多い気がするからです。

新入社員が自分の将来像を描けているか?

また

会社が社員に将来像を描かせているか?



※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。


ホームページアドレス

コチラからお願いします


コメント