鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

勝つチーム(組織)づくりに不可欠なものは?

2018-08-26 16:01:38 | コミュニケーション
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

夏の高校野球
甲子園も終わりました。

話題はなんといっても
金足農業高校でしょう。

全員秋田県人、公立高校、農業高校ですが
秋田県では以前から強豪校の部類に。

試合の内容にも関心があるのですが
仕事柄、チームについて関心がいきます。

投手の吉田輝星選手は以前は
“孤高のエース?”と呼ばれていたそうです。

自分にも他人にも厳しかったため
他の選手のミスを叱責するような態度をとっていたといます。

全員で戦っていくスポーツなのに
一人別世界にいる感じだったそうです。

当然、チームワークは
良いはずがありません。

キッカケは忘れましたが
最近になって変わってきたと言います。

他の選手のミスも受け入れ
励ますような関係に変化。

甲子園では試合をする度に
チームワークも良くなり今回の結果に。

チームワークの大事さを
痛感させられます。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

職場にも仕事ができる厳しい上司がいます。
緊張感があってよいのですが問題も発生します。

自分にも他人にもきびしく
端から見るとチカラが入りすぎます。

厳しくても部下とのコミュニケーションを
とれば良いのでしょうが

そのような上司に限って
余計なことは一切しゃべりません。

根はやさしい
良い上司が多いのですが

見かけだけで判断されると
近寄りがたい存在になります。

その結果

部下がコミュニケーションを
避けてしまうようになります。

お互いに話さないから
関係がギクシャクしてしまいます。

情報が伝わらないから
部下への的確な指示ができない 等
次々に弊害が出てきます。

上司もそうですが
経営者もそうです。

タダでさえ“経営者は孤独”といわれますが
進んで自分を孤独にしていると思われる経営者もいます。

今よく言われる生産性向上もお互いの
コミュニケーションに基づく信頼関係からです。

お互いのコミュニケーションがあってこそ
チームワークが良くなります。

メンバーの能力が発揮される
チームがつくれます。

試合にも勝てます
業績もよくなります。

経営者、上司の皆さん
自分から進んでコミュニケーションを取りましょう。

今の時代、話しかけるのは上司からです。

部下が話さないから自分からは話さないは
もう古いです。

良好なコミュニケーションは
良いチーム作りには不可欠です。

経営者、上司の皆さん
自らの理由で自らを孤独にしないでください。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラからお願いします。


ご感想をお願いいたします。
kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

事業経営に多大な影響を与えるものとは?

2018-08-13 00:10:34 | コミュニケーション
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

先日、考え方がすばらしく明確な経営者に
会いました。

昼食も忘れて3時間ほど
話し込んでしまいました。

広告会社を経営している若い方ですが
感心させられました。

高校卒業後、東京で電話関係の営業会社に勤務し
営業の基礎をみっちり叩き込まれたと言います。

若くして抜群の営業成績をあげ
多くの部下を任されていたといいます。

帰鹿して興された
広告会社も現在、大きな転換期を迎えています。

媒体を使って商品・サービスの内容を伝える時代から
顧客企業の経営戦略まで関与し

その企業にとって効果的な広告を提案しないといけない時代に
なってきています。

そのため、経営も難しくなってきています。

その経営者にいろいろな質問をすると
明確な答えが返ってきました。

・自社の経営理念

・自社の顧客になり得る企業の選定

・自社の商品・サービスの差別化

・自社の商品・サービスの価値の表現

・集客の方法 等

また、

現在の営業状況や見積書・請求書・原価計算や担当者別粗利益が
一目で分かるシステムも構築されています。

私の質問に対して
すぐに反応して回答する経営者でしたが

私が心に残ったのは

“コチラ(自分)が意識して
顧客や社員を理解しようしないといけない”

という言葉でした。

多くを話す経営者でしたが
経営・営業のベースになっているのは

「相手を理解する」という
ことだったんです。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

お客様がなぜ、その商品を注文してきたか?

⇒お客の願望が分かれば良い提案ができる
 高単価の商品の受注につながりお互いにメリットがある。

社員がなぜ、その行動をとったか?(ミスしたか?)

⇒行動の基となった考え方を変えてやらないと
 同じ失敗を繰り返す。正しい指導ができない。

我々は、理屈では分かっていても
顧客・社員の行動(結果)だけをみて判断しがちです。

サービスに定評がある航空会社でも
顧客とのなにげない会話の中から

顧客の要望を汲み取り
サービスの向上に努めているそうです。

食事の時間でも一律に食事を提供するのではなく

顧客の空腹の度合いを会話等から感じ取り
提供方法(順番や提供時間等)を変えたり

旅行の目的を会話等から感じ取り
心に残る手書きのメッセージカードを渡したりと

積極的に顧客を理解し
商品・サービスの差別化を図っています。

相手を理解するというのは
自社で働く社員についても同じです。

この社員の叶えたい願望は何か?
給料か、地位か、休みか、自己実現か

こちらが相手を理解しようとする気さえあれば
分かるはずです。

そうはいっても

“経営者は営業等の外部活動に忙しい”
という答えが返ってきそうです。

まずは

面前にいる顧客は、社員は何をしたいか?
何を望んでいるか? 自分に質問してください。

経営者なら分かるはずです。
今まで、その視点が弱かったのです。

過去の経験の延長で相手の考えや願望を
理解しがちです。

大事な顧客や社員が
突然?他社に行かないためにも。




そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラからお願いします。


ご感想をお願いいたします。
kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

ゴルフに誘われない人の共通点は?

2018-08-01 10:19:58 | コミュニケーション
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

例年になく暑い日が続いています。

ゴルフ好きの方もこの暑さには大変みたいで
午後、涼しくなってから行かれる人もいます。

ある会社の経営者(Hさん)の方が

“いろんな方からゴルフに誘われてありがたい”
という話をされました。

ゴルフを誘う人の中には
ゴルフに誘われない人もいるといいます。

“誰も自分を誘ってくれない”
とボヤいているみたいです。

“誰もゴルフに誘わない人には共通点があるんですよね”
とHさん。

誘われない理由として

・プレーするときの歩くスピードが遅い

・ひとつのプレーに時間がかかる

・話題が自分中心

・他人のプレーを批判をする(自分より上手な人に対しても)

等々です。

残念なのは、当の本人が
それに気付いていないことらしいのです。

付き合う人を選べない若いときならまだしも

シニア世代になってまで自分に合わない人とは
付き合わないと。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

会社でも社員が話してくれない
と嘆く経営者の方がおられます。

先のゴルフに誘われない人のように
自分中心なのかもしれません。

行為としては自分だけが話す
自分のことだけ話すといった具合なのかも。

寝ても覚めても経営のことを考えている経営者と
社員との考えの差、考えのスピードの差は当然です。

そのためにも

お互い話す場(会議等)を
定期的に持つことが重要です。

お互い話す場をもつことで

経営者の考え方のスピード等を
体感し慣れてもらう必要があります。

まず

社員の話を聞くことで
相手の考えていることやスピードを理解しましょう。

そうしないと
経営者と社員の距離は遠くなるだけです。

誘ってくれない、話してくれない
という理由は自分でつくれます。
自分を納得させられます。

しかし

その理由は自分の理由で
本当の理由ではないのです。




そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラからお願いします。


ご感想をお願いいたします。
kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント