鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

問題点の指摘と解決方法の提案はセットで。

2015-04-29 19:28:01 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

朝夕の散歩にちょうどよい季節になってきました。

私は、まわりに水田が広がる住宅地に住んでおり
毎日、水田の中を縦横に通る農道を散歩しています。

今日もいつものように散歩していると
遠くで男女二人か話している光景を目にしました。

夫婦でもなさそうだし
声の大きさかして雑談でもなさそうでした。

近づいてみると
自治会長さんに住民の一人が何か説明をしている様子。

内容は、
農道近くの木々を伐採して農道に放置してある
というもの。

住民の方は
通学路でもあり、歩行者、バイクにとって危険
としきりに説明していました。

終いには
常識でも危険であると分かりそうなものだか、とか
自分さえよければよいという考えなのか
とまで。
自治会長さんも困った様子でした。

今度は、通りかかった私に対して
この状況をどう思いますか、と聞かれました。

私が、○○さんが自治会長なら
どう解決されますか、と聞くと
途端に沈黙されました。

____________________________

『会議』等でも
よく問題点の指摘だけされる方がいらっしゃいます。
おまけに人間性の指摘まで。

経験がある人や管理職的な地位であれば
問題点に気づいて当然です。

要は、その問題点をどう解決するか、です。

『会議』では、あなたが経営者だったら
あなたが管理者であったら、どう解決しますか
という視点で考えてもらっています。

また、事前に一枚の用紙を配布して
問題点と解決方法を併記して
提案してもらっています。

問題点を指摘して
このまま放置したらこのような経営上の影響がでるから
みんなで解決しようと
メンバーをその気にさせるのは良いのですが
問題点の指摘だけではダメです。

発言に不慣れで
発言の質より量が重要な場合は別ですが。

問題点の指摘は重要ですが
みんなをその気にさぜる
解決方法の提案も重要です。

実行につながらないと意味がありませんから。


※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

『話せば分かる』のもうひとつの意味は?

2015-04-22 21:05:17 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

複数の営業所を持つ会社の経営者の話。

その営業所の内
県外にある営業所の所長が今月で辞めるそうです。

最近、様子がおかしいと感じた経営者も
定期的に訪問するなどして
営業所長とコミュニケーションを積極的にとる努力を
されていたみたいです。

営業所開設当初は、密であった営業所の業績等の報告が
時が経過するにつれ
余りされなくなり、経営者が訪問しても
営業所長の口数も段々少なくなっていったといいます。

その経営者が仰るには
私の接し方も悪かったかもしれないが
もっと、話してくれたら
“営業所長の(誤った)考えを修正できたのに”と。

最終的に、営業所長がどのような考えを持ち
何に不満をもっていたか分からなかったらしい。


____________________________

経営者の多くが『会議』等で良く話されます。一方的に。
従業員は、ただ黙って聞くだけ。

決定事項伝える等
一方的に話しても良い場合もあります。

従業員が納得して聞いてくれればよいのですが
そうとも限りません。

誤った考えを持ち内心では
「社長、それはおかしいんじゃないですか」と
考えている場合も多いです。

そう思っているから、納得もしませんし
自ら進んで行動もしません。

だからこそ
その誤った、経営方針に反した考えを
知り、正しい方向に持っていく必要があります。

そのためには、自分の考えを話してもらう必要が。
ヒトの頭の中(考え)は話してもらわないと分からない。

考え違いをしていたら修正してもらう。
また、何回も話を聞くことで
正しい考えに気づき、自ら修正してもらう。

社員に話してもらい、それに対して経営者が話すことは
(自分から)考えを変えてもらうための『教育』です。

経営方針等を話して伝えるのも重要ですが
自分の考えを話してもらうことも重要です。

話せば(その人の考えが)分かります。

関係が悪くなる前に。


※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

ウチの社員は『会議』で話すばかりで行動しない、は誰の責任?

2015-04-16 06:57:49 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「ウチの社員は話すばかりです」
とは、ある経営者の話です。

その経営者とは
ある会合で一年ぶりくらいに逢いました。

前回の会合で『会議』についての話になり
自分の会社でも『会議』をはじめられたそうです。

その会社の『会議』では
意見はでるが実行がともなわないというもの。

そこで
その経営者に質問をしてみました。
「社長、どんな会議の終わり方をされているんですか」

その経営者は
「今、話し合ったことをもとに頑張りましょう」
といった具合です、と話されました。

この質問で『会議』の結果が実行に結びつかない原因を
少し理解された様子でしたが・・・・・

____________________________

『会議』に参加したメンバーが
『会議』をしただけで実行に移すなんて
まず、ありえません。

『会議』で意見がたくさん出るから
いいんです。
後は、その『会議』のリーダーの責任です。

『会議』を始めたころは意見がなかなか出ません。
意見の“質”より“量”を重視する段階です。

意見が出るようになると
決まったことを行動に移す段階です。

最初は簡単なことからはじめることです。
重要なことは
『会議』で決まったことを実行すると
いうこと。

そのため
『会議』が終わった時に
・決まったことの確認
・次の『会議』まで参加したメンバーの
 一人ひとりの具体的な行動の確認
が必要です。

もちろん、『会議』のリーダー(経営者)の行動もです。
そうすることで一体感がでます。

行動内容を決めても
次の『会議』まで
それを確認しない会社もあります。

人は日々の業務を優先し
新たなことは簡単に行動しませんから
定期的な確認が重要です。

これもリーダーの役割です。
決まったこと意識させないとだめです。

次の『会議』ではじめて確認したら
できなかった理由(言い訳)を聞く羽目になります。

そうなると冒頭の話になり
社員への不信感につながります。

『会議』で決まったことを如何に
経営者を含めた一人ひとりの日常業務に
落とし込むかが重要です。

『会議』で決まったからといって
簡単に行動につながらないのが普通です。

※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

バラエティ番組にみる『会議』の盛り上げ方。

2015-04-08 22:10:04 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四月になりテレビ番組も新しくなりました。

タレントによっては見ない日もないくらい
出演する人もいます。

ここ数年、特に感じるのですが
バラエティ番組でのお笑い芸人の役割は
大きいものがあります。

数人の芸人がトークだけで番組を
つくっている場合もあります。

このトークの盛り上げ方が興味深い。

ひとりの芸人が話し出すと
他の人がその芸人を盛り上げようとしているのが
良くわかります。

司会者と一人の芸人が話していると
他の芸人がその話に割れ込んでいったり
言葉数の少ない芸人には話を振ったり
ひとつの話題から話がどんどん膨らんだりして
とても見事です。

司会者と一芸人の“線”の会話が
他の芸人を巻き込んで“面”の会話へと変化し
スタジオ中が笑いの渦に包まれていきます。

____________________________

『会議』でもバラエティ番組を見習いたいものです。

お笑い芸人も仕事ですが
『会議』に参加している我々も仕事です。

『会議』を見ていると
その会社のコミュニケーションのレベルも分かります。

『会議』を初めて
慣れないうちは意見がどんどんでることもありません。
また、スラスラと話せる人もいません。

そんな時、
司会者や、他の参加者が話す際
“うなづく”ことをお勧めします。
それも大きく“うなづく”こと。

“うなづく”ことは相手を認める行為です。
“うなづく”と話し手も話しやすくなります。
お互い良い関係にもなります。

そこには『会議』を盛り上げようという
意図がないといけません。

最初はぎこちない“うなづき”でも
構わないと思います。

『会議』が活性化する簡単な方法です。

お笑い芸人が番組を盛り上げるように
“うなづき”で『会議』を盛り上げましょう。

うなづいている他のメンバーに話をふり
点から線、線から面の会話にしましょう。

まず、意見がでることが大事です。


※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

会議で、大声で怒鳴りたいような意見が出たらどうする?

2015-04-03 20:09:33 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『二晩、眠れませんでした』と
ある会社の入社9年目の女性社員から聞きました。

会社の会議で発言した途端
上司から強い口調で発言内容を
叱責されたそうです。

所属する部門で発生している問題を
会議で発表したところ
原因は、あなた方の考えにあると。

その女性社員ひとりの考えではなく
その部門で働く多くの人の考えを
代弁した感じの発表だったそうですが
発表した女性はくやしくて、くやしくて・・・・

____________________________

よく会議の席で大声で発言する人(上司)がいます。
メンバーが怖がるくらいの声で。

進行役のリードが悪いと
その大声の意見に結論が
引っ張られます。
その大声の人の結論になります。

いろいろな面で
大きな声は、ムダな会議の要因にもなります。

紹介した女性の意見が間違っているかもしれません。
しかし、間違った意見を正しい意見と思っている人(仲間)も
いるはずです。

会議の場で叱責されて
発表した女性社員や同じ意見を持った他の人は
どう思ったでしょうか。

自分たちが間違っていたと思うでしょうか。
考え、行動を変えようと思うでしょうか。

多くの場合、「ノー」です。
今後、会議等での発表の数も減るでしょうし、
上司に反発すらすると思います。

上司が大声を出したい意見?が出た場合
その理由をとことん聞くことです。
詰問ではなく。

どこが間違いなのかを見つけ
考え、行動を変えてもらわないといけません。

よく経営者の方に話すのですが
“社員の発言のレベルが会社のレベル“
と思うことですと。

きかないと相手の考え(現状)は分かりません。
お互いに話せる環境でないと相手に伝わりません。
理解させることができません。
行動が変わりません。

大きな声を出すこと(発言者の意見を無視すること)は
社員の考え、行動を変えることを放棄することです。

大きな声を出して
どんどん成長する社員に恵まれれば別ですが。


※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。

ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント