鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

感情的になるから、経営者の言葉が価値を失う?

2018-04-08 10:18:36 | 生産性
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

先日、経営者数人の会合で
経営者のリーダーシップの取り方についての話がでました。

参加した人の共通の知人である経営者(A社)の話から

“A社の社長は、よく社員を怒っている”という
話がキッカケでした。

強いリーダーシップをとるか
緩いリーダーシップをとるか、という話です。

強いリーダーシップとは
力づくで引っ張っていくというイメージ

緩いリーダーシップとは
理解させて相手を動かすというイメージです。

状況によっては強いリーダーシップも必要だが
基本的には、緩いリーダーシップが良い、という結論でした。

多くの経営者も昔みたいな
強いリーダーシップはよくない、と思っています。

多くの分野で“時代は変わった”と考えています。

また、

自分自身も強いリーダーシップは苦手という人も多いです。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

強いリーダーシップは時に
感情を伴う場合が多いと思います。

経営者が、強い口調で問題点を指摘したり
叱ったりする場合です。

もし、経営者が社員の成長を願って
叱ったとしても

叱られた側がそう感じるか、という問題もあります。
相当な信頼関係がないとそう感じません。

その場合

叱られた側はどう思うでしようか?

過ちや悪い点を指摘された社員は
経営者の過ちや悪い点に目がいきます。

思考の先が経営者に向きます。

“自分(社長)はどうなの?”
と、心でつぶやきます。

その途端

経営者の社員を思う言葉は
一切、頭に入らなくなります。

価値を持たなくなります。
価値を持たないどころかマイナスかもしれません。

経営者が正確な事情を把握せずに
叱っている場合は尚更です。

そんな時どうするか、です。

まず先に、過ち等の理由を聞くことです。
感情を抑えて

すると

相手も自分の非に気付きます。
思考が自分に向きます。

経営者も冷静になれます。

経営者も完全ではありません。
状況把握も正確でないかもしません。

叱る前に
社員に過ち等の理由を聞く。

このステップを入れることが
それにつづく経営者の言葉が価値を持ちます。

感情的にならない
簡単なことではないですが。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。


コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

“社員はなぜ動くか” 考えたことがありますか?

2018-03-20 10:11:37 | 生産性
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

新年度を迎えると言うことで
人事異動等もあるようですが

昨日、人事評価のための面接を
受けた女性の方からメールをもらいました。

毎年、この時期に上司との面接を行い
評価・育成のための資料としているみたいですが

形式的なものであり
面接自体に意義を感じないというものでした。

面接で聞かれる項目の中で

・あなたは会社で何をしたいのか?

・あなたの夢は何ですか? 

等の項目に抵抗を感じるというもの。

理由は

・この面接の結果が活かされない

・会社の目標が明確で無い

・面接をした上司自身にヤル気を感じない

・夢はあるが、上司に自分の夢を話すほど
 上司を信頼していない

というものでした。

この女性は自身の目標をもっており
自己投資も行っている方です。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

多くの中小企業で、会社の夢や目標が明確かというと
答えは、“NO”だと思います。

先日、研修をさせて頂いた会社で
研修終了後、社長が30代の男性社員に

“君の夢は何か”と質問されましたが
ニコニコと笑っているだけでした。

実際、その男性に夢や目標がないのかといえば
そうではなかったんです。

その男性の上司の方から聞いたんですが

将来は、遠方の実家に帰って両親の面倒をみたい
ということらしいのです。

パソコンさえあれば遠隔地でもできる仕事(WEBデザイナー)なので
可能であるとのことでした。

これなら

会社としても個人の夢・目標をかなえられます。

そのためにも

今の会社でしっかりと技術を磨き
将来のために勉強しなさい、といえます。

その方のヤル気も高まります。


夢や目標といえば2つあります。

会社と個人です。

会社の夢や目標に共感し、
自分の夢・目標とする人もいますし

個人の夢や目標をすでにもっている人もいます。

人は、夢や目標があるから頑張ります。

会社で夢や目標を掲げるのが難しいなら
個人のそれを叶えるような環境づくりでもよいと思います。

夢や目標と大きなことを言わないまでも

たとえば

・子供の学資のためにもっと残業をして稼ぎたい

・親の介護のために働く時間を少なくしたい

・自分の適正から、他の部署の仕事をしてみたい

等、働き方に対する要望も一律ではありません。

要望を叶えることが
その人の動機付けになります。

そのためには

個人の思いを理解するために
良好なコミュニケーションに基づく信頼関係が
重要です。

それがなかったために

“今の残業が多い労働時間では共働きがではない”

といって、急に退職した方もいます。
無くてはならない人だったのに。

経営者も
“一言、相談してくれたら良かったのに”
と言われましたが

次の勤め先が決まっている状況でした。
お互い話せば解決できることでした。

そうならないためにも、これから先

働く社員にフォーカスすることが大事です。

社員は、なぜ動くか、です。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

自分達でできる“働き方改革”は?

2018-02-09 15:20:07 | 生産性
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

最近、“働き方改革”についての記事等を目にします。

「ウチみたいな小さな会社には関係ないよ」
という声を耳にしますが

ほんとに、そうでしようか?

“働き方改革”

背景には労働力人口が想定以上に
減少していることがあげられます。

生産年齢人口(15~65歳)が

1995年の8,000万人超をピークに
減少の一途を辿っているそうです。

国全体の生産力が低下、
国力の低下は避けられないとして

内閣が本格的に“働き改革”に
乗り出したそうです。

対策として

・働き手を増やす(働いていない女性や高齢者の活用)

・出生率を増やす

・労働生産性を上げる

といったものがあります。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

3番目の“生産性を上げる”に
着目すると

何か生産性を上げるテクニックが
あるような気がします。

テクニックと聞くと
また、難しいイメージですが

基本は人に関するものです。

具体的にはメンバー間のコミュニケーションです。
信頼関係です。

一つ一つ上げていくと

コミュニケーションや信頼関係がないと

・職場の雰囲気が悪くなりヤル気がでない

・情報・知恵が共有化できないから
 問題が解決されない

・仕事をまかせることができず
 一部の人に負担がかかる、残業する

・話さないから部下育成が進まず
 社員が育たない

・社員同士が協力しないから
 チームワークが発揮されない

・こんな職場はイヤといって
 社員が辞めていく

等々です。

これらがすべて
生産性が上がらない原因になります。

生産性を上げるということは
テクニックだけでは無いんです。

メンバー同士の関係性が大きく関わっています。

会社は人の集まりです。

一人ひとりの労働力と感情は
不可分です。

良好なコミュニケーションや
信頼関係が重要です。

これがないと生産性はあがりません。

世間ではAI、ITの活用の重要性も
指摘されています。

それこそ、我々には先の話です。

生産性を上げるために
良好なコミュニケーション。

生産性を上げるために
我々にはできることがあります。

メンバーの幸福にも通じます。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

生産性をあげる強力な武器は?

2018-01-26 09:08:07 | 生産性
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

毎年2月に、私が所属しているボランティア団体で
「青少年健全育成意見発表会」をします。

市内の小・中学校21校の児童・生徒の皆さんに
一人ずつ5分程度のスピーチをしてもらうものです。

今年はアトラクションとして
女性合唱団の方に来て頂くようになっています。

その女性合唱団の準備に関しての
実行委員長の話です。

女性の皆さんということで

・畳の控え室にしました
・大きな鏡を準備しました
・ピアノはグランドピアノを準備しました
・弁当は〇〇にしました

等々です。

私が実行委員長の方に
“よく気が回りますね”ときくと

“簡単です、聞けば済む話ですから”
という返事が返ってきました。

男の私(委員長)が
考えつくことではないですよ、と言われました。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

自分で考えないで聞けば済む話です。

当然ですが
自分達は考えてしまいます。

・ウチの社員は何を考えているんだろう?

・お客様はどんな商品が欲しいんだろう?

いろいろ考えてしまいます。

相手がいるわけですから聞けば済むことなんです。
みんな分かっているがしないし、できない。

かって、生前のダイエーの会長である中内さんが
あるテレビ番組で

“昔は何が売れるか予想がついたが
今は何が売れるかわからない”

司会者の“これからどうしますか”という質問に
“御用聞き販売です”と答えられました。

今でも記憶に残っています。

相手に聞くと、相手の考えがわかります。
考えが分かると相手が望むものを提供できます。

掛ける時間も短くて済みます。

生産性が上がります。
相手の満足度が高まります。
コストも少なくて済みます。

相手に質問する。これは強力な武器です。
もっと質問のチカラを重要視すべきです。

その前に

相手に何を質問するかを
自分に質問することが大事ですが。



そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント