鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

個人の能力アップの前に、するべきことは?

2018-02-23 10:59:33 | チームワーク
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

今回も、平昌オリンピックについてです。

今回のオリンピックで、特に感じたのは
チームワーク、組織力です。

よくメダルを取った選手が

「自分一人ではメダルをとれなかった」
「みんなでとったメダルです」 等

インタビューで答えます。

今回のオリンピックで
その意味が特によく理解できました。

ほんとうに、一人ではメダルをとれない
ということを実感しました。

オリンピックへ向けて何年もの間のチームワーク

・選手とそれを支える監督・スタッフとのチームワーク

・練習する選手同士のチームワーク

そして、競技が始まってからのチームワーク

試合でも競技によりいろいろなチームワークが
あります。

・個人競技でも、それぞれが自分の役割を果たすチームワーク
 
・リレー形式の競技でのチームワーク

・一緒にチームとして戦うチームワーク 等

チームワークもいろいろです。

チームワークが
チームや個人の戦力アップにつながるんですね。

特に

スピードスケート女子団体追い抜き

個人的な能力ではオランダが上回っていながら
日本がチームワークで金メダルをとったシーン。

オランダ選手との体格差も明かでした。

個人の能力を上げる練習に加えて

日本は、一糸乱れぬ隊列に象徴される
チーム力を上げる練習をしていた。

また、

高木姉妹の関係の変容。

お互いをライバル視した“確執”の関係から
二人で“両親へメダルをかける”といった関係へ。

お互いを見つめ合う関係から
お互いに共通の目標をもつ関係へ。

競い合ってもお互いの成績は伸びるでしょう。

しかし、それ以上に伸びるのは
共通の目標をもった時のチームワーク。

といった感じがしました。 

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

職場でも人材不足等で
“生産性向上”といわれています。

まず、取り組むべきは
個人の能力を上げることより

チームワークを上げることです。

個人の能力を上げることは当然大事です。

個人の能力アップは“部分最適”レベルです。
今は“全体最適”が求められています。

個人レベルで生産性を上げても
チーム全体の生産性にはなりません。

また、チームワークが良くなると
個人の能力もあがります。

そこには、お互いの学び、相互啓発が
発生するからです。

チームワーク発揮のためにも

良好なコミュニケーションと
それに基づく信頼関係が大事です。

スポーツ観戦をして
成績に関心をもつのも良いですが

その成績を挙げた背景・原因について
学ぶことも勉強になります。

成績が良くても悪くても、です。

近くの儲かっている会社より
自社の社員は能力で劣っているでしょうか?

劣っていても、そんなに差はないと思います。
チーム力です。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

高木美帆選手が銀メダルとったワケは?

2018-02-14 19:40:40 | リーダーシップ
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

現在、平昌オリンピックが開催されています。

いつも思うのですが
メダリストの言葉は深いです。

二十歳前後の若者の言葉とは
思えません。

・天才と言われる素質をもった人が

・一流の指導者や環境の下に身を置き

・寝ても覚めても競技について考え抜き

・苦しみに耐え、凡人の何倍もの練習を行う

そして、メダルを手にする。

普通の人が何十年もかかって口にする言葉を
生まれて20年くらいで口にする。

一流の人はすごいです。

指導者と選手という関係では
高木美帆選手とヨハンコーチに関心を持ちました。

バンクーバー五輪では一度も出番がなく
8年間辛い思いをしたと言います。

ヨハンコーチと出会い、考えが変わって
今回の結果へ。

食事をともにするのは勿論のこと

・選手別に数値を示して行うフィジカルトレーニング

・つたない英語で一生懸命話すとヨハンコーチが
 歩み寄って聞いてくれる

等、

高木選手との信頼が高まり
考えを変えるまでの関係に。

そして、成績が伸びた。

メダルを獲得した高木選手とヨハンコーチとの抱擁の場面が
二人の関係の全てを物語っています。

人と人との接し方が
如何に重要かを感じた瞬間でした。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

リーダーが環境をつくります。
人を育てます。

環境は、その場のリーダーが作っていることを
理解すべきです。

先日、知人女性から面白い話を聞きました。

彼女の職場(部門)は
女性課長が率いる10名程度の女性の職場だそうです。

以前から

その女性課長の言葉はきつく
態度は冷たいため

みんなが萎縮している職場だったそうです。

それが、ある日を境にがらっと変わったそうです。

変わった理由は、
女性課長が“入籍”したからだそうです。

20歳代で結婚したものの
まもなく死別し

40歳近くになるまで独身。
結婚サイトで知り合った男性と急遽入籍。

結婚が女性課長を明るくし
職場までも明るくした。

女性課長の表情も、言葉も変わり
接し方も変わった。

こんな課長の下で働く社員は迷惑です。

その課長も自分が職場に与えている影響は
理解していないんです。

ウチの職場は暗い、みんな大人しい
何を考えているか分からない。

大部分はリーダーの責任です。
リーダーの行動・言動にメンバーが反応した結果です。

職場の雰囲気、メンバーの行動を嘆く前に
もう一度、メンバーとの接し方を見直してみては。

きっと良い方向に
組織も人も変わると思います。

メンバーの考え方をも変える
リーダーになりたいものです。

そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

自分達でできる“働き方改革”は?

2018-02-09 15:20:07 | 生産性
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

最近、“働き方改革”についての記事等を目にします。

「ウチみたいな小さな会社には関係ないよ」
という声を耳にしますが

ほんとに、そうでしようか?

“働き方改革”

背景には労働力人口が想定以上に
減少していることがあげられます。

生産年齢人口(15~65歳)が

1995年の8,000万人超をピークに
減少の一途を辿っているそうです。

国全体の生産力が低下、
国力の低下は避けられないとして

内閣が本格的に“働き改革”に
乗り出したそうです。

対策として

・働き手を増やす(働いていない女性や高齢者の活用)

・出生率を増やす

・労働生産性を上げる

といったものがあります。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

3番目の“生産性を上げる”に
着目すると

何か生産性を上げるテクニックが
あるような気がします。

テクニックと聞くと
また、難しいイメージですが

基本は人に関するものです。

具体的にはメンバー間のコミュニケーションです。
信頼関係です。

一つ一つ上げていくと

コミュニケーションや信頼関係がないと

・職場の雰囲気が悪くなりヤル気がでない

・情報・知恵が共有化できないから
 問題が解決されない

・仕事をまかせることができず
 一部の人に負担がかかる、残業する

・話さないから部下育成が進まず
 社員が育たない

・社員同士が協力しないから
 チームワークが発揮されない

・こんな職場はイヤといって
 社員が辞めていく

等々です。

これらがすべて
生産性が上がらない原因になります。

生産性を上げるということは
テクニックだけでは無いんです。

メンバー同士の関係性が大きく関わっています。

会社は人の集まりです。

一人ひとりの労働力と感情は
不可分です。

良好なコミュニケーションや
信頼関係が重要です。

これがないと生産性はあがりません。

世間ではAI、ITの活用の重要性も
指摘されています。

それこそ、我々には先の話です。

生産性を上げるために
良好なコミュニケーション。

生産性を上げるために
我々にはできることがあります。

メンバーの幸福にも通じます。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

部下には、もっともっと成長してもらいたい。は正しい?

2018-02-05 11:36:24 | 組織活性化
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

私が20才代の頃

一回り年が上の課長が、会議で
“若い人にはもっと、もっと成長してもらいたい”

と、発言されました。

普通に聞けば、部下思いの上司に聞こえますが
兼ねての言動を見ていたらそうは思えなかったんです。

会計事務所でしたが
そう10年やそこらで仕事をマスターできるものでもありません。

社会もどんどん変わるし
お客様の要望も高度化するし

上司といえども、

自分が成長する必要性は
まだまだ、あったはずです。

その上司は自らが成長するという
視点に欠けていた気がします。

最近よく、この上司のような発言をする
管理職が気になります。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

会社の目標があり
それをみんなで共有できれば

みながその目標をめざします。
そのためには、全員が成長する必要があります。

上司も部下も目標に向かっていますから
同じ方向をみています。

会社の目標もない、上司も目標をもたない状況では
部下は上司が目標になっています。

成長意欲の無い、ヤル気の無い上司をみた部下も
ヤル気が出ないし、あの程度で良いと思ってしまいます。

逆に、仕事ができると思っている上司も
上から目線や命令口調になってしまいます。

みんなが成長しないサイクルに陥ってしまいます。

経営者としては
自分自身もそうですが

みんな成長しようという
環境を作っていくべきです。

そのためには

会社の目標、個人の目標が大事です。

目標が会社を成長させます。
人を育てます。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント

〇〇が無いから、チームやメンバーが動かないんです!

2018-02-01 10:36:10 | 人材育成
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。


もう、昔の話ですが

私の娘は
高校時代、バレー部に入っていました。

中学校時代は
バスケットボールに入っていましたが

親しい先輩がバレー部にいるということで
入部しました。

高校3年間の内
試合に出たことは一度もありませんでした。

練習試合にすらです。

小学校時代からバレーを始めた同級生も
試合に出られない人が数名いました。

それを考えると娘が試合にでられない
ということは当然かもしれませんが。

ある日、娘が

“私は何を目標に頑張ればいいの?”
といいました。

親がいうのもなんですが
素直で、真面目な性格です。

そんな娘の言葉を聞いて

“バレー部の監督は指導者としてどう何だろう”
と思いました。

ほとんど休日なしで練習して
ただの一回も試合にでれない。

教育の一環としての部活なのに
私立のスポーツ重視の高校でもないのに。

卒業時のバレー部の送別会で

監督(担当の先生ですが)が卒業生一人ひとりを会場の舞台に呼び
生徒に対する思い出を話しました。

娘の番になり監督が

“あなたは、高校からバレーを始めたわりには上手だった”
“後少しで、試合に出られるところだった”

と、笑いながら話しました。

その言葉を、在学中にかけてくれたなら
練習試合に出すとか

もう少しで公式な試合に出してやると
目標をもたせてくれたなら

もっと、部活や高校生活が
意義あるものになっただろうにと。

△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

先週、ある会社で社員の若い方に


“仕事の夢や目標はなんですか?”
と聞いてみました。

“・・・・・・・”
沈黙でした。

言いにくいのではなく
夢や目標がないらしいんです。

一般的に

学校を出て会社に入るときは
夢や目標があったはずです。

しかし、入社して数年経つ内に

目先の仕事に追いまくられて
夢どころではないという状態に。

会社自体の夢や目標も見えない。
明確にされていない。

夢を持っている社員は
夢がない、将来がないといって辞めていき

残った社員は夢や目標がなく
その日を平々凡々と過ごしてしまう。

今こそ、会社の目標を鮮明にすべきです。

最初は、みんながびっくりするような目標でなくても
社員個人の目標も

目標があるとチームがまとまります。
少々のことにも絶えられます。

自分に正直になれば
夢や目標はあるはずです。

ただ、真剣に考えていなかっただけです。
そのような環境がなかっただけです。

目標がチームやメンバーを
動かします。


そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラです。


最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



コメント