鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

六秒待てば、人間関係やコミュニケーションはうまくいく?

2018-10-22 08:38:14 | コミュニケーション
中小企業診断士・経営改善・社員研修・経営コンサルタント

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながクリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きありがとうございます。

昨日、私が加入しているボランティア団体の
研修会がありました。

現在は、災害ボランティアのように
テレビ等で見る機会が多く

ボランティアの認知度も上がってきていますが
昔からあるボランティア団体の構成員は減少しています。

当会も、バブル崩壊の時期を境に
メンバー数が半減しています。

全国的な傾向です。

個人個人の多様性の幅が広がったことや
旧態依然とした組織運営が原因かもしれません。

このような状況の中で

“今後の組織運営をどうするか”という
研修会でした。

当会のメンバーはほとんどが経営者であり
当会の運営だけで無く
会社経営にも通ずる研修内容でした。

講師が質問をしました。

「他人の意見にすぐ、自分の考えを言う人は?」
という質問でした。

約50人以上いる参加者の半数が
「すぐに自分の考えを言う」という結果でした。

講師の解説は

「すぐ、言うからいけない。6秒待て」
というものでした。


△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△△▽△▽△

会社の会議でも
他人の意見をすぐ“判定”したり

経営者や上司が

部下が出した意見にすぐさま反応し
感情的になったりする場面を多く見かけます。

会議で発言してダメ出しをされたり
経営者、上司が感情的になったらどうでしょう?

その場の雰囲気が一変に悪くなりますし
発言した人は、もう発言しなくなるでしょう。

頭の回転が速いく
意識レベルの高い経営者、上司からすると

部下の発言内容によっては
すぐ否定したり、感情的になってしまうのも無理はありません。

いくら経営者や上司が
理屈で部下を納得?させても

その部下は感情的には納得していないのです。
表面上、納得したようなフリをしているだけです。

部下に行動してもらったり
考え方を変えてもらうのが目的です。

ですから

部下の意見に対して“待つ”ことが重要になります。
時間として“6秒”です。

6秒は長いです。



“待つ”という行為が冷静にさせます。
「なぜ、そのような発言をしのか?」という
考える機会を与えます。

人の考えや行動が
スピードアップしている現在。

“待つ”ことの効用というものを
もう一度考えてみてはどうでしょう?

それも“6秒”です。

今までの会議の雰囲気や
経営者や部下との関係ががらりと変わると思います。





そのような組織づくりのためのお知らせがあります。

コチラからお願いします。


ご感想をお願いいたします。
kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽


※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 社員の声に耳を傾けると、社... | トップ | 深刻な人手不足。まずは、会... »

コメントを投稿

コミュニケーション」カテゴリの最新記事