鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

職場の飲み会、上司、同僚と何について話しますか?

2014-12-24 23:31:32 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

忘年会シーズンも終盤を迎えています。
いろいろな会社の忘年会によばれますが
会社によって忘年会も色々です。

地域の特産品を販売する会社では
その代表が乾杯の前に
地域、会社の置かれた環境について
解説されるのが恒例です。

その代表は地方議会の議長をされた方で
一般市民には明らかになっていないことまで
解説されます。

自分たちの地域や事業に密接に関係する内容のため
メンバーも興味深く聞き入ります。

その代表の話が終わるころには
来年にむけてみんなで頑張ろうというムードになり
乾杯となります。

ある会社の忘年会では、30代の後継者に対して
古参社員が
「お前の性格はこうだから注意しないと」と指摘すると
「○○さん(古参社員のこと)よりましです。気をつけま~す」と
若い後継者が笑顔で返す場面も。

後継者の性格を知っている私からみても
適格な?直すべきことについての指摘でした。

また、ベテラン社員が若い社員に対して
仕事のコツを教えたり、仕事上の相談を受けたりする場面も。

最近、会社の忘年会に参加しない社員も多いと聞きます。
また、参加しても、表面的な会話だけに終始する会社も
多いそうです。

社員研修等でコミュニケーションについて話す時
社員間の人間関係がうまくいっているかをよく聞きます。

その時、
「よく社員同志で飲みに行くので良い方だと思います」
という返事が返ってくることがあります。

そこで
「何について話しますか」とたずねると
仕事のことはあまり話さない、という返事も多いです。

よく飲む席では仕事の話はするな、とか言われます。
しかし、人生で大きなウェイトを占める仕事の話を
しない、できない方がおかしいと思います。

会社の飲み会で、仕事上の悩み、会社(自分)の将来に
ついて話せることがコミュニケーションの良し悪し
社員の仕事に対する意欲の表れだと思います。

仕事について話がでなようでは
単なる“飲み会”です。

会社や同僚に対するグチは良くありませんが
仕事や将来について盛り上がるような飲み会に
したいものです。


ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

私の責任です。で、その問題は解決しますか?

2014-12-17 19:08:47 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ある飲食店での会議。
お客様からのクレームの話が出ました。

クレームの内容は
「厨房から大きな声が聞こえてびっくりした」
とのこと。

会議に参加していた従業員が
「それは私のことです。申し訳ありませんでした。
今後、気をつけます。」
と謝りました。

余りにも素直に謝られた店長も
「今後は、お客様がいらっしゃることを考えるように」
と、次のテーマに移ろうとしました

そこで
私が、「なぜ、大きな声を出す必要があったのですか」
と聞くと、しばらく沈黙した後、
「厨房が忙しいのにチームワークが全然なっていなかったから
アルバイト学生、数名を叱りました」とのこと。

それはどういうこと、と店長が身をのりだし
話が具体的内容に。

また、ある医療機関でも
看護学生がかかわったクレームを
同じ時間帯に勤務していた年長の看護師が
「私の責任です」と謝る場面も。

後で、その看護師に
「私の責任です、で解決しますか」と聞くと
「いいえ、解決しません」と、キッパリ。

紹介した二つの会社のようなやりとりは
他の会社でもめずらしくないのでは。

謝った当の本人も
自分だけの責任でもなく
自分が謝っても何も解決しないと思っている。

それでは、なぜ?

原因を話しても言い訳みたいにとられるし
話が面倒になるからといった理由で
自分の責任にしているフシも。

ミスやクレームには
本当の原因(真因)があるはず。

表面的な原因の解決や
誰かが謝ることで解決、ということは
避けたいものです。

真因にたどり着いてこそ
真の問題解決につながります。

「すみませんでした」、「以後、気をつけます」
という言葉にこそ、気をつけるべきです。


ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

反対意見があるからこそ、良い結論に到達できる。

2014-12-10 23:37:55 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いろいろな会議に参加しますが
意見が良く出る会議、出ない会議があります。

先日出席した、ある組合の会議もそうでした。
一部の「勇気ある人?」しか発言しない会議です。
どちらかというと意見が出ない会議。

その組合は、ある重要な課題を抱えており
執行部が提示した解決策に対し組合員の意見を
求めるものでした。

賛成、反対と意見が分かれ
一部の人が激しく議論?していました。

賛成派に発言の機会を多く与える議長に対して
反対派から、中立性に欠けるとの意見が出る等
会議が紛糾しました。

一般の会社においてもそうです。
結論は最初から決まっており
形式的に意見を聞くだけの会議が多いです。

最初から結論が決まっているのなら理由を述べ
その結論に沿って意見を求めるのなら
参加者にもある程度の理解が得られるものを。

結論が決まっていない振りをして
意見を聞くからメンバーがそれを感じ取り
失望してしまう。

もっと反対意見に耳を傾ける必要があります。
中にはピンと外れの意見もあったりします。

そんな意見はムダな意見でしょうか。

反対意見、ピンとはずれの意見を無視すると
意見が出なくなります。

いわゆる意見が出ない会議、ムダな会議に
なってしまいます。

そのような会議にしているのは会議の主宰者です。

反対意見、ピンと外れの意見であっても取り上げてくれるから
意見も出やすくなります。

意見を述べた途端に、アウトかセーフか判定されると
怖くて意見も言えません。

また、反対意見が出るから賛成派も真剣に考え
もっと良い意見、結論に到達することができます。

良い結論には反対意見は不可欠です。


反対意見が間違った意見だとしても
お互い議論する中で考えが修正され
よき協力者になってもらえます。

反対意見にもっと耳を傾けましょう。
もっと意見が出る環境をつくりましょう


ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント

私、店長にはなりたくないんです。

2014-12-03 23:39:01 | 日記
会議研かごしま」は鹿児島市の経営コンサルティング会社、株式会社トップ・プランニングが運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

同じ内容をアメブロ
(会議力向上de組織変革・問題解決@経営コンサルタント津田輝久)にも
掲載しています。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


今日のタイトル。
数店舗を展開する小売業の会議室での
若い社員の言葉。

私の「後何年ぐらいで店長になりたいですか?」
という質問に対する答えです。

理由を訊くと
「店長という仕事に魅力がない」という返事。

具体的には
労働時間が長い、休みが少ない、責任が重い等の理由。

会社を辞める理由で多いのが
人間関係がうまくいかないから
という理由がありますが
最近では、自分の将来がどうなるか不安
という理由もよく聞きます。

自己実現といった理由で入社したにもかかわらず
数か月で将来の自分が不安、といった状態に。

人員削減でみんなが忙しく
上司とゆっくり話す時間も持てない。

目先の仕事をこなすのが精いっぱいで
仕事の意味とか価値とか
考える余裕もない。

役者の世界、お笑いの世界等、芸能の世界
あるいは
学者、研究者等、学問の世界では
年齢が30代、40代、あるいはそれ以上になってから
ブレイクしたり、脚光を浴びる人がいます。

そこには
良き先輩、師匠の存在があります。

寝食をともにしたりして
その仕事の魅力、将来を魅力たっぷりに
「弟子」たちに語ってくれています。

「弟子」たちも
成功した先輩、師匠と身近に接することで
モチベーションを維持できるのだと思います。

身近に夢を語る先輩、師匠の存在の重要性。
また、その環境。

それゆえ
芸能の世界では何年たってもブレイクできない人が
多くいる現状もあります。

しかし、
一般社会ではブレイクしないとかいうことはありません。

成長に個人差はありますが
仕事に夢を持ち
継続して頑張れば
会社にとって価値ある人材になり得ると思います。

忙しい日々。
若い社員と仕事の価値や将来について
話す機会がありますか。


ご意見をお聞かせください。

コチラからお願いします(匿名でも結構です)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『会議』で組織変革、自ら考え、動き出す組織を創る研修会。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪無料出張研修会のご案内≫

テーマ: 『30人以下の会社を元気にする会議術入門』

場所 : 御社または希望される場所等

時間 :90分程度

対象 : 社員数、数名から30名程度までの企業の方で
    継続した経営改善の仕組みを作りたい、チームワークをよくし
    組織の生産性をアップさせたいと考えていらっしゃる方。

定員: 5名以内(経営者・管理者層の方)

料金:無料


申し込み方法:下記のホームページ(「問い合わせ、ご相談」フォーム)より
       お申し込みください。
       個人名で申し込まれても結構です。



  お問い合わせはコチラ





コメント