第31回 板垣英憲『情報局』勉強会ご案内

2014年06月15日 05時52分34秒 | お知らせ
「自民党解体と政界再編」
~歴史的使命を終えた自民党とこれからの2大政党政治
【講師】 政治経済評論家・板垣 英憲
【日時】2014年7月12日(土)

  午後13:00~15:50(午後12:30受付開始)
【会 場】 小石川後楽園内「涵徳亭」 広間

(東京都文京区後楽1-6-6( TEL 03-3811-3015)
アクセス


【定 員】 38名 
※先着順 定員になり次第締め切らせていただきます
【会 費】 2,000円  (お振込み下さるか、会場にて申し受けさせていただきます)

お申し込みはこちらから

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

安倍晋三首相は、アベノミクスが東京五輪の予算オーバーを招いた責任を取り、国民には恥をかかせるな


◆〔特別情報①〕
 「こんなことなら、トルコにオリンピックを譲っておけばよかったのに」とつくづく思う。東京都の舛添要一知事が6月10日の都議会で舛添知事が「会場計画全体についても見直すべきとの結論に至りました」と明らかにしからである。これを受けて東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長(2014年1月就任、元首相)、下村博文・オリンピック担当相(文科相)、舛添要一知事らが、緊急会議を開いて、「競技場の整備計画の見直し」を決めた。鳴物入りで勝ち取った東京オリンピックに、一体何が起こったのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ


[新版]孫の二乗の法則 (板垣英憲著 PHP研究所刊)
価格:¥1,404


◆新刊のご案内◆
中国4分割と韓国消滅
ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン
金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる
著者:板垣 英憲
超★はらはらシリーズ040
☆絶賛発売中☆


詳細はこちら→ヒカルランド


 こちらも好評発売中 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド

**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
5月開催の勉強会がDVDになりました。
 日本の科学技術と武器の輸出「解禁」 ~民間技術が軍事技術を進歩させる時代へ
その他過去の勉強会20種類をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす

目次

Ⅴ 厳しい「捉」の下、一致団結して行動する

 新選組の隊士たちの出身地を記した名簿がある。隊士たちの出身地は様々で東京、秋田、盛岡、水戸、大坂、徳島など全国に広がっている。なかには、後に敵対関係になってしまう薩摩や長州の出身者も含まれていた。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 規制改革会議(議長・岡素之... | トップ | 公明党が集団的自衛権行使拒... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
台湾人が決める」馬政権 (愛信)
2014-06-15 19:44:22
「台湾の将来は全中国人が決める」に反発拡大 「全台湾人が決める」馬政権
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140615/chn14061515380003-n1.htm

【関連情報】
【天皇主権回復】
( http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi#4月27日_11時15分35秒 )

 米国でひとつの大きな判決が、連邦裁判所によって出されました。
 それは「台湾は天皇領であり、米国政府は United Nations の代表
として、台湾における天皇主権を回復させなければならない」というも
のです。
日台共栄促進会
http://jtcpa.weebly.com/1249112517125401247312522125221254012473.html
「台湾」は、天皇陛下に返還すべき! 日本国民は「万国公法」を依
拠に、米国大統領へ訴求せよ!
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n214065
【団塊の世代のつぶやき】天皇主権回復 
http://dankaida.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-5701.html

  支那朝鮮に支配された反日売国テレビ局・マスコミの隠蔽している
情報です。 台湾民政府が米国に提訴して連邦裁判所より「米国政府
は United Nations の代表として、台湾における天皇主権を回復させな
ければならない」という判決が下った。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事