筑紫哲也キャスターの「安倍首相」に対する危惧と批判は、悪意と偏見に満ちており、時代錯誤だ

2006年10月06日 18時15分38秒 | マスコミ批判
◆筑紫哲也キャスターが、TBSの番組「NEWS23」(10月5日)の「多事争論」で、安倍首相に対する、まったく時代錯誤の解説をしていた。以下の通りであった。
「・・・歴史を学ぶことの意味は、まさにそこにあるわけですが、歴史からしばしば間違った教訓を引き出すこともあります。そして、ノド元過ぎれば熱さを忘れるという諺がある通り、人間というのは、そんなに賢くなくて、また、同じ過ちを繰り返す。戦争を何度も人類が繰り返しているのも、その表れだろうと思います。戦後体制からの脱却ということを安倍さんは掲げているわけでありますけれども、その戦後体制からの脱却ということが、『新しい戦前』に入っていくという、そういうことにならないように、少年時代を戦争一色で過ごしてきた人間として祈るばかりであります」
◆羹に懲りて膾を吹くとは、こういうことなのかも知れない。これでは安倍首相が、いかにも、日本を戦争に導こうとしているかのような印象に囚われる。そもそも帝国主義・植民地主義時代の戦前に回帰するかのような言い方は、歴史認識としても正しくはない。安倍首相に対して悪意と偏見に満ちている発言である。もしも安倍首相に対して、危惧を感じているのなら、いっそ、「日本一国平和主義」を明確に打ち出すべきであろう。
◆日本が国連安保理事会常任理事国入りすることに反対し、国際平和維持活動は、常任理事国(米・英・仏・中・ロ)に任せ、かつ、韓国から国連事務総長を輩出した場合、韓国陸軍の精強なる「猛虎師団」に頼り、地球上のあらゆる地域に出兵してもらうよう、筑紫キャスターに積極的に提唱してもらおうではないか。「日本からは、1人たりとも、青年を派兵してはならない。世界平和のために、『血』を流すのは、東アジア地域では、中国と韓国のよく訓練された青年たちでよい」と。
コメント

筑紫哲也キャスターが、山本モナ休養の理由を説明しなかったのは保身か?

2006年10月05日 11時04分26秒 | マスコミ批判
TBS番組「ニュース23」の筑紫哲也キャスターが、3日夜の番組のなかで、フリーアナウンサー「山本モナ」が「体調不良」で休養したことについて、一言も触れなかった。
山本アナが民主党の細田豪志議員との不倫現場の写真を写真週刊誌「フライデー」に撮られたのが原因で、休養しているのは明らかにもかかわらず゛、筑紫キャスターがその理由を説明しなかったのは、「報道」にかかわるジャーナリストとしては不誠実であり、職務怠慢である。
コメンテーター勝谷誠彦も、別の番組で同趣旨のことを発言していた。
TBSは10月から、元NHKアナの勝場貴子キャスターと山本モナを起用して「ニュース23」をリニューアルしたばかりなのに、「不倫騒動」を起こしてしまった。そのことを率直に説明すれば、視聴者の多くは「あっそうか」と軽く受け流したかもしれなかった。筑紫キャスターの「保身」とも思える態度が、かえって視聴者の反感を増幅している。
コメント (1)   トラックバック (2)

朝日新聞は「正しい歴史意認識」とは何かをはっきりと模範解答を示すべきだ

2006年10月03日 23時07分37秒 | マスコミ批判
◆「バカの一つ覚え」という言葉がぴったりなのが、朝日新聞を初めとする新聞各紙である。朝日新聞は10月3日付朝刊で安倍首相の「歴史認識」を追及し、「もう一歩踏み出しては」と注文をつけている。「歴史認識」というのは戦いに勝った側が「正史」を著し、敗者を「極悪人」として扱うのが習いであり、「官軍」が「正義」敗軍は、どこまで行っても「悪」の汚名を受け続ける。
◆帝国主義戦争、植民地主義戦争は、現代においてもなお続行中であり、「アメリカ帝国主義」を「正義」とする歴史観に立てば、敗戦国、日本は「悪」のレッテルを貼られ続ける。中国は、欧米列強の「えじき」となり、韓国はアメリカの意向を受けた大日本帝国に支配された。ソ連は、満州に侵攻し、ドサクサにまぎれて、北朝鮮に上陸して「奇形国家」を作り、いまは放置している。ソ連の「ヨーロッパの解放」は、スターリニズムによる「社会主義帝国主義」と同意語であり、満州も「ツアーリズム」の復活であった。いずれも「帝国主義」であることに違いはない。
◆朝日新聞は戦後生まれの安倍首相に対して、いかなる「歴史認識」を求めているのか?まずは模範解答を示してはどうか?
◆中国が求めている「正しい歴史認識」とは、一旦放棄した賠償金に見合う「カネをよこすべきだ」というものであり、韓国が求める「正しい歴史認識」とは「日韓併合の無効」と「日韓基本条約の不等性」であり、日本がこれを認めて天下に公表すべきであるということである。
◆朝日新聞はじめ新聞各紙が模範解答として、これらのことを明記しなければ、中国、韓国からは「誤答」として痛烈なる批判を浴びるであろう。
◆かつて、日本が国際社会に復帰する際、朝日新聞は、ソ連などを含めて「全面講和」を求め、吉田茂首相が進めようとしたアメリカ、英国などとの「単独講和」に猛烈に反対した経緯がある。
◆今日「前面講和」が間違いであったことが歴史的事実として定着している。「歴史認識」云々は、あの「前面講和」でもめた時と相似している。「言葉遊び」により、大事な外交を妨害すべきではない。バカもほどほどにしてほしい。
◆中国、韓国も日本に「金 」を要求していることをはっきりと国民に訴えるのが新聞の役目である。裁判でも同様だが、「誠意」とは「金銭」の謂であることを忘れるべきではない。
コメント (2)

岩見隆夫氏の「時事放談」(TBS番組)は、「放談」とは名ばかりの単なる「インタビュー番組」なのか?

2006年10月01日 18時15分22秒 | マスコミ批判
◆「時事放談」と言えば、日本経済新聞社長だった小汀利得さんが、対談相手とした朝日新聞出身の政治評論家・細川隆元さん明治大学教授で政治評論家の藤原弘達さんらとの丁々発止のやりとりが、いまでも懐かしい。小汀さんが好物の饅頭や和菓子をほうばりながら、「なんてたってね」と持論を展開したり、時事解説したりしていた姿が思い出される。細川さんの歯に衣着せない発言や藤原さんの「創価学会・公明党批判」も痛快だった。まさしく、「時事放談」だった。毎週日曜日朝の8時台という時間帯も大変良かった。(いまは、午前6時から45分で早起きの人しか視聴できない)。
◆ところが、岩見氏は、大きなテーブルの向こうにいる豪華なゲストに対して、単なる質問をしているにすぎない。自分の意見を述べるわけでもなく、ゲストに意見や感想、時局の見通しなどを聞いているだけである。これでは、とても「時事放談」とは言い難い。単なる司会者に終始していて、ちっとも面白くはない。
◆そればかりではない。ゲストが、自分好みの政治家や学者、作家などに特定されているうえに、丁丁発止のやりとり、「放談」にもなっていない。中曽根康弘元首相、読売新聞社の渡辺恒雄会長・主筆、森喜朗元首相、野中広務元自治相、瀬戸内寂聴さんら、ゲストの豪華さのみで、虚仮脅そうという企みだけが、鼻につく。
◆しかも、「創価学会・公明党批判」が、少しも聞かれないのには、不可解である。何かワケがあるのであろうか。岩見氏の政治評論も聞かれないのならば、いっそのこと、番組名を「時事インタビュー」に改題してはどうか?
コメント

田原総一朗の「朝生テレビ」は、マンネリ化していて、賞味期限切れで面白くない!

2006年09月30日 18時49分16秒 | マスコミ批判
◆テレビ朝日の「朝生テレビ」(9月30日)を見た。安倍政権が誕生し、首相か初めて所信表明したのを受けての番組であった。司会者の田原総一朗氏が、「日本が行なった太平洋戦争は、自衛の戦争、満州事変以降の中国大陸から東南アジアにかけての戦争は、侵略戦争」と相変わらず、自分の戦争観を振り回して、「歴史認識」をめぐる「思想チェック」を行なっていたのには、「またか」と、ウンザリさせられた。
◆明治維新を境に、日本は、欧米列強との「帝国主義・植民地主義戦争」に参加したのであって、日清・日露戦争を含めて、「民族の存亡」を賭けて、戦争に突入したのである。それは、自衛戦争であり、かつ、侵略戦争でもあり、区別はできない。「203高地」は、帝政ロシアとの戦いであったが、中国大陸に出かけての戦争だった。中国人や朝鮮人がもっとしっかりして自国を防衛していれば、日本が帝政ロシアの「南下政策」を防ぐために、出兵することはなかった。朝鮮人が、一つにまとまってさえ入れば、アメリカのタフト国務長官(フィリピン総督、後のアメリカ大統領)の要請を受けて、桂太郎総理大臣が、「日韓併合の密約」をして、韓国を統治する必要もなかったのである。
◆盧武鉉大統領は、日本に「正しい歴史認識」を求めて、「日韓併合条約の無効」を求め、そのうえ、「日韓基本条約の不平等性」を日本に認識させようとしている。盧武鉉大統領の言う「歴史認識」に、小泉前首相が応じないのを理由に「日韓首脳会談」を拒否してきたが、こんなことをいつまでも理由にするのなら、安倍首相は盧武鉉大統領との日韓首脳会談に応ずる必要はない。また、首脳会談のための会談というのであれば、韓国側は、無意味な会談には、失望するだけであろう。
◆中国・北京政府との関係も、同様である。中国が「靖国神社参拝反対」を執拗に言い続ける真の目的、すなわち、何を欲しがっているのかとという背景説明をしないで、日本の指導者を悪し様に言い、批判を続ける日本のマスコミは低レベルにすぎる。「朝生テレビ」も、この域を出ず、「マンネリ化」していて、面白くない。もうそろそろ賞味期限切れだ。今朝もまた、不眠症と虚しさだけが残った。
コメント