「第2の日本」北朝鮮で、「富士山血脈派」(母系)が、朝鮮人の血が濃い「白頭山血脈派」(母系)の大粛清を断行中だ

2017年02月21日 02時46分12秒 | 政治
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「第2の日本」北朝鮮で、「富士山血脈派」(母系)が、朝鮮人の血が濃い「白頭山血脈派」(母系)の大粛清を断行中だ

◆〔特別情報1〕
 「第2の日本」北朝鮮では現在、日本人の血を引いている「富士山血脈派」(母系)が、朝鮮人の血が濃い「白頭山血脈派」(母系)の大粛清を断行中だ。マレーシアのクアラルンプールで暗殺された金正男氏は、「富士山血脈派」(母系)の刺客によって暗殺されたのである。中国北京政府の公安部隊が保護していたはずだったのに、暗殺させた。(ただし、金正男氏は、女性2人に襲われた後、飛行場のカウンターまで歩いて行った後、救急車で運ばれたと報じられているけれど、死亡は確認されていない)次のターゲットは、言うまでもなく金正男氏の息子・金ハンソル氏(現在21歳、頭が良くて天才と言われ、現在行方不明)である。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

平成29年2月25日 (土)12時30分~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」不老・蓬莱
参加費 5,000円


第20回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』
日時2017年2月25日(土)17時00分~20時30分
「日本民族のルーツを探る」~黄金の国ジパングの秘密
天孫人種と所祭神
天孫族~大隈國天孫と鹿兒神、内山田神、筒之男神より
第二 内山田神 ①宮趾と天降神話発生の原所 ②大隈國號の原所③火火出見尊の山陵




第63回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成29年3月4日 (土)
「トランプ政権の本質」
~徳川家康を模範とするキッシンジャー博士の忍者外交


平成29年3月18日 (土)12時30分~16時
第34回【衆議院議員 小沢一郎先生を支持する会『矢部マリ子記念 一由倶楽部 鉄板会』】
場所 都内某所(お申込みを頂いた方のみご連絡申し上げます)
参加費 5,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド


911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド

※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈上〉 第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈下〉 第二次世界大戦の目的は地球全部を含む「真の大ユダヤ国」の建設
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


「四王天延孝著『猶太(ユダヤ)の思想及運動』上・下」
四王天延孝著・板垣英憲監修
書泉グランデにて発売中


『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
ク板垣英憲
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

1月開催の「第61回 板垣英憲『情報局』勉強会」
「米ドナルド・トランプ大統領誕生! 世界を変える新秩序と新機軸」
(平成29年1月9日小石川「涵徳亭」)


その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】

企画のアイデアがたちまちのうちに50浮かんでくる本―ヒラメキで企画会議でトップになれる
クリエーター情報なし
東林出版社



『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本~ヒラメキで企画会議でトップになれる』(1998年8月26日刊)

目次

『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本~ヒラメキで企画会議でトップになれる』(1998年8月26日刊)
Part4 思いつきをラクラクとアイデアに高める
企画マンは獲物をねらう狩人である
企画のジャンルがどのようなものか明確にする


 これから立てる企画はどんなジャンルに属するのか。
 「多くの人々を楽しませ、喜ばせたい」という心の中の思いを達成したい、そのために企画を立てるという目的がかなりはっきりしてきたとしよう。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

板垣英憲マスコミ事務所


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ご案内】2月25日(土)「... | トップ | 「民進党と決別して、小沢一... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「司馬遷の史記は偽書」 (檀帝)
2017-02-22 01:35:17

「史记」卷四十七孔子世家、孔生魯昌平陬邑其先宋人也....「索隐」孔子宋微子之后宋让公生弗父何

孔子は「論語」で諸侯に教えるの「ひたすら(夷狄:東夷)の道を持って教えた」としており、「前漢書」では、文化が発達した古朝鮮の土地を憧れて「朝鮮東夷は教化が行われていますが、中国では、教化が行われないため、非常に悲しいことである。だから、私は海を渡って(九夷:東夷)の地に行こうとする」とした。

「論語」公治長篇
「禮記」でも「(丘)は、(殷人)である」として孔子自身が殷人だと言っているので、孔子が東夷人だったにちがいない。

「禮記」卷七壇弓上、丘也殷人也

中國史學者である(林惠祥)とか、(傅斯年)のような人も東夷族が中国文化の創設者であると主張しており、(徐亮之)は、「殷周時代に東夷族が活動した地域は、実際に、今日の山東省、河北省、渤海沿岸、河南省の東南地域、江蘇省の西北地域、安徽省の中北地域、湖北省の東、そして遼東半島、韓半島など広大な地域が含まれている」と主張している。

日本學者の(吾鄕淸彦)も韓民族の中原支配を主張しながら、「古朝鮮が中原を支配したのは、決して不思議なことではない。司馬遷の「史記」は、古朝鮮が中原を支配した事実を隠すための歴史的な偽書であり、(漢)という名前も(韓)という名前で借りたもので不過である」と言った。

吾鄕淸彦「日本建國史」

別の日本學者(白柳秀湖)は、「全般的な中原文化を観察するに、(漢)国末期までの中原文化は東夷族のものであり、漢族は東夷文化を完全に克服していないし、このように中原を完全に支配することができなかった」と主張している

白柳秀湖「日本民族論」

史實が明明白白なのに不拘し、日本と韓国の賣國親日学者や事大主義史學者が朝鮮上古史を抹殺してしまったのだ。

逆算法(曆算法)も古朝鮮から
孔子は、春秋時代に多くの詩書を整理しながら(箕子)の(洪範九疇)を「(書經)」に收錄して、「(洪範九疇)」が古朝鮮の文化だったことを再確認してくれた。

中國史學者(徐亮之)は、曆算法が古朝鮮で創案されたものに違いないと認めて、「曆法は東夷から始まった。曆法を作った人は(羲)と(和)として東夷人である。(羲)と(和)は、殷、商系出の東夷人で、曆法を作ったのは少しも疑心する餘地がない」とした。

徐亮之「中國史前史話」造曆者羲和也系出東夷之殷商先公東夷造曆疑問

「(史記)」の三皇五帝篇と(尙書)の(洪範九疇)もこれを後押ししてくれている。

「尙書」洪範篇四五紀、一曰歲二曰月三曰日四曰星辰五曰曆數

(羲)と、和二人は堯の時に曆法を主管していた人々に、1年の周天を365度4分の1に見て、これを4シーズンと12ヶ月で手配して閏月まで計算出したのは驚くべき事実です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事