トランプ大統領は、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を軽はずみに手離したことを惜しむ

2017年02月17日 01時56分39秒 | 政治
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
トランプ大統領は、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を軽はずみに手離したことを惜しむ

◆〔特別情報1〕
 米国ドナルド・トランプ大統領は2月15日、イスラエルのネタニヤフ首相との共同記者会見で、13日に辞任したマイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)について「素晴らしい人物だが、偽メディアに不当に扱われた」と自ら辞任させたことを悔いるとともに、報道機関が辞任に追い込んだと批判した。それは、中東和平や北朝鮮の非核化に本格的に取り組まなくてはならない大事なときに、ロシアや北朝鮮情報を掴んでいたフリン前大統領補佐官を軽はずみに手離したことを惜しんでいるのだ。トランプ大統領は、自分がただの「操り人形」であることを忘れていたらしい。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

平成29年2月18日 (土)12時30分~16時
【衆議院議員 小沢一郎先生を支持する会『矢部マリ子記念 一由倶楽部 鉄板会』】
場所 都内某所(お申込みを頂いた方のみご連絡申し上げます)
参加費 5,000円


平成29年2月25日 (土)12時30分~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」不老・蓬莱
参加費 5,000円


第19回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』
日時2017年2月25日(土)17時00分~20時30分
「日本民族のルーツを探る」~黄金の国ジパングの秘密
天孫人種と所祭神
天孫族~大隈國天孫と鹿兒神、内山田神、筒之男神より
第二 内山田神 ①宮趾と天降神話発生の原所 ②大隈國號の原所③火火出見尊の山陵




第63回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成29年3月4日 (土)
「トランプ政権の本質」
~徳川家康を模範とするキッシンジャー博士の忍者外交


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド


911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド

※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈上〉 第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈下〉 第二次世界大戦の目的は地球全部を含む「真の大ユダヤ国」の建設
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


「四王天延孝著『猶太(ユダヤ)の思想及運動』上・下」
四王天延孝著・板垣英憲監修
書泉グランデにて発売中


『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
ク板垣英憲
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

1月開催の「第61回 板垣英憲『情報局』勉強会」
「米ドナルド・トランプ大統領誕生! 世界を変える新秩序と新機軸」
(平成29年1月9日小石川「涵徳亭」)


その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】

企画のアイデアがたちまちのうちに50浮かんでくる本―ヒラメキで企画会議でトップになれる
クリエーター情報なし
東林出版社



『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本~ヒラメキで企画会議でトップになれる』(1998年8月26日刊)

目次

『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本~ヒラメキで企画会議でトップになれる』(1998年8月26日刊)
Part3 アイデアを形にする、それが企画書づくり
ヒット商品が生まれるまで
Episode3/福祉ネットワーク池袋本町――高齢化社会に備えた在宅医療のニーズを先どり

              
 「ネットワークは安否などの確認による在宅老人・障害者のサポートと在宅医療支援の二つのシステムで成り立っています」

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

板垣英憲マスコミ事務所



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 金正男氏暗殺の背景には、何... | トップ | 自民党石原派事務総長の平沢... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「中原文化の建設者」 (檀帝)
2017-02-17 15:22:06
儒敎は孔子が集大成した事に、なっているが、「中庸」を見ると、孔子は堯、舜の教えを祖述し、文王と武王の法を明らかにしたもので示されている

「中庸」第三十章、仲尼祖述堯舜憲章文武上律天時下襲水土。
「論語」でも孔子が堯舜の教えを祖述しただけで、新しいものを作成することはなかったと述べている。

「論語」述而、子曰述而不作信而好古竊比於我老彭

次に、儒敎の創設者は、孔子ではなく、堯舜に見なければならならない。勿論孔子は堯舜の教えを體系的に整理し、弟子を育て、これを後世に広く傳播したという点で、孔子を儒敎の創設者であっても異議を提起することはできません。
司馬溫公は稽古錄で舜について、「有虞氏上」と「有虞氏下」二編で彼の偉大さについての詳細言及した。孔子も後世にいくら立派な人が出てくる場合でも、舜のような人が出てくることができないと最高の讚辭を惜しまなかった。

「稽古錄」卷四有虞氏下

すなわち、孔子は、舜賃金が自己よりもはるかに越等に高前無後無し大聖人であり、儒敎の創設者であることを認定している。孔子が最も愛した弟子(顔淵)も舜のような人になろうとしたことを見れば、三皇五帝のうち舜が最も厚德一人だったのだ。
これらの讚辭を調べるとき中國文化の創始者は、舜であったことがわかる。 「史記」によると、「舜は(冀州)人に(巓頊)の7代孫であり、東夷人である」とし、

「史記」卷一五帝本紀
孟子も「離婁章下」で「舜は東夷人である」と述べたのは、すでに言及している。
だけでなく、孔子も東夷人である。 「史記」の孔子世家は孔子が(魯)国の(昌平鄕)(陬)村で生まれたことをはじめ、彼の(世系)と一生について記錄している。また、彼は東夷國の最後の王である主(紂)の(庶兄)(宋微子)の子孫で東夷族と呼ばれることも分かっている。
フリン大統領補佐官解任の不利 (藤堂 旭)
2017-02-18 04:40:22
板垣先生 おはようございます🌞
いつも 良い記事を公開いただき感謝しております。

親露路線が 気にいるはずがないことや、1番の要所を狙われることは 火を見るより明らか。
やはり 黙って 見過ごすはずもないのに わざと 外したとしか思えません。
そこまで マヌケじゃないと思います。
しかし カオスな情勢、いったい どうするつもりでしょうか?
ケリをつける気があると 私は まだ思ってます。
『トランプ大統領は 大半の米国人の希望の星⭐️』だと 信じてます。
それにしても 落としては ならない砦を落としたみたいに、メデイアは一斉報道。
基本的に 信じませんね。
絶対、これは 錯乱戦法。煙幕の一種ですよ。
板垣先生の立場からしたら 見えてますか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事