感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

感染症と個室料金

2011-01-31 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
(医学部でこういった話は習うのでしょうか?) 前の記事で紹介した「国民の皆様の声」のフィードバックのなかに、流行ネタがありましたので紹介します。 ------------------------------------------------------------------- 質問: 家族が入院することになり、病院側より「新型インフルエンザの疑いありということで、隔離しないといけないので . . . 本文を読む
コメント (2)

厚生労働省にメールや電話で意見を伝えた、の結果

2011-01-31 | (ちょっと休憩)ほんとに休憩
感染症に限ったことではないですが、「個人でできることなんてあるの?」と思う方は少なくないですね。 最終的に行政の施策に反映するためには、その必要性が認知され、議会で予算が確保される必要があります。「これは問題じゃないか?」「こうしたほうがいいのではないか?」ということは、気づいた人にしかいえないことですので、メール等でおくりましょう。 住んでいる市や県のホームページから首長あてにおくることもで . . . 本文を読む

「日本の院内感染対策を考える」医学界新聞最新号

2011-01-31 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
医学界新聞の最新号に感染症関係の記事(^^)。 研修医や医学生の皆さんにもとてもわかりやすい、最近の事例を交えた内容です。 どの病院、どの診療科で働いても必須の知識・技術です。 特に、古い知識で持論を展開すると、チーム内で問題がおきます。最新情報のUpdateが重要。 座談会「日本の院内感染対策を考える」 MRSAについて。 森兼先生: 「国立感染症研究所の感染症発生動向調査では,MRSA . . . 本文を読む

Vaccine competition (サーバリックス vs ガーダシル)

2011-01-31 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
海外ではすでに不評な宣伝合戦や、表現内容が不適切だという指摘が話題になっています。 娘に接種をしないときめた親のあげる理由に「メーカーの過大な宣伝」などが入っていることも気になる点です。 米国では前のCDCのディレクターが退職後にそのままMerck社のワクチン部門プレジデントになり、関係者に不評だと聞いています。(日本でいうところの天下り) 各国の予防接種の制度にワクチンが組み込まれるかどう . . . 本文を読む

感受性セミナー1回目終了

2011-01-30 | Aoki Office
多摩地域の医療者を対象に、3回の連続講座として開催される薬剤感受性セミナーの1回目が昨日開催されました。 昨夜は、北は北海道大学、南は宮古島から参加者がありました。 かなりハードな内容ですが、1-3年目の医師が2割ほど参加しており、熱心な(寝ている人がいない!とMRさんたちがびっくりの)セミナーとなりました。 コンサルテーションを提供する医師・薬剤師・検査技師さんたちは学ぶ必要がありそうです . . . 本文を読む

英国におけるサーバリックス(HPVワクチン)の接種率 

2011-01-30 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
日本では4価のHPVワクチンは承認待ちの段階で、現在接種希望の人は、2価のHPVワクチン“サーバリックス”を接種することになります。 アメリカやカナダ、オーストラリア等の諸外国のデータの多くは4価のHPVワクチンですが、英国では無料の接種プログラムのワクチンとしてサーバリックスが採用されているので、まとまったデータとしてはイギリスのものをみるとよさそうです。 接種率を含む最新データの報告書が1 . . . 本文を読む
コメント (2)

ABCE 肝炎

2011-01-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
メディアではA型肝炎(千葉)、B型肝炎(訴訟の和解)、C型肝炎(静岡)と3つの肝炎が話題になっています。 ACBそれぞれ感染経路やパターン、必要な対策・限界が異なりますが、どれも症例がどんどん拡大していくようでは公衆衛生上の問題になりますので、臨床や地域においてもケアが必要になります。 保健所への報告のカテゴリーも異なっています。 行政での扱いも、食中毒がらみになると食品管理の専門部署が対応 . . . 本文を読む

広島の保育園での麻疹アウトブレイク

2011-01-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
保育園内で麻しんの集団感染という、とても怖いニュース。 0歳児を保育園に通わせている保護者にとっては恐怖・驚愕。 この事例で現在把握されている5症例は予防接種歴がないそうです。 1月28日 毎日新聞 地方版 行政ファイル:安芸区の保育園ではしかの集団感染 /広島 2次3次感染が問題になる感染症ですので、終息したのかどうかの確認が重要ですが、100名以上いる保育園児とその兄弟姉妹、家族、職員 . . . 本文を読む

日本のワクチンは、10年ビハインド

2011-01-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
UC Berkley, School of Public Health, Division of Infectious Diseases and Vaccinologyのライリー先生の講義最終日。 テーマは「Application of Molecular Epidemiologic methods」。 “Moleclar”をどうサーベイランスに位置づけるか?という総論、Genetic bas . . . 本文を読む

感染経路不明のC型肝炎のアウトブレイク

2011-01-28 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
"アウトブレイク"は「集団」(たくさん)ということばかりではなく、想定外、予想を超えて多い(本来ゼロであるべきなのに、1例発生!)という事象に使います。 病院内で、C型肝炎ウイルスが水平感染で広がっていくことは、あってはならない、おきないよな手立てを通常していますので、それが院内で疫学的リンクのある広がりをみせたらアウトブレイクです。 静岡の大学病院で、C型肝炎が院内感染「?」という記事があり . . . 本文を読む