感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

HIV感染症の勉強会(公開)

2007-05-31 | Aoki Office
「将来留学を考えているので必須と思っています」と若いドクターが語るのはHIV感染症。 もちろん国内でも重要です。感染症診療の原則でも結核や免疫不全などの各論のレクチャーでもHIV感染症は鑑別診断や治療のマネジメントで必ず検討されます。 「エイズ診療拠点病院」への紹介元はバラエティにとんでいます。 消化器内科(HBV感染だったので当然HIVを調べたらco-infectionだった) 皮膚科(梅毒 . . . 本文を読む

飛行機搭乗者に結核検診の勧め(XDR-TB)

2007-05-30 | Aoki Office
米国では1993年から2006年の間に49のXDR-TBの報告があるそうです。 今回XDR-TB症例が飛行機に乗っていたことがわかり、同じ飛行機に乗っていた検診対象者にアナウンスが出ています(1963年以来とのこと)。 Air France 385 (Atlanta to Paris, May 13) Czech Air 0104 (Prague to Montreal, May 24) W . . . 本文を読む

やっぱり麻疹輸出 ; 修学旅行生がカナダにもちこみ

2007-05-30 | Aoki Office
写真は昨夜、飯田橋のフレンチ「ル・ロワジール」での一枚。米国から帰国中の本田仁先生を囲んでの楽しい夜でした。 本田先生はハワイ大学での研修を終え、まもなく“ワシントンマニュアル”で有名なワシントン大学の感染症フェロープログラムに入られます(5名いるフェローのうち外国人は本田先生一人だけ)。 これから留学を志す若いドクターを励ますようなお話をたくさんしてくださいました。 ところで、日本の麻疹の騒ぎ . . . 本文を読む
コメント (2)

「最強ください」

2007-05-30 | Aoki Office
朝日新聞社が出している「AERA」は東京では月曜日、その他の地域でも火曜日にお店にでまわります。 今週号に「子どもに薬が効かない-抗生物質乱用の代償」という記事があります。 子どもを生み育てる世代がターゲットですので、病院に子どもを連れてくる親の中が読者層といえるでしょう。 ある日受診した読者が言うかもしれません、「先生、最初から最強ください」。 記事の前半部分を紹介しましょう。(“ ”は掲載文 . . . 本文を読む
コメント (3)

河北総合病院に出かけてきました

2007-05-30 | 青木語録
いくつか定期的に感染症カンファレンスにでかけている病院のひとつです。JR中央線の阿佐ヶ谷駅から歩いていきます。 今年は20名近い研修医が入ったとのことで初回講義はもう入れませんというくらいにカンファレンスルームにたくさんのひとが集まってくださいました。 検査室の方などにもご参加いただきありがとうございました。 新人研修医の顔写真入りリストをご用意いただきましたが、毎年この写真リストは半年たつと面変 . . . 本文を読む

ぎりぎりセーフ

2007-05-29 | 青木語録
母校が麻疹で学校閉鎖になったというニュースを聞いたあとに、地元で麻疹が流行っていると知りました(実は)。 早速予約をし近くのクリニックでこどもがワクチンをうった2日後に、なんと学校の仲良しさんが麻疹になったそうです。ギリギリセーフでした。 ダブルブッキングのニアミスや忘れ物症候群などギリギリな毎日ですが、今回もギリギリセーフというところでした。 ケーキは高田馬場駅近くのコットンクラブのもの。 . . . 本文を読む
コメント (2)

中国から米国に1年かけて届いたもの

2007-05-28 | Aoki Office
将来皆さんが国際的な仕事や、海外との共同研究などをされると、各国での感染症関連の決めごとの違いや研究者の考え方・温度差に気づかれると思います。 今回紹介するニュースは現在監視が続けられているH5N1の中国のサンプルが1年かけてやっとWHOのラボに届いたというものです。 世界の協力体制が建前としてあるものの、ワクチン開発がからんだり、その他イロイロややこしい話もあるようです。 http://www . . . 本文を読む

グルメ情報はナースに聞く

2007-05-28 | (ちょっと休憩)B級グルメ道
外食をするときはなるべく事前リサーチをします。もっとも確かなのは地元のナースのグルメ情報です。今日は青木編集長がお世話になっている(た)美人ナース2名がお勧めの新宿のお店2店を紹介しましょう。 まず元・T医大ナースご紹介。 「香港烤臘(ほんこんかおらー)」 ※写真のお店です 歌舞伎町1番街のアーケード入って15Mくらいの右側です。大久保病院の帰りに立ち寄ったタイ料理(Bangko . . . 本文を読む

誰の希望か「陰圧テント」

2007-05-27 | Aoki Office
実際に感染症の患者さんの診療・ケアを行うのは病院です。 その病院には「これこれこのようにしていただきたい」という依頼(要求)がきます。必ずしもProfessionalが考えたものではないため、ナンデダローと思うものによく出会います。 現在、いくつかの病院は○○指定病院、災害拠点病院などいくつもの役割を複数抱えていて、いっときに問題が複数発生したらどうなるのかということは誰も想定していなさそうです . . . 本文を読む
コメント (1)

集団発生事例に学ぶ『アウトブレイクの危機管理』

2007-05-27 | Aoki Office
ネットのニュースにはあちこちの学校が閉鎖や休校という記事があふれています。感染症を勉強する皆さんはこれをどうみていますか? 先日、高田馬場駅近くに出かけたら、大学が休みだから「ラッキー!」とグループで遊びにでかける集団にいくつも出会いました。 「学校内」ではコンタクトをしていませんが、学外では(ときに)より密に、さらに行動範囲を広げて移動をしているわけです。 麻疹でそこまで行動制限がいるのかといわ . . . 本文を読む