感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

Can't Catchup

2018-11-22 | 青木語録
編集長の嬉しい悲鳴です。 この2週間で3冊も教え子から献本されました! 内容は編集長が帰国した頃には考えもしなかった素晴らしいもの! まさかこれ、暗に引退勧めてるのではないよな・・ . . . 本文を読む

2018年11月9日 第7回若手医師セミナー Q&A

2018-11-22 | Aoki Office
2018年11月9日 第7回若手医師セミナー Q&A 山本舜悟先生 担当部分 質問者 : 医師 小児科 50代 質問内容 : 新しく価格が高い薬を投与するのは、抗菌薬に限らず、出来高制であるのが、問題ではないでしょうか。薬だけでなく、画像や血液などの検査も同様ですが。 【回答】 ・はい。ご指摘のように,医師はもっとコスト意識を持った方がよいと思います。 質問者 : 薬剤師 30代 質問内 . . . 本文を読む

EBICグラム染色実技講習会 空席ができました

2018-11-18 | Aoki Office
ご依頼により以下を掲載致します。 /////////////////////////////////////////////////// 2018年11月24日(土)に開催予定の、 EBICグラム染色実技講習会は満席となっておりましたが、キャンセルがあり空席ができましたので、締切日を11月21日(水)15時に延長して、受付をさせて頂く事となりました。 ホームページからの申込みは締め切っており . . . 本文を読む

9価HPVワクチン接種 @キングクリニック

2018-11-14 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
編集部 クリニック訪問記(不定期)です! 最近見た目のエイジングを気にしている青木編集長ですが、実は一番下のお子さんはキュートなお嬢さま(о´∀`о)。 HPVワクチン接種のため、聖路加国際病院勤務時代つながりの近先生が院長をされているキングクリニックにでかけてきました。 こちらのクリニックは、(今でこそ増えましたが)グローバルに活躍する日本人、短期長期に在住の外国人の健康支援のパイオニ . . . 本文を読む

今夜です! 若手医師セミナー2018

2018-11-09 | Aoki Office
若手医師セミナー2018 第7回 演題1:初期研修医が知っておきたい上気道感染症診断 演題2:息切れのベーシック 演者1:山本 舜悟 先生 京都大学医学部附属病院 臨床研究教育・研修部 特定助教 演者2:金城 紀与史 先生 沖縄県立中部病院 総合内科 副部長 Q&A サポートドクター:小松 孝行 先生 順天堂大学医学部附属練馬病院 救急・集中治療科 助教 日時: 2018年11月9日(金 . . . 本文を読む

2018年10月19日 第6回若手医師セミナー Q&A

2018-10-25 | Aoki Office
四半世紀、変わらない「原則」のLectureをお聞き下さり、ありがとうございました。Q&Aを御紹介致します。 質問者 : 内科医師 60 歳台 お名前 : HM 質問内容 : 薬剤耐性菌について。 一般に、耐性菌と非耐性菌(Wild type)では、菌同士の強弱(優勢)や増殖能力は同じか、またはいずれが高いか? さらに、ヒトに対する病原性は抗菌薬が投与ない時、いずれが強毒性か? これは、各種菌腫 . . . 本文を読む

静岡薬剤耐性菌制御チームからの報告

2018-10-20 | Aoki Office
静岡薬剤耐性菌制御チームからの報告です。 薬剤耐性菌対策について、静岡県公式ホームページにupされました。 https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-420a/amr.html 静岡薬剤耐性菌制御チームで作成した外来での抗菌薬適正症の手引き(成人版)も載っております。 https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-420a/d . . . 本文を読む

EBIC研究会 最後のグラム染色実技講習会

2018-10-20 | Aoki Office
EBIC研究会より11月24日(土) に行われるグラム染色実技講習会開催のお知らせです。 EBIC研究会主催では最後のグラム染色実技講習会になります。 残数わずかとなりましたが、まだ間に合います。 グラム染色を実習してみたい方、いろいろなグラム染色症例を鏡検してみたい方は是非ご参加ください。スタッフが丁寧にご指導します。 内 容:・グラム染色の手技を会得する(希望者はグラム染色実習もできます . . . 本文を読む

若セミ 感染症診療の原則とOne Health

2018-10-20 | 青木語録
OfficialなQ&Aは、また後ほど掲載致しますが、今回視聴者の方、ASPの領域を更に広げるOne Healthに関するコメントも頂きました。やはり動物たちの領域も巻き込まなければ・・と改めて思いました。群馬のH先生、奥様、そして猫’sの皆様、ご視聴、ありがとうございました!! . . . 本文を読む

症例から考える、日常診療におけるHIV感染症の早期診断 Q&A

2018-10-17 | Aoki Office
Q1. 医療者が早期診断をする事が重要であるとともに、高リスクの方をどのように検査に結びつけるかも重要だと思いますが、それについてはどういった取り組みがなされているのでしょうか? A1. 日本において最もリスクが高いのは男性同性間性交渉を行う方々であり、ここを対象とした啓蒙・検査キャンペーンは、メンバーに当事者を含む厚労省研究班などを中心に、検査イベントやコミュニティスペースでの啓蒙、スマートフ . . . 本文を読む