感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

めちゃうま!

2006-12-31 | 青木語録
いよいよ、大晦日でございます。皆様、お元気でしょうか? 自分は家族が帰省しており、ひとりでお昼を頂きました。タイトルにありますように「めちゃうま!」というキャッチで人目を引く麺類です。まあ、「めちゃ。。。」と言うほどの味ではありませんでしたが、3分で完成するので「めちゃ簡単」ではありました。 皆さん、年末・年始、お食事だけは大切に手抜きせずにお過ごし下さい。 . . . 本文を読む
コメント (2)

This bud's for you

2006-12-30 | 青木語録
皆様、2006年も残すところ24時間と少しになりました。お友達宅やご実家でくつろいで居られる方も多いと思います。良い時間をお過ごし下さい。但し、飲み過ぎにはご注意を。ちなみに写真の後方にあるものと自分とはなんの関係もございません。 This bud's for you . . . 本文を読む

総勢?名

2006-12-29 | 青木語録
昨晩はお集まり下さりありがとうございました。改めてお礼申しあげます。 ここに写っておられないB病院のN先生、S精機のM会長、インド料理研究家のH氏などを含めておよそ31名だったと記憶しております。お招きしたかった千葉のA病院、K病院の先生がた、更に都立K病院の研修医の先生がたは近い将来、是非おいで頂きますからお待ち下さい。何しろ自宅に30人以上お招きすると空間的にも食料供給体制にも問題をきたしま . . . 本文を読む
コメント (2)

Joke

2006-12-29 | 青木語録
昨晩は久しぶりにサクラ精機の松本会長も来られました。上野先生などBig nameが居て、若い研修医達も最初は緊張気味でしたが、すぐうち解けていました。イギリスから来られたB先生もキングスイングリッシュでジョークを交わしていました。 . . . 本文を読む

Skypeの時代

2006-12-29 | 青木語録
昨晩は総勢31名のPartyで盛り上がりましたが、特に好評であったのがSkypeを使用してのスタイン先生とのテレビ電話でした。フロリダのスタイン先生とリアルタイムで挨拶を交わしたF先生、始め研修医の先生がたがテレビ電話の初体験をされました。「これが全て無料とは、、、。国際電話の会社はあがったりですね」とは参加者の評。 . . . 本文を読む

年末モード&お疲れ様会

2006-12-29 | 青木語録
世の中は年末モードですね。みなさん無事に年越しとなりますように。 このブログもデザインを変える準備中です。 昨夜は久々に自宅での集まりを開きました。土浦や名古屋からかけつけてくださったひともいれば、いまロンドンにいます、というかたが参加してくださいました。会場の面積の関係や仕事の関係で参加できなかった方にもまた声をかけたいとおもいます。 「4月から○○病院にいきます」情報をきくと、時間のたつのは . . . 本文を読む
コメント (4)

伝統の「古謝そば」

2006-12-26 | (ちょっと休憩)B級グルメ道
寒い季節はから~いタンタン麺が恋しくなりますね。先日も池袋の光麺で焦がしタンタン麺をたべました(ちなみにダイエット中ですが)。 今回宮古では有名な「古謝そば」をいただきました。軟骨入りでゼラチンたっぷりです。取り寄せもできるみたいです。 http://motto-okinawa.com/kojasoba.html 最近は都内でもこんなお店が・・ http://www.washita.co.jp/i . . . 本文を読む

1月ー3月の講義予定です

2006-12-25 | Aoki Office
(ブログ編集部です)地方での講義の予定を教えてほしいというメールが多いため、定期的にご紹介させていただいております。年内最後のアナウンスです。 (写真は宮古島のお酒のオツマミ) ************************** 1月11日小倉記念病院(院内) 1月12日福岡大学     第16回七隈臨床感染症研究会(市医師会共催)     18:15~タカクラホテル福岡 TEL 731-166 . . . 本文を読む

森先生@県立宮古病院

2006-12-24 | 青木語録
今回の県立宮古病院での講義の準備をしてくださった森先生と一緒にビーチで写真をとらせていただきました。ご多忙にも関わらず東京に戻る飛行機の前の時間、宮古島を案内していただきました。何から何までありがとうございました。 宮古時代を思い出して。。。。。 沖縄に行く前は青森の大学にいました。その気候の違いもさることながら、高齢の方の話し言葉を理解するのにはどちらも苦労をしました。理解というよりは地元出身 . . . 本文を読む
コメント (1)

遠藤先生とその仲間たち

2006-12-23 | 青木語録
遠藤先生は先日東京で開かれた日本エイズ学会でも沖縄での体制について発表されていましたが、院内感染からHIV診療体制整備まで沖縄の感染管理の中心といえる遠藤和郎先生とその元気な仲間たちにも今回お会いすることができました。 遠藤先生が育てた医師やスタッフが各地で活躍をされています。ときどき講演会や学会場で関係の方に声をかけていただくことがあります。うれしいネットワークのひとつです。 医学界新聞「感染 . . . 本文を読む