感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

6/4(月) 「プライマリーケアと寄生虫~一般臨床医・感染症医が知っておくべき寄生虫症」

2012-05-31 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
相野田先生がアナウンスしてた寄生虫の会。いえ、寄生虫の勉強会。 事前学習はこちら。 目黒にある寄生虫館  トップページがかっこよくなっています! 寄生虫「萌え」な方にはこちらのParasite Museumもおすすめです。写真ギャラリーもあります。 予習に最適な国立感染症研究所/厚生労働省の病原微生物検出情報(通称IASRあいえーえすあーる)。 そして、、、次に報告するのはあなたかも! . . . 本文を読む

タイでで議論されているHPVワクチン(子宮頸がん関連)

2012-05-31 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
「水ぼうそう」と「おたふく」という、長年小児科医らが定期接種化を求めていたワクチンよりも、まだデータが不足したり、プロセス不備なHPVワクチンの方が公費支援枠においても優遇されているのは、世界の専門家からみたらドヒャーーーーーーな状況なのであります。 B型肝炎ワクチンにいたっては、1992年にWHOがすべての国の子どもに・・・といっているのに、 国内にキャリアも多いのに、 周辺国は大流行国が多い . . . 本文を読む

【受付中です】 第2回 亀田総合病院 腫瘍内科セミナー

2012-05-30 | Aoki Office
亀田の腫瘍内科が小規模セミナーを開催します。 日本でオンコロジストを育てるべく、米国から帰国した大山先生はじめ、スタッフやチームの皆様と交流しながら楽しく学びます♪ ----------------------------------------------- 第2回 亀田総合病院 腫瘍内科セミナーのお知らせ 「これからの腫瘍内科の話をしよう!」 みなさん初めまして。 千葉県の南の果て、 . . . 本文を読む

【 本日受付開始 】 第13回 KIDS 感染症に興味を持つ医療従事者のための京都感染症セミナー

2012-05-30 | 公開講義情報
藤田先生とのご縁ででかけている、京都KIDS(Kがだぶりますが・・・)。6月28日に予定されています。 参加希望の方はメールでお申し込みください。 ご多忙な先生自ら事務的なことを引き受けていただいておりますので、ガイダンスどおりにどうぞよろしくお願いいたします。 (毎回満席となっていますので参加希望の方はお早めにお申し込みください) 最近は感染症コンシャス度の高い薬剤師さんの参加も増えている . . . 本文を読む

6/6(水) 飯田橋 『薬剤師の為のベッドサイドティーチング』

2012-05-30 | 薬剤師さんLOVE
今年もいよいよはじまります!薬剤師の皆さまのご参加お待ちしております。 2つ注意事項があります。 まず会場です。ベルサールはベルサールですが、「神田」じゃなくって、ベルサール「飯田橋」 になりましたので、会場をお間違えなく。 もうひとつ。この季節は温度調整が難しく、クーラーが強めになりがちなので、寒さに弱い方は一枚はおるものをもってきてください。 ステキなお弁当などは出ませんので(そういうも . . . 本文を読む

長野県にでかけます 浅間と駒ヶ根

2012-05-30 | Aoki Office
明日は、駒込病院で、朝レクチャー→外来→佐久にむかいます。 浅間総合病院で夕方から講義です。 いつも、近くの病院の研修医や開業の先生にもご参加いただいています。 そしてその夜は佐久にステイして、翌日は駒ヶ根というところに移動をします。 長野県はたいへん広くて、東京人としては移動のツボ(電車の走っているところ、道路のあるところ)がよくわからないため、 「助けてください~」と救援をもとめたとこ . . . 本文を読む

コクラン、を学ぶ (して、いかに)

2012-05-29 | (ちょっと休憩)ほんとに休憩
皆さんが、EBMをどのように学ぶのか、地域や大学、友人のネットワークによって異なるのだと思います。 コクランレビューはいかがでしょうか。 世界各地で小さなセミナーは開催されているようですが、日本でどのような仕組みになっているのかは実はよく知りません。 検索をしたところ、East Asian Cochrane Alliance http://eaca.cochrane.org/welcomeと . . . 本文を読む

「福島を元気に 福島から元気を」

2012-05-29 | Aoki Office
災害直後の「急性期」には、外部の支援者や医療ニーズが大きいこともありますが、ある時期からは、回復や維持に向けた公衆衛生の時期にはいっていきます。また外部の短期支援者から、その地域の人たちへとハンドオーバーされていきます。 残念ながら、その頃、社会の関心は(他にもいろいろな事件や災害はおこるので)薄れていきます。 直接そこへ行けなくても、関心を持ち続けることからはじまるものもあります。 7月に . . . 本文を読む

会議で懐疑

2012-05-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
5月23日(水)の予防接種部会の後の動きについて、あまり情報がありませんが、 会議に参加した人、会議の様子を把握してコメントしている方の情報を見渡してみました。 先に ■Blog「新小児科医のつぶやき」 2012-05-25 定期予防接種を巡る即興劇 http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20120525 を読んでから、元記事の ■ロハスメディカル 「第22回予防 . . . 本文を読む

~教育病院における臨床研究プログラム~ について学ぶセミナー、他

2012-05-28 | Aoki Office
初学者が臨床疫学を学べるセミナーは、そう多くなく、聖ルカ・ライフサイエンス研究所の合宿セミナーはすぐに満員になっていまいます。 聖ルカ・ライフサイエンス研究所では他にも定期的開催しているセミナーがあります。 現在Openになっているのは下記のリンクでご確認ください。 http://sllsi.luke.or.jp/seminar.html 第3回「Clinical Reasoning Wo . . . 本文を読む