感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

ご存命

2006-06-30 | 青木語録
先日聞いた話です。海の近く、某県K病院に感染症を勉強したいという学生さんが訪れました。その学生さんは自分の書いた本を手にしていたそうです。 K病院のスタッフと語らう中で学生さんがこういいました。 「この本の著者はご存命でしょうか?」 ・・・一瞬静まりかえるカンファレンスルーム。続く爆笑。 まだがんばっております。がんばります。 (写真はダーハさんからいただきました) . . . 本文を読む
コメント (3)

FETP-J初期導入コース(後期)

2006-06-28 | Aoki Office
コバヤシ先生に教えていただいた外部に公開されているFETPの初期導入コース後期プログラムが発表されました。期間は7月24日から8月11日で、一部は日本語。参加を希望する日を記載しファックスで申し込むようになっています。無料です。 国立感染症研究所(FETP-J) http://idsc.nih.go.jp/fetpj/index.html 日本では専門家が不足。参考までに・・・ WHOのFETP . . . 本文を読む

Google Earth

2006-06-28 | (ちょっと休憩)ほんとに休憩
気分転換シリーズをつくりました。最近このグーグルアースにこっています。 衛星からの画像を拡大していくと人や車まで見え、また立体的にもなるのでオドロキです。昔住んでいたケンタッキーの家のガレージまでよく見えました。 残念ながら万里の長城やエジプトのスフィンクスはまだ発見できていません。 (逃避モードのときは危険です。はまります。) http://earth.google.com/ (写真はある日の息 . . . 本文を読む
コメント (4)

第4回 若手医師セミナー(抗菌薬Overview1)

2006-06-27 | Aoki Office
セミナー事務局です。来週になりました。お問い合わせも増えていますので再掲載いたします。 /////////////////////////////////////////// 第4回 若手医師セミナー 日時:平成18年7月8日(土)17:30~20:30 場所:飯田橋レインボービル(飯田橋駅から徒歩5分)TEL 03-3260-4791 (広い会場を手配できました。余裕を持って座って頂けると思いま . . . 本文を読む

近江に行ってきました

2006-06-27 | 青木語録
近江八幡市民病院の院内研修会をお手伝いしてきました。 多職種の方にご参加いただきました。ありがとうございました。 先日教えてもらったことなのですが、この病院は全国初の本格的PFI事業を取り入れた施設なのだそうです。「PFI事業」によって民間のサービスが公的な医療とどのように融合されていくのかということで注目されています。 http://pfi-omihachiman.co.jp/pfi/inde . . . 本文を読む
コメント (6)

症例検討会@石川県立中央病院

2006-06-27 | 青木語録
金沢での講演の後に研修医たちとの食事会があり、そのとき「明日症例検討会をやろう」という話になりました。突然きまったにもかかわらずみなさんの準備のおかげでよい時間となりました。 お昼過ぎの「特急しらさぎ」に乗り、次の目的地の滋賀に向かいました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

金沢に出かけてきました

2006-06-26 | 青木語録
昨日は金沢で内科学会の講演でした。若い医師がたくさん参加してくださり、話に力が入りました。夕方から石川県立中央病院の研修医達と楽しい食事の時を持ちました。この病院の研修医達も非常にモチベーションが高く教え甲斐のあるグループです。制度上、色々大変な事もあると思いますが、是非、北陸を代表する研修病院になっていただきたいと思います。 そのためには、腰を据えて研修医をまとめ、指導する卒後数年から10年目の . . . 本文を読む
コメント (5)

7/1 名古屋「Community-acquired MRSA with Case Report」

2006-06-25 | Aoki Office
名古屋でのセミナーが公開ということでブログに情報の掲載許可をいただきました。今回はMRSAの話です。お近くの方ぜひお出かけください。 //////////////////////////////// 日時:7月1日(土)  15:00~17:00 会場:中部労災病院 新棟2F講堂  名古屋市港区港明1-10-6  演題:「Community acquired MRSA with Case . . . 本文を読む

オリンピック・ゴールドメダリストのおじさん

2006-06-25 | 青木語録
シアトルでの日程も終わり空港へと向かう車の中。エチオピア出身の運転手さんがとてもフレンドリー。あれこれ語りあっていました。 「日本の有名なマラソンランナーを知っているかい?」 「誰だろう。ナオコ・タカハシかな?」 「自分の姪のライバルだね」 ・・なんと、1996年アトランタオリンピック金メダリストのFatuma Roba選手のオジサンの車に乗ったのでした(ちなみにこのときの3位は有森裕子選手でし . . . 本文を読む

再会

2006-06-24 | 青木語録
最後の日にシアトル留学中のドクターたちと会食をしました。 中部病院と聖路加国際病院の後輩の星先生とそのご友人の大蔵先生です。Pacific Placeの4階にあるメキシカンを堪能しながらも、いつのまにか症例検討がはじまっていました。責任をもっている患者さんのことが頭から離れないというのは臨床医の自然な姿だなといつも思います。米国ならではの効率の良い研修を受けて、はつらつとしているお二人の姿にこちら . . . 本文を読む