感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

生ワクチンによるポリオ症例(0歳児、東京都)

2011-05-31 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
生ワクチン(経口)を使用しつづけるかぎり、ワクチンでポリオを発症してしまう子どもはゼロになりません。 東京都でまた1例報告されたようです。 東京都 感染症週報19週 「急性灰白髄炎 1件 患者で、ワクチン由来株(ポリオウイルス3型)が検出された。年齢は5歳未満、推定感染地は国内、推定感染経路は経口感染であった。」 国立感染症研究所感染症情報センター 週報IDWR 19週では0歳児となっていま . . . 本文を読む

6/4 第10回東京感染症セミナー(TIS)

2011-05-31 | 公開講義情報
ご案内をいただきましたので紹介させていただきます(^^)。 聖路加式感染症カンファレンスのやり方を学べます。古川先生の講義も聞けます! -------------------------- 第10回東京感染症診療セミナー(TIS) 「感染症で困った症例の検討会」 日時:2011年6月4日(土) 15:30-18:30 会場:聖路加国際病院 旧館5階 会議室A ※ご注意! 会場の旧館は病院 . . . 本文を読む

4価 HPVワクチン「ガーダシル」承認へ

2011-05-30 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
本日開かれた厚生労働省の医薬品第2部会で、MSD(旧万有)のガーダシルが(やっとこさ)承認となりました。 ワクチンに関わる皆さんは、先に出ている2価のサーバリックス(GSK)とのちがいふくめて、説明するための情報整理をしておきましょう。 あとは値段がいくらになるか、ですね。 先日書いた記事 「ワクチンのお値段 Cervarix vs Gardasil」 まあ、この国際比較をみるかぎり、数百 . . . 本文を読む
コメント (2)

厚生労働省によるメールマガジン「感染症エクスプレス」

2011-05-30 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
これまで「メディア報道」→「一般の人が知る」→「外来で医療者が質問を受ける」というような情報構造がありました。 厚労省が課長の名前で「通知」を出して、自治体の管轄部署におくったものは、そのあと医師会や病院の事務方をうろうろうろうろ、うろうろうろうろうろうろ時間がかかって医局にまわってきて最前線の医師に届いたときには当該事案の期日ギリギリとか過去の話になっていた、というようなこともあります。 お . . . 本文を読む

ドイツの大規模O104アウトブレイクのレポート

2011-05-30 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
ドイツの病原性大腸菌での大アウトブレイク事例の報告がEurosuveillanceの最新号に速報で載っています。 生のトマトときゅうりへの注意喚起が行われています。 現在はまだ感染源や経路は特定されていないようですが。 野菜から大腸菌?と一般の方は思われるかもしれませんが、どこかの時点で汚染する可能性があります。 例えば、野菜を育てる畑のそばに牧場等があり、水が汚染されている、出荷のときに汚 . . . 本文を読む

ガイガーカウンター

2011-05-30 | (ちょっと休憩)ほんとに休憩
某月某日。 編集長「ガイガーカウンターはどこ製がいいのかな」 「なぬ。まさか買いたいとかいうのではないでしょうね?」 編集長「私が買ったらまずいかね?」 「品薄では手に入りません。何に使うんですか?」 編集長「いや、測ってみたくなってきたのだ」 「地引網的に測ってもだめです。No Assesment, No testです。それで何か Actionがかわるんですか?」 編集長「むむむ」 . . . 本文を読む

治療によるHIV感染拡大予防

2011-05-30 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
5月19日のNew England Journal of MedicineがAcute HIVの記事を掲載しています。 NEJMのブログ5月20日記事はこれに関連したパールが紹介されています。 予防をしない性行為(UPSI;Unprotected Sexual Intercourse)をしたり、針や注射器を共有することでHIVに感染すると、そのあとウイルスが急激にふえて「急性ウイルス血症」の状 . . . 本文を読む
コメント (1)

The fastest ever

2011-05-29 | 青木語録
最近、尿路感染症UTIで2度、謙虚になる機会を得ました。 その1:大きな血管のグラフト手術、1年後。発熱、血液培養陰性、しかしグラフト連結部にFluid collection。しかし、VCM開始前の血液もFluid collectionも培養陰性。VCMのTDMはバッチリ。のちに編集長は、血小板抑制剤・抗凝固剤長期服用中生体異物的血管保持者(なにか中国語みたい・・)は感染症がなくてもFluid . . . 本文を読む

unusualなO104の大規模アウトブレイク(ドイツ)

2011-05-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
ドイツでは病原性大腸菌O104の大規模アウトブレイクがおきており、WHO報告によると、把握されているだけで死亡は3例、ほかに276のHUS症例がいます。 全体の症例数はまだ把握されていませんが、数百のオーダーになること、女性が多いことなどがWHOの報告にあります。 一般に重症化するのは幼い子供や高齢者ですが、今回把握されている症例の86%は18歳以上で、女性が67%となっています。 一般紙で . . . 本文を読む

HBV遺伝子型検査 保険適用の話

2011-05-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
B型肝炎の流行パターンを知ることは公衆衛生の感染対策を考える上で重要ですし、どの型のHBVかを知ることは臨床医にとっても有用です。 ある時期から「欧米型」という成人でもキャリア化しやすいといわれるジェノタイプAが日本国内でも流行しています。 この5月にこの遺伝子型を知るための検査キットが保険適応となっていたそうですが、青木編集長知りませんでした。 参考:B型肝炎ウイルスゲノタイプ判定キット「 . . . 本文を読む