はるかのひとりごち。

のんびりと旅レポお届け中~。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みちのくぶらり旅その3:こっちも「元祖」

2006年11月26日 23時00分28秒 | たびろぐ東日本。

JR東北本線の一関駅前に、煌々と光る「うなぎ」の看板と、
「カツ丼」ののぼりのある料理屋さんがあります。和風レストラン「松竹」さん。
こちらののぼり、「カツ丼」の上に、うん??なにやら文字が見えますよ。


そう、こちらのカツ丼、ただのカツ丼ではなく「ソースカツ丼」なのです。
80年もの歴史のある、「元祖」ソースカツ丼なんだそうですよ。
なぜここのカツ丼がソースカツ丼になったかというと、
初代店主が、なんと卵が苦手だったそうで、
なんとか卵を使わずに作れるカツ丼はないかと、試行錯誤してできたのが、
この、ソースカツ丼なんだとか。

メニューには特に「ソース」の文字は謳われておらず、「カツ丼」と表記。
ちなみに、上カツ丼にはヒレカツが使われているとか。
そういえば、「元祖」やこのメニューで思い出したけど、
以前、福井で食べた「ヨーロッパ軒」のソースカツ丼も、
メニューには「カツ丼」のみの表示で、「元祖」なんですよね。
あちらは福井の元祖、こちらは一関の元祖、なんでしょうか。


もちろん、その名物「ソースカツ丼」を注文してみましたよ。
丼の蓋の隙間から、チラリと見えるカツと千切りキャベツ。
このね、蓋を開ける瞬間が楽しみなのね(笑)。


はいっ!出てきました!こちらが松竹さんの「ソースカツ丼」。
秘伝のソースの染みた、大きめの3枚のカツの下には、
たっぷりの千切りキャベツがごはんの上に敷き詰められています。
そういえば、福井のソースカツ丼にはキャベツは乗ってなかったなぁ。
さらにこのソース、ごはんにもかかっているんです。
あー、ソース好き(ここ参照)にはたまらないごはんだぁ~(笑)。


パン粉のきめ細やかさが、目で見てもはっきりとわかるくらいのサクサクの衣。
ソースが染みていても、ベタッとした感じがありません。
そして、肝心のカツですが、これ、お肉がすんごくウマいんですよ。
肉の甘みと旨味がしっかりと出ていて、そしてやわらかい。
ウスターソース&鶏がらスープの特製ソースとの、絶妙なコンビネーション。
個人的には、福井より一関に軍配!
また食べたい~!と思わせる、駅前の名物でありました。

あ、そうそう、「はっと亭」で【はっと】ではなくカツ丼を注文した理由
石越駅のすぐ近くにもうひとつ、「赤城亭」さんという食堂があるんですが、
そこのカツ丼も「ソースカツ丼」らしい、という情報を小耳に挟んでいたので、
もしかしてここいらはソースカツ丼の文化圏?と思ったからなのでした。
でも、予想を裏切って、出てきたのはシンプルな「煮カツ」。
でもでも、あれはあれでとってもウマかったので、大満足でした♪

コメント (20)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« みちのくぶらり旅その2:駅... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カツ丼連発 (あーさん。)
2006-11-27 08:53:40
なるほど。そういう理由があったのですね。こちらのソースカツ丼もサクサクで美味しそう!
山ノボラーの私にとってソースカツ丼は信州駒ヶ根市を連想します。そちらも一度お試しあれ!
このソースカツ丼なら (うっきい)
2006-11-27 10:43:30
食べてみたい!
そして、はっと亭のカツ丼も・・・。
ウスターソース&鶏がらスープの特製ソースってどんな感じ??うーん、羨ましい。
キャベツ、私的には必須ですん。
こういう事だったのですね (ルンバルンバ)
2006-11-27 16:35:29
はるかさんへ
前回のカツ丼のフリの答えがこちらなのですね。つまり「博多のラーメン屋にフラリと入り、とんこつラーメンが出てくるものだと思っていたら、しょうゆラーメンが出てきたが、それはそれで美味しかった」みたいな話なのですね(違うかなぁ?)。
以前のソースカツ丼といい、こちらのソースカツ丼といい、とても美味しそうです。以前の記事を見て、ソースカツ丼を食べてみたいと思っているのですが、なかなか遭遇できません。
それから僕も目玉焼きはソースです。妻はしょうゆなので、いつも言い合いになります(どっちだっていいのにね)。ちなみに天ぷらもソースです。ただ目玉焼きはウスターよりも中濃かとんかつが好きなのですが、天ぷらは断然ウスターなのです。大阪の串カツの感覚ですね。
餃子は千葉に引っ越したときにタレを醤油と酢とラー油を使って自分で調合しなくてはいけないことに驚いた覚えがあります。こちらは「餃子のタレ」が必ず置いてあります。それで「餃子のタレ」の方が味が一定していて好きです。
長くなってしまいましたが、続きを楽しみにしています。
残念! (山愚痴)
2006-11-27 18:25:28
駅前食堂ネタが連続、良いですね。
いや、一関の方は、料理屋さん。
一関には二度ばかり行きましたが、このお店に気付きませんでしたし、
ソースカツ丼も全く気付きませんでした。残念!
二度とも、駅弁を購入して、新幹線に飛び乗った次第です。
気付かなかった理由は、多分、酒の方に頭が行っていたのでしょう。
私の場合、その地方の地酒を買って帰るのも楽しみの一つなので、
食事処よりも酒屋さんばかり探していたような…(^_^;
何だか・・・ (nobu)
2006-11-27 20:23:00
これが「元祖ソースカツ丼」ですか~。
ウスターソースが香ってきそうな絵ですね(笑)
卵でとじたものしか食べたことありませんが、シャキシャキのキャベツとは文句無しに合うでしょうね。一度食べてみたい。

ちなみに私も「目玉焼きにはソース派」です。天ぷらにもかけちゃったりしますが
ソースを想像して・・・なんだか小鼻に汗が浮いてきました(笑)
あーさんさんへ。 (はるか)
2006-11-27 22:57:43
あ、駒ヶ根にもソースカツ丼があるんですよね~。
いつか食べたいな、と思いつつ、なかなか行く機会がないんですよ。
そのうち「飯田線」の旅にでも出ようかしら。
あーさんさんオススメの駒ヶ根ソースカツ丼のお店って、ありますか??
うっきいさんへ。 (はるか)
2006-11-27 22:59:44
うっきいさんは、どちらかというとはっと亭のカツ丼のほうが好みだよね??
ソースカツ丼も、たまに食べるとものすごい新鮮だけど、
やっぱり身近に感じるのは、普通のカツ丼かも。
だからこそ、こうして旅先で出会うからウマい味なのかもなぁ。
このソースはね、さっぱりしているのにしっかりとした味。
肉の味が引き立つ、上品なお味でした~♪
ルンバルンバさんへ。 (はるか)
2006-11-27 23:05:18
とんこつラーメンの例、まさにそんな感じです。
あ、ただ、博多のとんこつラーメンや福井のソースカツ丼ほど、
地域性の強いものではないかも。石越駅は岩手県じゃなくて宮城県登米市だったし(苦笑)。
よく、ソースカツ丼というと、普通のトンカツをごはんに乗せて、
普通にソースをかける「ソースかけカツ丼」が多いですよね。
この形態は限られた地域にしかなさそうなので、なかなか出会うことがないかも。
でも、めずらしいものなので、一度食べてみてほしいです。
あ、ルンバルンバさんも目玉焼きにはソースですか!
以前、調味料バトンをやったとき、あまり周りにはいなかったのでうれしいですね~。
他にも天ぷらにソースとか、餃子のタレとかおもしろいです。
ぜひ、いまからでも調味料バトンを受け取ってほしいくらいです(笑)。
山愚痴さんへ。 (はるか)
2006-11-27 23:08:57
いいですね~、地酒のおみやげ!
わたしも飲めないくせに、変わった形のワンカップなんかを集めてます(笑)。
やっぱり、旅先でその地方独特のものを見つけるのも、
旅の楽しみのひとつですよね!
飛び乗った新幹線で食べた駅弁、気になりますね~。
今回は、定番のものではなく、新作の駅弁を買って乗り込みました!
nobuさんへ。 (はるか)
2006-11-27 23:13:35
ソースカツ丼、というと有名なのは福井ですよね。
でも、あちこちに「元祖」がつくソースカツ丼屋さんがあるので、
これもまたおもしろいなぁ、と思います。
あ、nobuさんも目玉焼きにはソースですか!!
そして、ここにも天ぷらにソースな方発見!!
もしかしてnobuさんも、ソース好き??(笑)
そういえば、以前沖縄のとある会社を取材しに行ったとき、
仕事中なのに、なぜか事務所でみなさんが天ぷらをつついてて、
「いっしょにどう?」って言われたときにかかってたのもソースでした!

コメントを投稿

たびろぐ東日本。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

東北新幹線乗りまくり…その2。 (funny 一時 serious のち interesting)
さて2日目。 一ノ関を出て、平泉町へ。 平泉といえば、平安末期に栄えた奥州藤原氏