フルートおじさんの八ヶ岳日記

フルートを吹きながら八ヶ岳ライフを楽しむおじさんの徒然日記

明るい日陰に咲くカシワバアジサイ

2018-07-08 | アダージョの森

 カシワバアジサイは、最初のころ、苗が小さいうちは、冬の寒さで茎の先の方が毎年やられて、花が咲くことがなかった。
いくら寒さに強いといってもこの清里の寒さには勝てないだろうと勝手に思っていた。

ところが3年ほど前から、株がしっかり充実してくると、花が咲くようになった。必ずしも寒さに弱いということではなさそうだ、ということが分かった。

ところが、今年の冬の寒さはやはり厳しかったのか、中庭で育てているカシワバアジサイは、茎の上の方が全部枯れてしまった。ところがこの南側に植えているカシワバアジサイは、ヤマサクラの木陰であるにもかかわらず、いつも通り花がさいた。

真っ白い花と細長い形が面白い。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属
原産地:北アメリカ東部
学名:Hydrangea quercifolia
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アナベルの丸いボールが少し広がってきた

2018-07-07 | アダージョの森

初夏に咲く白い丸いボール状の花 初めてみたときは、面白い花だなと思った。名前を調べるとアナベル、6月に咲くアジサイの仲間だというこが分かった。

しかし、最初は、日当たりのいいところに咲いている花なので、雑木林の中では無理だろうと思っていた。
それでも、この花が好きだったので自分で小さな苗を買ったり、花友に苗を頂いたりして、少しずつだがこの森にも根付いてきた。

これはガレージ下の花壇に咲くアナベル。少しずつ株が増えてきた。

花のボールがだいぶ大きくなるようになったが、しかしまだまだ小さい

南側「Harmony Garden」へ降りていく道の脇にも植える

こちらは日当たりがいいので、花つきがいい

最初のころは剪定をしていなかったが、最近では剪定できるようになって、花つきがだいぶ良くなってきた


和名:アメリカノリノキ、アナベル  その他の名前:ハイドランジア・アルボレスケンス‘アナベル’
科名 / 属名:アジサイ科 / アジサイ属(ハイドランジア属)
学名:Hydrangea arborescens ‘Annabelle’ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノリウツギが咲く

2018-07-06 | アダージョの森

今年もノリウツギが咲いた。以前は森の中でも良く咲いていたのだが、今は、すっかり樹木が育って、日陰を作り、森の中では見られなくなった。

この木は、日の当たるところに生えているので、今年も花を咲かせてくれた。ノリウツギは沢山あるのに、花が咲くのはこの木ともう1本だけになってしまった。

ノリウツギは、一つ一つの花が大きく、雰囲気が実に素晴らしい

ところが、この花は枝の先端で咲くので、花ががどんどん高く上がっていって近くで観れなくなった。

今年は、花の咲いた枝を剪定しよう。それとともに、落葉期に森の中にあるノリウツギを掘り起こして移植しなければならないな。

ノリウツギ(糊空木)
アジサイ科 /アジサイ属
別名:サビタ
学名:Hydrangea paniculata
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クガイソウ

2018-07-05 | アダージョの森

今年もデッキの下東側にクガイソウが咲いた。
トラノオによく似ているが、ほとんど太さが変わらない「尾」が長くすらっとしている。

藤色が爽やかさを醸し出している。それにして尾、このエリアは、他に、シモバシラも咲いていて、そちらの勢力も強く、満杯になってきている。

しかも、この花壇の東側にはミツバツツジが茂ってきて、大きな日陰を作っている。そのため、ご覧のようにクガイソウの流れた西の方にひどく傾いてしまった。今年はミツバツツジの枝を大分選定したのだが、それでも日が射さないようなので、どこかへ移植必要が出てきた。

これは、旬が過ぎてしまった花穂で、少し見栄えが悪いな。隣のチョウジソウも大きくなっている。

 

クガイソウ(九蓋草、九階草)
オオバコ科クガイソウ属の多年草。かつてはゴマノハグサ科に含められていた。
学名:Veronicastrum japonicum
 
茎に輪生する葉が層になってつくので、九蓋草、九階草の名がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躍動するオカトラノオ

2018-07-04 | アダージョの森

庭のあちらこちらでオカトラノオが立ち上がってきた。「虎の尾」と呼ばれるすらっとしたカーブが美しい。

近寄ってみると小さい5弁の花が無数についている。甘い蜜を求めてアリも集まってきているようだ。

「虎の尾」の先端を明るいほうに向けて、並んでいる。

 アダージョの森が始まったころからオカトラノオが大好きで、あちらこちらに増えていくことが嬉しかった。地下茎で広がっていくのだ。
ところが最近では、増えすぎて、他の花たちを根で圧迫したり、影を作るようになってきた。これ以上無造作に増えると、庭が乱れてくるので、今年からは育てるareaを決め、それ以外のところのオカトラノオは、残念だが抜いていくことにする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加