フルートおじさんの八ヶ岳日記

フルートを吹きながら八ヶ岳ライフを楽しむおじさんの徒然日記

秋の八ヶ岳雑木林の花たち サラシナショウマ

2018-10-12 | アダージョの森

今年もアダージョの森にサラシナショウマが咲く季節がやってきた。

 

真っ白いブラシの形が印象的な花だ。よく見ると小さい綺麗な花が一杯ついている。花には、雄花と両性花とがあるとのことだが、雄蕊が突きだしている雄花ばかりのように見える。
甘く香るので、虫たちも大好きだ。
 
サラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻)
キンポウゲ科 サラシナショウマ属の多年草
学名:Cimicifuga simplex 


少し花が痛んでくると膨らんだ雌花の柱頭が目立ってくる。

 
コメント (1)

秋の八ヶ岳雑木林の花たち フジバカマの仲間

2018-10-11 | アダージョの森
南側の花壇にフジバカマ~サワフジバカマが咲いている。
 
 

万葉集の山上憶良の歌
「秋の野に、咲きたる花を、指(おゆび)折り、かき数ふれば、七種の花」
「萩の花、尾花(すすき)、葛花(くず)、なでしこの花、おみなえし、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお:ききょう)の花」
が、「秋の七草」の起源となっている。

 
フジバカマ(藤袴)

学名:Eupatorium japonicumEupatorium fortunei) 
その他の名前:アララギ、香草(こうそう)、蘭草(らんそう)
キク科  ヒヨドリバナ属

 ところが、この花は、園芸店で「フジバカマ」として購入したものだが、ネットで調べていると、どうも「フジバカマ」ではなく、「サワフジバカマ」とのことである。
 

サワフジバカマ
Eupatorium × arakianum

これは、フジバカマとサワヒヨドリの雑種の園芸品とのこと。フジバカマを小型にしたような姿で、葉が三裂していて、茎は全体に紫色が濃い。地下茎で猛烈に増える、とのことだ。

確かに、どんどん増えている。

 

もう一種類、ユーパトリウム・ピンクフロストがある




ユーパトリウムは洋種フジバカマ。ピンクフロストは葉に幅広の美しい黄斑が入ったものだ。我が家では9月の初めごろに咲いていた。

学名:Eupatorium 'Pink Frost'
タイプ:キク科アゲラティナ属
草丈:150~200cm
コメント

フルートレッスン 10月第2回

2018-10-10 | フルート

雑木林に朝陽が射してきた。森の木々も少しずつ色づいてきた。

 

10月7日のフルート発表会が終わり、初めてのフルートレッスン。

今日から「ハンガリー田園幻想曲」の次のパートに移る。

「Andantino moderato」

 最初は自分の思うままにざっと旋律を流してみた。と言ってもとぎれとぎれだが・・・。

 

途中にカデンツァが入り、後半は前半の繰り返しになる。

旋律が美しく、リズミカルなので吹いていて楽しくなってくる部分だ。

鈴木先生からは、最初は装飾音を外して練習し、拍の頭を意識して練習すること、との指導を受ける。焦らずに少しずつ練習していこう。

コメント

秋の八ヶ岳雑木林の花たち リンドウ

2018-10-09 | アダージョの森

庭を藍~紫に染めるリンドウが咲き始めた。この形と色あいは、深まる秋にぴったりだ。

リンドウは晴天の時だけ開き、暗くなると花を閉じる。朝日が差すと花びらが開き、青い秋空の下に咲く姿は実に美しい。

<色合いの薄い種類>

 

リンドウ(竜胆)
リンドウ科リンドウ属の多年生植物
学名:Gentiana scabra var. buergeri
その他の名前:ササリンドウ、疫病草(えやみぐさ)
 
<濃い色の種類>

春に細い芽が伸びてきて、ササの葉に似た細い葉をつけ、茎は次第に立ち上がる。
夏が過ぎると茎は次第に横に倒れ、秋が過ぎたころから蕾が膨らみ、渦状に巻いた状態で伸びる。
5裂した筒状の花を数輪開く。
 
庭の色んな所に種が飛んで咲いている。

オヤマリンドウと思われる、背丈の高い種もあるが、これは秋早く咲き終わる。

 

今日は、ご近所のKさんご夫婦が来られた。竣工したガーデンハウスと秋の庭の様子を見ていただいた。

ガーデンハウスは、少しずつ内装を進めている最中なので、見ていただくにはまだまだ申し訳ない状態だが、雰囲気はわかったもらえたかな。

ガーデンハウスの周りに植えるバラのことで話がすすんだ。既に白色のニュードンがあるので、赤系統とピンク系統のバラで雑木林の庭の雰囲気に合うのがいいな。

コメント (2)

秋の八ヶ岳雑木林 森に置いていた伐採木を降ろす

2018-10-08 | アダージョの森

昨日でフルートの発表会が終わり、フルートをチェーンソーに持ち替え、北側の森の中に置いたままになっていた伐採木を丸太切りして降ろす作業を行う。

今日も、Nさんたちにやってきてもらて、手伝っていただいた。

チェーンソーの軽快な音を立てるMさん

丸太切りした後の、丸太を降ろしてくる作業がなかなか大変だ。一度にあまり多くの丸太を持たずに何度も往復するのが疲れないコツだ。

丸太を持って階段を降りるのが大変なので、階段の上から丸太を転がすようにした、少しは楽かな。

午前中2時間の作業で北の森の中の伐採木の丸太切りと運び降ろしの作業が終わった。

「お疲れさまでした。」と声を掛け合い、お二人と解散した。

 

その後、炉で薪を焚きながら夫婦二人で昼食を食べる。今日は、行動食のカップラーメンとおにぎりだ。

森の中は、ヤマザクラ、リョウブ、ウリカエデ、ヤマウルシなどの紅葉が始まっている。

コメント