【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「テルマエ・ロマエ」

2012-06-27 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)


ダメだ、こりゃ。
いきなり、否定から始まる?阿部寛が古代ローマ人を演じるなんて、目のつけどころがいいじゃない。
それだけ。
古代ローマを再現したセットもみごとなものじゃない。
それだけ。
つまりあなたは、古代ローマの風呂職人がいまの日本にタイムスリップするっていう奇想天外なアイデアにノレなかったっていうわけね。
アイデアはおもしろいけど、それ以上じゃない。
でも、あの濃い顔立ちの阿部寛が裸一貫、ローマ人を演じるっていうだけで、相当おもしろいわよ。
阿部寛の体は弛緩してないけど、映画は弛緩しきっている。
いちどは彼を西洋人の中に立たせてみたいっていう、みんな薄々望んでいたことを実現しただけでも、拍手喝采ものよ。
それだけじゃ、映画として成立しない。
周囲を固める俳優にも、市村正親とか北村一輝とか、濃い顔の面々ばかり集めて愉快じゃない。
これだけの個性派俳優をそろえているんだから、もうちょっとドラマも濃くしてよかったろうに。
コメディなんだから、こんなもんじゃないの?
たしかに、「こんなもんじゃないの?」感があふれている。
そうかしら。結構がんばっていると思うけど。
あれ、いま自分で「こんなもんじゃないの?」って言ったばかりだぜ。
売り言葉に買い言葉よ。
ローマの町並みだって、あれだけ存在感あるセットがあるんだから、もうちょっとそれを生かす撮影のしようがあったろうに。フェリーニには遠く及ばない。
あたりまえでしょ。高望みしすぎよ。
そんなことはない。これだけの素材を集めておいて、監督はどうしてもっと志の高い演出をしなかったんだ。
そんな肩肘張ったってしょうがないじゃない。基本、コメディなのよ。
コメディかどうかといった問題じゃない。映画になっているかどうかっていう問題だ。
意固地な映画ファンは、テレビの演出家が演出するとすぐそういう色メガネで見る。悪い癖よ。
そうかな。例えば、阿部寛のタイムスリップ・シーン。「ミッドナイト・イン・パリ」のしゃれたタイムスリップ・シーンと比べてみれば、どれほど陳腐で大仰な演出かっていうことがありありとわかる。
どうして、そんな名人の映画と比べるかなあ。
例えば、営業が終わり灯りを落とした浴場で風呂のアイデアを一人静かに考えていたら風呂場の天井から一滴の水が滴り落ちてきて、見上げたらもう日本の銭湯に変わっていた・・・なんていう演出はどうだ。そうすれば、涙につながる伏線にもなる。
スペクタクルはないけどね。
凡庸なスペクタクルより刺激的だ。
そうかしら。
そうかと思うと、阿部寛と上戸彩が太陽を見る場面。彼らが視線を上げるとなぜか彼らの目線での太陽にはならず、風景全体の引きの絵に切り替わる。それはないだろう。
そんな目くじら立てるほどのことかしら。これだけ大ヒットしているってことはみんなが満足しているってことよ。
でも、その誰もが、映画的魅力には目覚めない。
どういう意味?
映画的な感覚を刺激するものがほとんどないんだ。だから、映画の持つ魅力に目覚め、また能動的に映画を観に行こうっていう気には誰もならない。せいぜいこの手の話題作があったらまた観に行くかもね、程度だ。惜しい。
ずいぶん手厳しいわね。どうしちゃったの?
こういう映画を手放しで誉めたら日本映画がダメになると思ってさ。
あまのじゃくなだけじゃない。


コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 「愛と誠」 | トップ | 「エンディングノート」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
“湯の国ニッポン”ともに頑張ろう日本! (大滝温泉天城荘)
2012-06-28 08:11:45
“湯の国ニッポン”ともに頑張ろう日本!

 はじめまして、こんにちは。
 こちらは、映画『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』のロケ地、伊豆の大滝温泉天城荘でございます。
 昨年(2011年)9月の台風被害復旧が捗らず余儀なく休館をいただきながら、再開に備えを進めてまいりました。おかげさまで、大勢の皆さまからの応援とご協力によりこのゴールデンウィークに再開できました。多くの皆さまにまたおもてなしをさせていただけるようになりましたこと本当に感謝でございます。
 再スタートによって明確になった新たな課題等もあります。真摯に、今後もコツコツ個性に磨きをかけて、一人でも多くの皆さまの健康と幸福のお役に立ちたいと存じます。
 これからも『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』ともども伊豆の大滝温泉天城荘、湯の国ニッポン、何卒宜しくお願いします。
 皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。
 “湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!
☆ 突然で驚かれましたよね。この思いが届けられればと願っております ♪

コメントを投稿

★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

テルマエ・ロマエ (LOVE Cinemas 調布)
古代ローマ帝国の浴場設計技師が何故かタイムスイップして現代の日本に現れてしまうというヤマザキユリの大人気コミックを実写映画化。監督は『のだめカンタービレ 最終楽章』の武内英樹、脚本を『クローズZERO』の武藤将吾が担当する。主演は『麒麟の翼 ~劇場版・新参...
テルマエ・ロマエ (だらだら無気力ブログ!)
上戸彩の鎖骨が色っぽい。
『テルマエ・ロマエ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ」□監督 武内英樹 □脚本 武藤将吾□原作 ヤマザキマリ □キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、笹野高史、市村正親、       キムラ緑子、神戸 浩、内田春菊、松尾 諭、森下能幸、蛭子能...
テルマエ・ロマエ (銀幕大帝α)
12年/日本/108分/ファンタジー・コメディ/劇場公開(2012/04/28) -監督- 武内英樹 -製作- 亀山千広 -原作- ヤマザキマリ -テーマ曲- ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 -出演- *阿部寛『ステキな金縛り』・・・ルシウス *上戸彩『あずみ2 ...