【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「愛と誠」

2012-06-23 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)


インドなんか行かなくても三池崇史はしっかり仕事してるでしょ。
俺が「ロボット」の感想で「三池崇史も、インド行きゃあ、やりたい放題できるんじゃないか」って口走ったのをまだ根に持っているのか。
根に持っているんじゃなくて、日本にいたって工夫次第じゃ、こういうぶっ飛んだ映画がつくれるってことよ。
三池崇史、インド映画に負けるなとばかり、歌と踊りで勝負してきた。
別にインド映画を意識しているわけじゃないと思うけど。
あそこまで金かけてないもんね。
でも、あのコテコテの純愛劇画「愛と誠」をコミカルで猥雑なミュージカルにしちゃうんだから、驚いた。
ミュージカルというか、昭和歌謡大全集というか、ワケわからないけど、俳優たちが学芸会ノリでいきなり歌い出す。
その選曲がみごと。
どれも手垢のついた昭和の流行歌ばかりなんだけど、物語につかず離れずの微妙な位置関係の曲を選ぶことで、一線を保った。悪趣味承知のセンスの冴えに驚かされる。
もちろん、誰が歌うかにも関わってくるんだけど、目を見張るのは伊原剛志。クリント・イーストウッドの「硫黄島からの手紙」ではバロン西の役をシリアスに演じていた本格俳優・伊原剛志が、あんな歌をあんな振付で歌っちゃっていいわけ?今後の仕事に影響出ない?
それを言ったら、斎藤工だって、あんな歌をあんな振付で歌っちゃっていいわけ?空に太陽がある限りまともな役はできないんじゃない?
それを言ったら、安藤サクラだって、あんな歌をあんな振付で歌っちゃっていいわけ?ガムのCMには一生出れない。
それを言ったら、一青窈だって、あんな歌をあんな振付で歌っちゃっていいわけ?もう「ハナミズキ」なんてきっと「鼻水キ」としか聞こえないぜ。
それを言ったら・・・ああ、もうきりがない。みんな、今後の仕事に影響出ないの?大丈夫?
主要な出演者全員が自分のテーマを歌い踊るんだけど、それがみんなはまってるというか、はみだしてるというか、呆然とするしかない。
呆然、そして自失する。
思考停止に陥った我々を蹴散らすように映画は突っ走っていく。
前後を考えない、吹っ切れたような臆面のなさが素晴らしい。
そして彼らの姿をきっちりと映画として定着させる三池崇史の演出が素晴らしい。
量で鍛えた腕前が質へと転化する。節操もなくダテに乱作しているわけじゃないっていうのがよくわかるのが素晴らしい。
グッとくる場面はちゃんとグッとくるのが素晴らしい。
あの素晴らしい愛をもういちど。
武井咲、首の曲げ方、最高。
釣り堀での岩清水君の告白、最高。
斎藤工、結構おいしい仕事してるかも。
実は主役の妻夫木聡がいちばんまともな役で割を食ってたりして。
刺身のツマブキ。
・・・って、やめなさい、くだらないダジャレは。
やめろと言われても、いまでは遅すぎる

コメント (3)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 「この空の花 長岡花火物語」 | トップ | 「テルマエ・ロマエ」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (sayu)
2012-06-23 22:04:44
三池さんの映画に負けぬコメントの楽しさ。笑わして頂きました
『愛と誠』 (『愛と誠』愛好家)
2012-06-27 21:55:25
 こんにちは『愛と誠』関係のブログをネットサーフィンしている者です。
 今回の映画化は原作好きの者にとっては喜ばしいかぎりです。
 もしよろしければこちらのサイトにも一度遊びに来てください。『愛と誠』関係に関する出演者ブログやニュース、他の方の感想ブログのリンク一覧にまとめており、また『愛と誠』に関する書き込みならなんでも書き込んでください。
・ 映画『愛と誠』ネタバレ掲示板 http://aimako.bbs.fc2.com/
他にも
・ 『愛と誠』覚え書き      http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/201X.html
・ 梶原一騎ファンサイト『一騎に読め!』 http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/
『愛と誠』 (『愛と誠』愛好家)
2012-06-28 22:31:00
 こんにちは『愛と誠』関係のブログをネットサーフィンしている者です。
 今回の映画化は原作好きの者にとっては喜ばしいかぎりです。
 もしよろしければこちらのサイトにも一度遊びに来てください。『愛と誠』関係に関する出演者ブログやニュース、他の方の感想ブログのリンク一覧にまとめており、また『愛と誠』に関する書き込みならなんでも書き込んでください。
・ 映画『愛と誠』ネタバレ掲示板 http://aimako.bbs.fc2.com/
他にも
・ 『愛と誠』覚え書き      http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/201X.html
・ 梶原一騎ファンサイト『一騎に読め!』 http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/

コメントを投稿

★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

愛と誠 (LOVE Cinemas 調布)
梶原一騎原作、ながやす巧作画の同盟漫画を映画化。両家のお嬢様と不良の青年の数奇な運命と恋を描いている。主演は『悪人』の妻夫木聡と武井咲。共演に斎藤工、加藤清史郎、余貴美子、市村正親らが出演している。監督は『一命』などヒット作多数の三池崇史。音楽・小林武...
愛と誠 (あーうぃ だにぇっと)
愛と誠@よみうりホール
劇場鑑賞「愛と誠」 (日々“是”精進! ver.F)
ぶっとび恋愛物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206160002/ 映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラックサントラ 安藤サクラ 一青窈+『愛と誠』の合...
映画『愛と誠』 観てきましたよ~~♪ (よくばりアンテナ)
今日こそ『ホタルノヒカリ』観ようって思って映画館行ったはずなのに、 なんか急に、やっぱこっちみようって気が変わった。 三池監督作品、実は初めてなのです。 食わず嫌いだったかも(*^。^*)意外と...
愛と誠 (★tip of the iceberg★)
愛と誠と言えば私の世代は西城秀樹と早乙女愛さん。 これを三池監督がリメイクするとこうなる…。 ええ、爆笑もののミュージカル映画でした。 さすがでした。 一応12指定が入っているのは、暴力シーンと金箔シーンのためでしょうか? これを問題作と表現するより、三...
愛と誠 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/06/16公開 日本 PG12 134分監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親 天使が悪魔に恋をした 過去への復讐を誓い、東京へやってきた不良の誠。一方、東京で指折りの名家の...
「愛と誠」 (みんなシネマいいのに!)
 「天才バカボン」目当てで読んでいた週刊少年マガジンだが、そのうちに他の漫画も読
「愛と誠」 ひたむきにまっすぐに (はらやんの映画徒然草)
梶原一騎さん原作の純愛マンガの三池崇史監督による映画化作品です。 「愛と誠」は今
愛と誠 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る昭和歌謡に彩られたミュージカル仕立ての「愛と誠」に唖然。ひさびさにお目にかかった正真正銘の珍作だ。幼い頃、雪山で ...
愛と誠(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
裏のヒットスタジオ 公式サイト。三池崇史監督、パパイヤ鈴木振付、妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、市村正親、一青窈、余貴美子、伊原剛志、前田健、加藤清史 ...
『愛と誠』('12・初鑑賞67・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 6月16日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン8にて 15:20の回を鑑賞。
愛と誠・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
蘇る昭和の純愛神話。 梶原一騎原作、ながやす巧作画による1970年代の純愛劇画、「愛と誠」のまさかのリメイクである。 74年から76年にかけて三部作として映画化されたほか、テレビドラマとしても映像化さ...
『愛と誠』 (こねたみっくす)
三池崇史監督の手に掛かれば青春ヴァイオレンスとミュージカルを足すとコメディになってしまうのか! これぞ愛と誠のファンタジア。歌って、踊って、喧嘩して、殴られて、愛を語 ...
[映画『愛と誠』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・素晴らしかったですね^^  この作品、凄く見たかったのですが、昨夜は、彼女との口喧嘩で帰宅が遅く、  今日はバイトを終えて、どうにも、私の行動範囲のいつもの映画館(ワーナーマイカル・日の出/武蔵村山/多摩センター。MOVIX・昭島/橋本)は間に合...
「愛と誠」 (2012) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/配給:角川映画=東映監督:三池崇史原作:梶原一騎、ながやす巧 脚本:宅間孝行撮影:北 信康音楽:小林武史振付:パパイヤ鈴木特別協力:真樹日佐夫企画:土川 勉、伊藤秀裕エグゼクティブプ
『愛と誠』 (beatitude)
富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛(武井咲)は、復讐を誓い単身上京した、額に一文字の傷がある不良の誠(妻夫木聡)の鋭い眼差しを一目見たときから恋に落ちる。身の上も性格も何もかも違う二人。境遇の違いをまざまざと感じさせるような出来事や...
「愛と誠」喧嘩の死闘の末にみた愛の命を救ってくれた恩人の誠意 (オールマイティにコメンテート)
「愛と誠」は1974年に公開された「愛と誠」をリメークした作品で、舞台は1970年代で境遇の違う不良にお嬢様が恋をした事から2人は次第に運命に引き込まれていき、壮絶な ...
やりすぎ映画 (もののはじめblog)
9分49秒の動画です。お暇な方はお進みを、                             映画「ロボット」は、南インドのタミル語で約25億円近くをかけて制作された。                                       
『愛と誠』 メタメタな大傑作 (映画のブログ)
 奇才アレハンドロ・ホドロフスキーはDVD-BOX収録のインタビューにて、注目する映画監督を尋ねられ、三池崇史監督の名を挙げている。  そのホドロフスキーの代表作『エル・トポ』は、「もしフェリーニが西...
毒物のような純愛、殺陣のような歌劇 『愛と誠』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斉藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親日本映画 2012年 ・・・・・・ 7点
愛と誠 (いやいやえん)
歯医者さんに揃えてあって全部読んでた「愛と誠」。子供心にも物凄い劇画純愛漫画だと思ったものでした。それがミュージカル風に生まれ変わるとこうなるんですかねぇ。色々違和感ありました!! これは思いっきり好みの分かれる作品になってそうです。それでも三池崇...
愛と誠 (銀幕大帝α)
12年/日本/134分/青春ロマンス/PG12/劇場公開(2012/06/16) -監督- 三池崇史 『逆転裁判』 -原作- 梶原一騎『愛と誠』 -振付- パパイヤ鈴木 -主題歌- 一青窈『愛と誠のファンタジア』 -エンディングテーマ- かりゆし58『笑っててくれよ』 -出演...