【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「4分間のピアニスト」:亀島橋バス停付近の会話

2007-11-17 | ★東16系統(東京駅~ビッグサイト)

医療福祉専門学校ってなに?
はりとか、お灸の先生を育てる学校らしいぞ。
じゃあ、私の肩こりも診てほしいなあ。
お前のは、年のせいだろ。その年じゃ肩こりのひとつやふたつ、しょうがないんじゃないの?
なに、たわけたこと言ってるの。私の肩こりは、年のせいじゃなくて、ピアノのせいよ、ピアノのせい。
あれ、そんな肩こりになるほどピアノ弾いてたか。
少なくとも毎日4分は弾いてるわよ。
そりゃ少ない。4分間のピアニストだな。
3分間だとカップ麺ピアニストだけどね。
で、腕はどうなんだ?
映画の「4分間のピアニスト」には及ばないかな。
あたりまえだ。映画の「4分間のピアニスト」は血のにじむような想いでピアノを弾いている。
ほんとに、ダラダラ、血を流しながら演奏するんだもん。びっくりしたわ。
刑務所に収容されている反抗的な若い女囚と、彼女にピアノの才能を見出した老ピアノ教師の女同士の師弟の闘いの物語だ。
それぞれに傷を抱えた二人がピアノコンテストへ向けて練習していくんだけど、練習っていうより、文字通り、女の闘いよね。
二人三脚どころか、三十人三十一脚だ。
どういう意味?
二人の足並みが全然そろわない。
ピアノだから、指並みじゃない?
とにかく、あの若いピアニストのふてくされた態度。老いた教師の厳しい目つき。二人とも、少しは笑ってみたらどーよ、と思っちゃうけどな。
ほんと、ほんと。あの二人の間に、小島よしおでも割り込ませたくなっちゃうわよね。
うーん、そういう映画じゃないと思うけど。
あら、せっかく話合わせたのに、何、その手のひら返しの態度。
老女教師が言うじゃないか、「私には音楽しか興味がない」って。演奏がすばらしければそれでいい、どんな人が弾いていようと、関係ないっていう、実にストイックな態度だ。
「そんなのカンケーねぇ」ってわけね。
うーん、小島よしおが好きなわけ?
一応・・・。
とにかく、そういうストイックさに覆われた物語が、寒々とした感動を呼ぶ。いかにも、ヨーロッパ映画らしい凛とした映画だ。
ドイツ映画だけに、ナチの影もチラッと出てくる。
圧巻はやっぱり最後の4分間だろう。
あれには圧倒されたわ。紆余曲折があってようやくピアノコンテストまでたどりついて、二人は深い絆で結ばれました、って物語かと思ったら、若者は古い世代を乗りこえて行くって物語だった。
それをことばでなく、ピアノの演奏で見せるところが、すごかった。ちょっと反則技に近いけどな。
私なんか鳥肌が立ったわよ。
俺は柔肌が好きだよ。
・・・意味わかんない。
すまん。つい、本音が出た。
でも、あれだけ全身使ってピアノを弾いたら4分間といえども、疲労こんばいするわよね。
ああ、肩もこるだろうなあ。
そういうときのために、医療福祉専門学校があるのよね。
そうなの?

ブログランキング参加中。クリックをぜひ、ひとつ。

ふたりが乗ったのは、都バス<東16系統>
東京駅八重洲口⇒通り三丁目⇒八丁堀二丁目⇒亀島橋⇒新川⇒住友ツインビル前⇒リバーシティ21⇒佃二丁目⇒月島駅前⇒新月島公園前⇒日本ユニシス本社前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒深川五中前⇒東雲橋交差点⇒東雲一丁目⇒ジャパン・エア・ガシズ前⇒東雲都橋⇒都橋住宅前⇒かえつ有明中高前⇒有明二丁目⇒有明テニスの森⇒有明一丁目⇒フェリー埠頭入口⇒東京ビッグサイト




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 「レディ・チャタレー」:八... | トップ | 「ウェイトレス~おいしい人... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (くまんちゅう)
2007-11-17 19:36:54
最後の4分間は凄まじかったですね、一瞬唖然としましたが、ジェニーの心の叫びが聞こえてきました、正に血の滲むような。
表面上はイガミ合っている中でも魂が触れ合っているのを感じました。

ところで専門学校では肩こりも診てくれないと思うだけど・・・
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-11-18 21:17:31
■くまんちゅうさんへ
あの4分間はピアノ映画の名シーンとして残るんでしょうね。
でも、やっぱり専門学校に行っても肩こりは診てくれないですかね。学生の治験者でもいいんですが。
おじゃまします♪ (jester)
2007-11-19 07:55:12
こんにちは~

このところ音楽の映画を続けて鑑賞してるのですが、この映画、「Once ダブリンの街角で」に続いて秀作でした!

地味だけど、最後まで気を抜けない展開でしたね~

彼女が本当に殺人を犯したのかはわからずじまいでしたが、あの激しさなら犯しかねないとは思いました。
でも父親がいっていたことが真実なら、それで傷つき、誰も信じられなくなってしまったのでしょうね。
私も見ていて祈っちゃいました。

そんなの関係ねぇ~ (シャーロット)
2007-11-19 14:22:24
こんにちはー。
さいこーに楽しいレビューですー。笑いました
笑いとか温かさとか皆無でしたから、ほんと何かバラエティー番組とか見せてあげたくなります。
でもドイツというお堅い頑固な職人の国だと思って見れればそれもなんとなくわかるでしょうし、ラストも新しい時代、文化の幕開けのような気もしてきます。

あ、肩こりひどいんですが。実験台でもいいからただでどこかで診て欲しい。。ってやっぱり素人ではこわいな。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-11-23 23:07:52
■シャーロットさんへ
肩こりがひどいときにこういう重い映画を観ると、いっそう肩がこるかもしれませんね。次に観るのは、軽い映画のほうがいいかなと思ったりもします。

コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-11-23 23:11:47
■jesterさんへ
ほんとに彼女のあの激しさは、癒えることがないんじゃないかってほどで、いったいこの後の人生をどうやって過ごしていくんだろうと心配になってしまいますね。
こんばんは。 (rose_chocolat)
2007-12-02 17:45:45
もしかして、ジェニーの背中を見て、
「そんなの関係ねぇ~!」 が出てきたのですか。。。 ^^;

最後のピアノすごかったですね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-12-02 18:34:41
■rose_chocolatさんへ
いやあ、そこまでは気がつきませんでした。
でも、最後のピアノは小島よしお以上の迫力でしたね。・・・て、たとえがサイアク?
肩凝り~ (latifa)
2007-12-22 11:00:15
ジョーさん、こんにちは!
ジョーさんのレビューは、いつ見ても面白いので、読んでいて肩凝りがほぐれる感じです^^

劇場にね、マッサージ機能付き椅子の特別席なんかあったら、利用してみたいな~。フットマッサージでもいいや。まぁ、まったり見られる映画じゃないとダメでしょうけれども・・・ でも寝ちゃったらマズいか!
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-12-24 09:01:44
■latifaさんへ
マッサージ付きの椅子、いいですねえ。
そこで寝てしまうかどうかで、いい映画だったか
どうか、試されそうです。

コメントを投稿

★東16系統(東京駅~ビッグサイト)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

『4分間のピアニスト』 (ラムの大通り)
(原題:Vier minuten) 「いやあ、久しぶりに重量級の傑作を観たね。 ただ、困ってしまうのがこういう映画の場合、 そのよさを言葉で伝えにくいんだな」 ----ん?確か、この映画って 女性が手錠で縛られていて 後ろ向きにピアノを弾いているビジュアルのヤツだよね。 ち...
4分間のピアニスト (映画通の部屋)
「4分間のピアニスト」 VIER MINUTEN/FOUR MINUTES/製作
「4分間のピアニスト」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「4分間のピアニスト」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ハンナー・ヘルツシュプルング、モニカ・ブライブトロイ、スヴェン・ピッピッヒ、ヤスミン・タバタバイ、リッキー・ミューラー、他 *監督:クリス・クラウス 感想・評価・批評 等...
『4分間のピアニスト』 (Sweet*Days**)
監督:クリス・クラウス CAST:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング 他 80歳になるクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、女子刑務所でピアノを教え...
4分間のピアニスト (ともやの映画大好きっ!)
(原題:VIER MINUTEN) 【2006年・ドイツ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ドイツアカデミー賞 作品賞・主演女優賞受賞。 バヴァリアン映画祭 主演女優賞・新人女優賞・脚本賞・最優秀新人プロデューサー賞受賞。 上海映画祭 最優秀作品賞受賞。 ドイツ映画祭2007 オープニ...
4分間のピアニスト【スコア盤】 (ともやの映画大好きっ!)
かなり前に購入したCD。 11月10日に公開予定のドイツ映画「4分間のピアニスト」(原題:DIER MINUTEN)の輸入盤サントラ。 前にちょこっと書きましたが、10月1日の映画の日に「?ヴァンゲリオン 新劇場版:序」を観に行った時に、この映画の予告編がやっていたんです...
4分間のピアニスト (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
深い絶望の果て。 生きる力さえなくしてしまうほどの闇。 それでも、人に希望はあるのだろうか。 わずかな支えを手に立ち上がり、 一歩一歩 この寂しく荒れた道をたどっていく。 そこにはなにかが 待っていてくれるのだろうか。 このところ、音楽がテーマになっている...
4分間のピアニスト (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
深い絶望の果て。 生きる力さえなくしてしまうほどの闇。 それでも、人に希望はあるのだろうか。 わずかな支えを手に立ち上がり、 一歩一歩 この寂しく荒れた道をたどっていく。 そこにはなにかが 待っていてくれるのだろうか。 このところ、音楽がテーマになっている...
4分間のピアニスト (シャーロットの涙)
誰しも圧倒されるであろうたった4分間の迫力の演奏・・・
4分間のピアニスト(映画館) (ひるめし。)
弾く時だけわかる。何のために生まれてきたか。
『4分間のピアニスト』 (カエルノセカイ)
刑務所に招聘されたピアノ教師クリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、殺人罪で収監されているジェニー(ハンナー・ヘルツシュブルング)と出会い、類い希なる才能に気付く。 神童と謳われ、数々の賞を獲得した天才少女はしかし、癒しがたい過去の傷から、心に堅い鎧...
映画:4分間のピアニスト (駒吉の日記)
4分間のピアニスト(シネマイクスピアリ 2007/11/10) 「音楽にしか興味がない」 才能はあるが自暴自棄の受刑者、クラシック音楽にしか興味のない女性教師、その女性教師を尊敬する看守の『ヤマアラシのジレンマ』? それぞれすれ違うむき出しの感情が少しづつ重...
『4分間のピアニスト』 (・*・ etoile ・*・)
'07.10.22 『4分間のピアニスト』@九段会館(試写会) 予告で見て気になっていた。試写会が当たったTからのお誘い。もちろん行く! 「刑務所でピアノを教えることになったクリューガー。受刑者の前で演奏していた時、完璧な指使いで机を叩くジェニーに目を留める。彼....
『4分間のピアニスト』:持つ者と持たざる者との葛藤ではなくて・・・:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
「持つ者」と「持たざる者」との葛藤ではなくて、「持つ者」と「持つ者」同士の葛藤の物語である。
”4分間のピアニスト” (映画趣味)
”4分間のピアニスト”を観た。 よかった。 刑務所でピアノ教室を開く老女クリューガーは所内で天才ピアニスト、ジェニーに出会う。ピアノの腕はピカイチだがとにかく切れまくる問題児ジェニー。ジェニーにコンテストに出場させるためレッスンを開始するが次から次へ...
「4分間のピアニスト」 VIER MINUTEN (俺の明日はどっちだ)
すべては最後の4分間のために --- 。 多分観た多くの人たちが思うと同様、その圧倒的なパフォーマンスには思わず息を飲んでしまった。 何とも象徴的な刑務所の俯瞰シーンからピアノに魚が落ちてくるシーンまで、淡々としながら力強い意思が感じ取れる心惹かれるオー...
#171.4分間のピアニスト (レザボアCATs)
ちょっとお洒落で芸術指向な、ヒューマンドラマを想像していると、ひっくり返される。どちらかというと獣みたいな女の子よ。気骨溢れるドイツ映画?割とハードテイスト。
4分間のピアニスト (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
かつて、フルトヴェングラーから認められた優秀なピアニストだったクリューガーは、刑務所で受刑者たちにピアノを教えていました。ある日、稀に見る才能の持ち主、ジェニーに出会います。彼女は、幼い頃から神童と騒がれ、国際的な舞台で演奏活動をしていたピアニストでし...
「4分間のピアニスト」 (古今東西座)
年に数本、上映が終わり館内が明るくなっても、なかなか座席から立ち上がれないほどの衝撃を受ける作品がある。この『4分間のピアニスト』も、しばらくは余韻で金縛りにあったように動くことが出来なくなってしまった。この次、もう一本ハシゴするつもりだったが、そんな...
『4分間のピアニスト』 (2006) / ドイツ (NiceOne!!)
監督・脚本:クリス・クラウス出演:ハンナー・ヘルツシュプルング、モニカ・ブライブトロイ、スヴェン・ピッピッヒ、リッキー・ミューラー、ヤスミン・タバタバイ鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>刑務所で受刑者たちにピアノを教える....
4分間のピアニスト (ロッタのひなたぼっこ)
『4分間のピアニスト』を観て来ました。 久々の映画に、久々のドイツ物。 でもなーんだか予告から、心惹かれるものはなかったんだよね・・・。 刑務所に勤めるピアノ教師クリューガーは、見た目からしてかなり厳格なおばあさん。 なかなかピアノを教える生徒が集...
「4分間のピアニスト」「敬愛なるベートーヴェン」音楽に鳥肌★ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
年末ギリギリに見た、音楽映画であるこの2作品が、かな~~り良かったです。もう2007年のベスト10出しちゃったんですが、入れるとしたらギリギリ9位くらいかな・・、でも両方と...
新たな優しさが生まれた瞬間。『4分間のピアニスト』 (水曜日のシネマ日記)
女子刑務所を舞台に繰り広げられる受刑者とピアノ講師の物語です。
4分間のピアニスト(06・独) (no movie no life)
人間は罪深い。でも・・・音楽に接するとき、人は純粋になれる。 ドイツ。とある女性刑務所にグランドピアノとピアノ教師クリューガーがやってきた。服役囚ジェニーの才能と音楽への渇望をいち早く見出したクリューガーは、彼女にレッスンするとともに、コンテストに出...
4分間のピアニスト♪狂気的、衝撃的、感動的!! (銅版画制作の日々)
  狂気的で、刺激的だけど、天才ピアニストジェニーの魅力に翻弄された誰もこの作品を観たら、絶対感動で震えが走るに違いない。絶対に・・・・・。     「ボーン・アルティメイタム」鑑賞後、はしごした映画でした。同じシアターでの上映です。珍しくシネ...
4分間のピアニスト (ネタバレ映画館)
どこでピアノを習ったの?・・・日本・・・山下洋輔先生のところで・・・
4分間のピアニスト 【称号:秀作】 (映画細胞~CinemaCell)
老齢のピアノ教師クリューガーは、授業に訪れた刑務所で、問題児のジェニーと出会う。
【映画】4分間のピアニスト (新!やさぐれ日記)
■動機 MOVIX CINEMA SELECTION ■感想 驚いた。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 80歳になるクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、60年以上女子刑務所でピアノを教えている。彼女は何年も貯金して新しいピアノを購入するが運送に失敗し、そ...
『4分間のピアニスト』'06・独 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ刑務所で受刑者たちにピアノを教えるクリューガーはある日、稀に見る才能の持ち主ジェニーに出会う。反抗的で暴力的なジェニーは、幼い頃から神童と騒がれた天才少女だったが、今では刑務所内随一の問題児となっていた。嫉妬心と憎悪を露にする看守や受刑者仲間の...
私の音楽~『4分間のピアニスト』 (真紅のthinkingdays)
 VIER MINUTEN  女子刑務所でピアノを教える老教師クリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、 殺人罪で服役中のジェニー(ハンナー・...
「4分間のピアニスト」(ドイツ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
若い女囚の荒んだ心。 老ピアノ教師の頑なな心。 心に傷を負い暗い過去を抱えてきたふたりの女性。
「4分間のピアニスト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
2010年一本目の作品はテレビ録画版の本作。