Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

The Goodbye Girls

2018-02-11 17:48:55 | カントリー・ブルーグラス
The Goodbye Girls


以前、紹介したモリー・タトル。この映像は、2016年のものですが、The Goodbye Girls という4人組の女性バンドで活躍していたようです。

4人全員がそれぞれ素晴らしいミュージシャンで素敵なバンドですが、最近の映像はありませんので、既に解散してしまったのでしょうか?

なかなかいいバンドに感じましたが、解散したとすればちょっと残念です。

Molly Tuttle Good Enough


最後に、最近のモリーの映像を観て下さい。最高にかっこいいギターです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Molly Tuttle Plays Clawhammer Guitar

2018-01-07 20:16:23 | カントリー・ブルーグラス
Molly Tuttle Plays Clawhammer Guitar


モリー・タトルというのでしょうか? 以前A.J Leeと一緒にTuttlesというバンドを取り上げたことがありました。

その時は、A.J Leeがメインだったようでしたが、独り立ちしたようですね!

女っぽくなって素敵な女性になった感じですが、とにかく、すごい演奏です!

以前は、バンジョーやフラット・マンドリンも弾いていたように思いましたが、ギターもこんなに上手かったんですね!

ブルーグラス系の女性のギター弾きは、あまり思い当たりませんが、期待したいです。

おまけに一曲、お届けします。

Molly Tuttle "Moonshiner" | Concerts from Blue Rock LIVE


それではまた!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アリソン・クラウス

2016-01-15 20:59:16 | カントリー・ブルーグラス


  Alison Krauss and Union Station - Lay My Burden Down [Live]




新しい年になりました。だいぶ更新できずおりましたが、本年も宜しくお願いいたします。

仕事は、あまりしていないのですが、なんやかんやといろいろと忙しくすっかり更新をサボってしまいました。

聴くほうの音楽は、ルーツ音楽は好きなのですが、最近あまり聴けずにおり、どういうわけか環境音楽のようなものとか、クラシックなど癒やされるようなものをBGMとして聴いているような感じになっています。

YouTubeで、いろいろと試聴するような時間もなく・・・、弁解ばかりになっていますね!

そういうわけで、今日は、静かで、アコースティックなアリソン・クラウスの歌を取り上げてみました。

ユニオン・ステーションですが、生音の良さを感じさせる素晴らしいバンドですよね!

アリソン・クラウスの歌を最高に引き立ててくれるバンドだと思います。

それではまた宜しくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニッティー・グリティー・ダート・バンド

2015-08-25 19:08:34 | カントリー・ブルーグラス



  [ HiFi ] Little Mountain Church House / Ricky Skaggs/Nitty Gritty

 こちらはお盆が過ぎて、めっきり涼しげになり、過ごしやすくなりました。ブログの更新の方は、またまた疎かになってしまいました。m(_ _)m

 ところで、いつもコメントを下さるmackkさんがアメリカに行かれ、ニッティー・グリティー・ダート・バンドを観てくるという羨ましい旅をされたようで、小生もニッティー・グリティー・ダート・バンドを取り上げ、少しだけその雰囲気をお裾分けいただこうと思いました。(^^;

 NGDBは、小生が学生時代から「プー横丁の家」や「ミスター・ボージャングル」など歌っていましたから、ほんとに息が長いバンドですね。

 この動画は、リッキー・スキャッグスがリード・ヴォーカルをとっています。気に入った曲だったので、これを今回取り上げてみました。リッキーは、マンドリンではなく、ギターですね。

 こういった曲は、アメリカの自然や田舎を感じさせてくれるので、理屈抜きに好きです。

 そうそうmackkさんは、ライブの途中に、声をかけられたとか・・・。

 アメリカのライブは、そんな気さくな雰囲気なんですね!

 小生は、アメリカには行けませんが、こういった動画で、その雰囲気を感じたいと思います。


 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

トニー・ライス&リッキー・スキャッグス

2015-06-08 21:11:00 | カントリー・ブルーグラス



  Tony Rice & Ricky Skaggs: "The Soul of Man Never Dies"

 今日は、トニー・ライスの64歳の誕生日です。おめでとうございます。

 今回の二人、若かりし頃、同じグループで活躍しており、大好きなブルーグラスのアーティストです。

 トニー・ライスは、このブログでも何回も取り上げているクラレンス・ホワイトのギターに憧れて、ギターを始めた名手です。

 彼はクラレンス・ホワイトが使っていたギター、マーチンのD-28を譲り受け、長年愛用し、彼と言えばD-28がイメージされるくらいのミスターD-28です。

 リッキー・スキャッグスは、6歳でビル・モンローとの共演をしたという幼い頃からマンドリンの名手で、歌もブルーグラスの特有の高音が綺麗なアーティストです。

 彼は64歳ということですが、以外と言えば失礼ですが、正直もっと年上かと思っておりました。

 彼は、最近、関節炎の悪化のためギターを弾ける状態でなくなり、コンサートのキャンセルや近年のフリーダウンロードによって印税収入も減り、生活に困窮しているらしく、友人達はトニー・ライス基金を設立し寄付を募っているという話もあり、とにかく健康に勝るものはありません。

またトニーの健康の回復と元気に活躍できることを祈るばかりです。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加