お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

2011-06-26 | 映画2011
観てきました。

<池袋シネマサンシャイン>

監督:竹本昇
アクション監督:石垣広文
原作:八手三郎、石ノ森章太郎
脚本:荒川稔久
特撮監督:佛田洋

スクリーンでド派手に行くぜ!

うーん。
面白かったし、199戦隊ヒーローの揃い踏みは迫力あった。

でもなあ。
これって「海賊戦隊ゴーカイジャー」の第16.5話に過ぎないんですよねえ。
もしくは、前倒しした例年のVSシリーズというか。

もっと往年の戦士とゴーカイジャーとの接点が欲しかったなあ。

観終わってみれば、一番印象に残ったのが“我が家”の坪倉くんの笑顔って・・・。

【萌えポイント】
※モネ&ルカの町娘。
なんだかんだ言って、こーゆーお遊びは好きです。

それにしても、テレビシリーズ1年レギュラーって、やっぱり凄いことなんですね。
ゴセイジャーの面々の「先輩らしさ」、素敵でした。

ファン補正で80点。

公式サイト

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« アトムへの伝言 | トップ | 仮面ライダーオーズ 第39話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画2011」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

今日のゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦  (地下室で手記)
映画見てきました。 例年ならば、VSシリーズは最終回近辺(最近映画でやるようになって次の戦隊の顔見せも兼ねるようになったので)なのですが、今回はいつもよりも大幅に時期がはやく、ゴセイジャーを懐か...
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
昨日やっと観てきました 最初から最後までクライマックスの熱い作品だった 以下、ネタバレを含めた感想です。...