DuncanCycle-NewBLOG-

DuncanCycle HP http://duncancycle.com/

450Desmo with Ceriani racing parts 完成

2014-09-30 | WORKS
ご依頼を承りました450デスモのエンジンリビルドとレーシングパーツ等の取り付けも完成しました。

エンジンリビルトが完了してから、レーシングパーツの取り付け、タンク等の新品外装取り付けと作業を進行しました。




ハンドル周りはコンパクトに成る様に意識しました。
メナーニのケーブルスプリッターはブレーキの効きが甘くならない様に位置に気をつけました。
また透明で見える箇所なのでケーブルをホワイト塗装しました。
ブレーキがレーシングブレーキの為ケーブルが無いので、スピードメーターは小型デジタルを取り付けました。



弊社でエンジン外部のブラスト、バフがけを行いました。エンジンリビルドによってオイル漏れも殆ど御座いません。



フォークやホイール等も最後の仕上げのハンドポリッシュを行いました。



450デスモは特に振動が発生しやすいので、動きやすいバッテリーも弊社のワンオフバンドでしっかりと固定しました。



タンク等の外装は新品ですので、バランスを考えながら取り付け位置を決めた写真です。
1cmの取り付け位置の違いで印象が変わるので何度も取り外し、確認を行いました。



エンジンはフルオーバーホール致しました。これはフレームからエンジンを外す前の写真です



ブレーキも性能を十分に発揮出来る事と、見た目の良さをバランスを見ながら取り付けました。



フロントリア共に、リムはボラーニ、タイヤはTT900GPです。
ホイールバランスやドラムブレーキ、リムの芯出しも弊社で行いました。


試乗しまして、ブレーキの効き具合や全体的な乗り味を確認しましたが、不具合もなさそうで安心しました。
安心してお乗り出来るオートバイになったかと思います。
コメント

DUCATI 350 Desmo

2014-09-24 | WORKS
本日はシルバーショットガン350の納車整備を進めました。

エンジンリビルトでは組立ての前にほぼ全ての部品の分解、清掃、精査をします。
時間と手間のかかる工程になりますが、弊社では大変重要な作業だと考えています。



コメント

100分の1

2014-09-19 | WORKS
本日もシルバーショットガン350の納車整備を行いました。



ホイールの分解整備も完了し、エンジンをフレームから外しました。




エンジンの部品を分解しまして精査、清掃をします。






プレス機を使用してクランクも分解しました。
ここから100分の1ミリ単位の世界が始まります。

コメント

Ducati 350 シルバーショットガン 納車整備

2014-09-18 | WORKS
ご成約を頂きましたシルバーショットガン350の納車整備を開始しました。
入庫時から状態がとても良好な車両なのですが、より故障リスクを減らすために
しっかりと点検をして納車させて頂く事になりました。

エンジンのフルオーバーホールの前に足回りの分解整備を致しました。

分解してドラムブレーキのベアリング交換をしました。
ベアリング交換とは言っても、ベアリングの交換作業で済めば大きな作業ではないのですが
殆どの場合はただ交換するだけでは御座いません。

ベアリング外径とハウジング内径のはめあいが適正かどうかを測定した上で適正でない場合は加工をします。
(ベアリングの圧入がきつかったり、緩かったりする場合の事です)

またタンク裏の防振ゴムに亀裂が入っていたので新品交換しました。
タンク側のネジ穴にストレスがかからない様に慎重に交換します。

弊社ではこの様な見えない箇所に精度の高い整備をする事が重要だと考えています。
このような作業の積み重ねで安全でより楽しいオートバイになると思います。








コメント

ドカティ シングル 新入庫

2014-09-11 | 過去の販売車両




New Arraival For Sale

250Desmo MarkⅢ(Yellow)
450Desmo Syd`s Cycles Engine(Silver)
コメント

Syd`s Cycles 450Desmo

2014-09-10 | 過去の販売車両
















450デスモが入庫致しました。

フロリダ州のドカティチューナーであるシドサイクルによって組み込まれたレーシングエンジンです。
デスモヘッド、ツインプラグ加工、ビックキャブレターとレーシング仕様ですが
現在公道仕様へと変更しています。

このエンジンに似合うように、フロント、リア共にCERIANI
コックピットはCERIANIの三つ又、スミスタコ、CEVのスピードメーターとなっています。

外装はシドサイクル製と思われるタンク、シートです。
再塗装済で革シートも張替済です。

レーシングエンジンで楽しみたい方にはお勧めの一台です。

状態や細かな仕様は是非お問い合わせ下さい。




コメント

450Desmo with Ceriani racing parts

2014-09-05 | WORKS
お客様からご依頼を承りました450デスモのレストアも足回りが完了しました。







完全分解後、クランクの芯出しから作業したエンジン。中は勿論の事、外装もしっかりと清掃します。
綺麗な外見でサイレントなエンジン音だと、エンジントラブルを未然に防ぐ効果があります。






普段の整備では行き届き難い箇所でもある、ブレーキハブもしっかりとバフかけします。




弊社ワンオフパーツも多数使用します。ボルト、ナットはハイテンションを使用。




ステムナットは穴がなめやすいので、素材を変更して強度を高めました。




シルバーショットガンのイメージが崩れない様に、ハンドルやタコメーターはオリジナルです。
ワイヤー類はロードモデルなので、ゴムで被膜しています。
コメント

Legend of Classic 3rd 31/08/2014 in Tsukuba Circuit

2014-09-01 | レース、イベント情報
先日、筑波サーキットにて行われましたレジェンドオブクラシックに参加致しました。




早朝から車検です。車両は勿論の事、ヘルメットやレーシングスーツも検査官の
チェックが御座います。



車検に合格し、無邪気に喜んでいます。なぜか私もご一緒に(笑)




車検後に参加者へのレース説明が御座います。
レースではライダーの安全や楽しく遊ぶ為にさまざまなルールが御座います。





レースの説明が終わると、午前中に予選、午後に決勝レースとなります。
各ライダーは予選前にエンジンの最終チェックを行います。


ドカティ ダイアナ250 (Ducati Diana250)


シーリーブリジストン(Seeley,BS350)




マチレスG50(Matchless G50) 素晴らしいサウンドです。思わず動画を撮ってしまいました。








予選のダンロップコーナーです。いつもお世話になっているDucatiシングルレーサーのライダーの方々です。






午後からは決勝です。レース直前はかなり緊張します。なかなか普段の生活では味わえない緊張感です。







DUNANレーサーは気持ち良く乗れてトラブル無く完走する事が出来ましたが、
毎回の事ながらライダーの腕に問題が大きくあります(泣)
VHBキャブからSSIキャブに変更した事で乗り味も変わり、ここまで変わるんだと正直びっくりしました。
嬉しい経験でした。




天候も心配していた雨にならず、良い一日でした。

レジェンドオブクラシックはレースは勿論ですが、サーキットでお会いする参加者や見学者、また主催者の方たちと
オートバイを通してお会い出来るのがとても楽しく、有意義に感じます。

私にとってレースは参加する度に楽しくなります。サーキット活動は長く続けたいです。
また皆様とお会い出来るのを楽しみにしています。

DuncanCycle 増田裕二






コメント (2)