DuncanCycle-NewBLOG-

DuncanCycle HP http://duncancycle.com/

キックペダル

2013-10-30 | WORKS
DUCATI 175GSに真似て純正のキックペダルを曲げてみました。


Phil Aynsley Photographyより



形状を見て「キックやり難いかな」と思っていましたが、クラブマンレーサーにつけてキックしてみると
以外とやりやすくびっくりしました。

これですとステップをたたまずにキックスタートが可能です。
ワイドケースに比べてナローはキックが弱いと思いますが
純正とあまり変わりなくキックが踏み込めると思います。

コメント (2)

ドス・オリエンタレス

2013-10-27 | その他
本日はレースで大変お世話になっていますS様のご厚意で
ドス・オリエンタレス様の日本ツアーの打ち上げLIVEに行かせて頂きました。
LIVE会場はプライベートスペース!!!すべてにおいて私には驚きの連続でした。

LIVEが始まる前にガレージを拝見致しました。
プラモデルでしか見たこと無かったスポーツカーや
DUCATIBOOKで穴が開く程見ていたMODELを実車で初めて見る事が出来ました。











LIVEもお料理もとても素晴らしく、時間を忘れて楽しみました。
ブログを書いている今でも余韻が残っています。
夢の様な一時でした。

S様本日も有難う御座いました。
コメント (2)

DUCATI SINGLE エキゾーストナット

2013-10-24 | WORKS
OLDドカティのほとんどの車両でエキゾースト部のダメージが見受けられます。
ダメージが深刻になりますと大きな修復が必要となります。

エキパイの取り外しの際にネジ山に違和感を感じたら早めの修復をお勧めします。





コメント (2)

跳ね馬 DUCATI

2013-10-23 | WORKS





サイドウェイトロフィーが楽しみです。
コメント

DUNCAN DUCATI 250 FST仕様

2013-10-21 | WORKS
クラブマンレーサーもエンジンが組み終わりました。
少しエンジンを始動してみましたが吹け上がりも良く白煙も収まりました。
このエンジンで11月に袖ヶ浦で開催されますフェスティバル・オブ・サイドウェイトロフィーへ参加したいと思います。




LOCと同じ仕様では味気が無いので
完全な自己満足ですが(汗)少し仕様を変更しました。

タンクパットを着けて、オイルラインを透明にしたいと思います。
キャブも私の運転技術に合わせて32mmから29mmに変更しました。





コメント

DUCATI 250 シリンダー組みあがり

2013-10-16 | WORKS
本日はクラブマンレーサーのピストン、シリンダーを組み込みました。



午後からはO様がいらっしゃいました。
外装は販売当時からのそのままのコンディションです。
とても目の保養になりました。





スプロケットのボルトに破損がありましたので、ボルトを作製し交換となりました。
お忙しい中お時間を頂きまして有難う御座います。

またいつでもお越し下さい。お待ち申し上げます。
コメント (2)

DUCATI SINGLE シリンダーヘッド 組みあがり 

2013-10-15 | WORKS







DUNCAN DUCATIのヘッドが組みあがりました。

バルブを大きくしてピストン、シリンダーも変更します。
どのようなエンジンになるか楽しみです。
コメント

DUNCAN DUCATI シリンダーヘッド

2013-10-10 | WORKS
ベアリングとロッカーアームが次のカムシャフトを待っています。



コメント

DUNCAN DUCATI LOCレース後点検

2013-10-08 | WORKS
LOCのレース後の点検を行いました。

今回は転倒してしまいましたので、故障した箇所を修復、交換しました。

故障と言ってもはアクセルワイヤーのアジャスターボルトと右ステップステーのみでしたので
たいした事無く良かったです。









エンジン内もダメージ無かったのですが、回転数を上げると白煙が気になりましたのでチェックしたいと思います。



コメント

レジェンドオブクラシック 第三戦 筑波サーキット

2013-10-02 | レース、イベント情報
2013年9月29日に筑波サーキットで開催されましたレジェンドオブクラシックに参加致しました。

天候の良く筑波サーキットでは最高の参加台数となり良い雰囲気のレースとなりました。



午前中は朝7時!!からの車検、ミーティング、タイムアタックとなり、午後は決勝となります。


今回もちゃっかり996レーシングパイレーツ、チームセンジュドウの皆様とご一緒させて頂きました。



車検は問題無く通り安心しました。


ライダースミーティングでは、開催者からレースの説明があります。





タイムアタック前のエンジン暖気です。2スト車両の白煙が凄かったです。
SSGUN様は朝は「気合いが入らないな~、気持ちが乗らない」と言っていました。
これはまさかのチーム下剋上かも!!! 2台ともにエンジンの調子は良さそうです。



タイムアタック直前です。私が一番緊張する時間です。他の皆様からは余裕を感じます。。。


タイムアタックして直ぐにプラグをかぶらせてしまい、EGの調子を悪くしてしまいました。



予選結果です。SSGUN様は総合3位、クラス1位です。朝のセリフは嘘だと確信しました(笑)


午後から決勝です。
プラグをかぶらせてしまったので、点火の進角とキャブのメインジェトを変更しました。
あとは素晴らしい参加車両をカメラで撮りました。
全部載せきれないのが残念です。






























決勝がはじまります。









ブログで書くのも恥ずかしいのですがタイムアタック同様、
またまたプラグをかぶらせてしまいエンジンの調子を悪くしてしまいました。
最終ラップではコースアウト、転倒となり。課題の残る結果となりました。

一方、同チームSSGUN様に抜かされる際、強い圧力を感じました(笑)
レース後、伺いますとやはり「このように走るんだ」という熱いメーセッジでした。
とにかく凄い走りでした。。。
SSGUN様はまたまた優勝しました。本人もマシーンも絶好調で気持ち良さそうで見ていて羨ましかったです。




今回のサーキットは課題も残りましたが、沢山の仲間や関係者、家族に支えられて出来た事です。
本当に楽しめました。参加者の皆様と少しでもお話が出来て嬉しかったです。
この場を借りましてお礼申し上げます。有難う御座います。

課題といっても幸せな悩みです。レース活動は長く付き合いたいと思います。

今年のレジェンドオブクラシックは御座いませんが、来年も参加します。
また皆様とお会い出来る日を楽しみにしています。











コメント (6)