河瀬サロン          SOHOフリーランスの起業経営

コーディネイタ河瀬謙一@SOHO CITY みたかからの発信。
お金をかけず、個性と経験と学びの独自ノウハウで商売。

実行へのヒント-301

2009年03月30日 | Weblog
2009年3月からのSOHO仕事術-3

まず、次の3点をチェックされたい。

・ 長期的に観て食うに困らないこと
・ 毎日が楽しいこと
・ 家族や知人との団欒を楽しめること

これが成熟社会の基本になると、ある長老から教わった。

元気で勇猛果敢な目標とは変わって、一種落ち着いたものだが
なかなか味わい深い。

バブル崩壊、金融恐慌などを実際に経験してみると、世間には
虚仮(こけ)の評価軸がたくさんあることがわかる。

その評価軸を持ち出して、優秀だ、エリートだ、と騒ぐが、その
実態は大したことがないとバレてきた。

日常と将来は、先に述べた3点で十分。
それ以上は自由な世界だ。

そういう自分にもっていくにはどうするか。
春、心地よい風の中にノートとペンを持ち出して、ゆっくり考えて
書き出してみるのがよい。

あせり過ぎると先が見えない。
コメント

実行へのヒント-300

2009年03月23日 | Weblog
2009年3月からのSOHO仕事術-2

SOHO事業者の共通性は”営業力の弱さ”である。
これを強くしないと沈む。
営業は忙しくてできない、というのは理由にはならない。
営業は苦手、という人も甘えである。
世の中の人はみんな営業や仕事で忙しいのである(本当に
過労死したりする)。

受注型なら横請け(相手に提案して御社ならばと受注する)が
できなければならない。
あるいは腕を買われて単価が倍になるとか、そう言う話である。

@単価(1)X V数量(2)=S売上(3)

とすれば
@単価(1)がUP。
V数量(2)がUP。
両方ともUP(1と2)。
変形を含めてもその組み合わせのどれかである。
一人に仕事のキャパが限られているなら単価UPしかない。

予定生産(仕入)販売型でも基本は同じである。

単純に言えば、ハードワークが嫌いと言う人はこの不況
で自滅すると思う。

仕事の総量が 1/3 吹っ飛んだのが今度の不況である。
その分、汗で返そう。工夫と努力で取り戻そうとしない
ところは消えざるをえない。

こういう創意工夫とハードワークを行えるかがチェック
項目の2点目である。

ただ、そのためには行為が”成果の的”に当たらなくて
はならない。
中心でなくてもいいから的に当たること。
ここは心構えで何とかなるもんだ。

もしハードワークが的の中心近くに当たれば、かえって増益
ということも十分にあり得る。
コメント (2)

実行へのヒント-299

2009年03月22日 | Weblog
2009年3月からのSOHO仕事術-1

金融危機が来ようが、何が飛んでこようとも変わらない時代の流れ
がある。

・ 市場の多様化
・ エレガント化への要求
・ 高度技術・システム化
・ 作業の分散化

などは変わらない大きな流れである。

国家の関係でも米国のユニラテラリズム(単独主義)は過去のもの
で、多極化時代を迎える。これにはチャンスの面と、紛争の両面が
内包される。

そんな中、時代の大きな流れをにらみつつSOHOの仕事術で根底に
持ち続けるべきは、

・ 信条にあった事業テーマの絞り込み
・ 事業計画に沿って人一倍働く行動力
・ 研究し、工夫・改良を加える姿勢

の3つで、もう一つ加えるなら自分には新しい技術やノウハウの習得
がある。

そもそも事業には賞味期限があるから、その期限が来る前に新しい
ものを立ち上げておかなくてはならない。
それには3-5年かかる。

既に準備しているSOHOはON THE LINE でボールを打ち続ければよい。
そうでないSOHOは、3年後に泣きの涙を見ないように今日にでも新たに
加える事業の構想を練り始めるべきだ。

以上が仕事を作り続ける基本で、まずはそのチェックから始めよう。
コメント

実行へのヒント-298

2009年03月18日 | Weblog
知識病

何でも頭で理解できたり、
知っていることは知らないことより常に上等だと思ったり、
現場に行かずに、現場のことを語ったり、
机上の論理で社会の物事が動くと思ったり、
学校の成績がいいと頭がいいと思い込んだり…

ともかくこのような頭でっかちを
「知識病」
と言う。

社会に出てもこのような人は多い。
教育関係者や研究者に多いので気をつけた方が身のためである。
(私は茶化しているのではなく親切心で言っている。念のため)

昔々、老子はこのような人々を看破して次のような言葉を残している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


何でも頭で知ることができると思うのは、

病人といっていい。

誰でもみんな一度は

この病にかかるがね

しかし「知らない領域」から来るタオに

つながった時、ひとは

この病からぬけでるのだよ、だって

自分が知識病を病んでいると

知ればとたんに

この病は病じゃなくなるからさ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「タオ 老子」
(加島祥造・筑摩書房)  より引用
コメント

実行へのヒント-297

2009年03月12日 | Weblog
やってみる

この世の中には、前頭葉を働かせることに慣れた人と
慣れない人がいる。

学校の成績などはその結果だ。
少し使い慣れた人が良い成績をとる。

そこで気分を良くしていろいろと応用が始まる。
しかしそれが行き過ぎると、何にでもその回路を使う。
その結果、考えれば全部わかると思い込む。

考える事は有用だが、それには限界がある。
世の中のほとんどの事はやってみないとわからない。

頭を使う事には快感が伴うが、体を使うともっと快感
がある。
だから体ごと成功体験を獲得することはすばらしい。

加えて、こうした体験の上に知識を活かすと物事が面白く
動くようになる。
(世の中には、体を動かすのが億劫だと思う人が多いから、
差をつけるにもいいチャンスだ)

実際にやってみると新たな発見もある。
それが独自性の素になったりする。

ふと横を見ると、頭だけの人は同じところを周っている。
コメント (1)

実行へのヒント-296

2009年03月10日 | Weblog
仕事

不況の風が吹いてきたからか、それ以前からなのか。
それはともかく手抜き、形だけの仕事が増えている。
まじめに努力する人にはチャンスだらけである。

「はい、これとこれをしっかりやります」
と言っておいて、他人任せの”作業”を仕事と思っ
ている。

そういう内容でも、効率化が出来て利益があがれば
いいという風潮、世間の空気がある。

けれどそんなことは仕事の意味を知らない人が言う
事で、昔はプロから笑われた。

こういう市場に新規参入のビジネスチャンスはある
んですよ。
コメント

実行へのヒント-295

2009年03月07日 | Weblog
現在の事業をよりよくするには

足りないところを埋めて、まずいところを改良するのがいい。
シンプルに考え改造することをお勧めする。

どうすれば業績がよくなるかについてのノウハウは巷にあふれ
ているので参考にしてもよいが、欠点は細かすぎることである。

もっと基本的なことをちゃんとすれば業績は回復する。
コメント