河瀬サロン          SOHOフリーランスの起業経営

コーディネイタ河瀬謙一@SOHO CITY みたかからの発信。
お金をかけず、個性と経験と学びの独自ノウハウで商売。

実行へのヒント-679

2017年11月27日 | Weblog
もういちど「戦略」を

このごろ「戦略的に」と言う人の多くが戦略的でない。
見極めは簡単で、ビジネスで戦うとまたたくまに負ける。

ご存知の通り、戦略的に戦う最高ランクとは戦わずに勝つことである。
背後と周辺にある考えは次の通り。

1.国益
2.政略
3.戦略
4.戦術
5.戦闘
6.装備
7.訓練

この頃言われる「3.戦略」とは実は「4.戦術や 5.戦闘」のことらしい。

上位の「政略」や、目的とする「国益」はそもそも考えから除外されていたり、間違った方向を向いている場合は実戦において「負ける」ということが戦いの前から決まっている。
ともかく歯が立たないのである。

また、あなたの戦略は何ですか?
と聞かれて真正面から正直に話す人などいない。
話すのは仲間内だけであり、そういう類のものである。

こんな話をするのは、今の国際情勢が「戦略」を考えるのに最適と考えるからだ。
そしてSOHOは戦略がなければ今以上の利益はない。
使われて終わるからで、それはあなたの危機である。

さて、簡単に言えば国際情勢は変わりに変わって、

・冷戦時代の二極構造
・冷戦後のアメリカ一極構造

を経て

・多極構造

と変化している。

そのとき国家はどう生き抜こうと思い、どう動くかが戦略の具体策である。
例えば、今後二国間同盟だけで大丈夫か否か、などである。
日本のありかたについては様々な立場の人がいろいろと言われているので、ここでは踏み込まない。

大切なのは「戦略」は国家にも、会社や地域、個人にも必要だという現実である。

国際社会が多極構造になる、ということは「国」にとって外部環境の大変化のことである。
社会の急速な変化は「SOHO」にとっての外部環境の大変化を意味する。

外部環境の大変化は現状に留まらず内部に革新が必要だ、ということを示唆してくれる。
だから普段から、よくよく考えておくことだ。
コメント

【セミナーのお知らせ】~AIとビジネス~

2017年11月07日 | Weblog
【セミナーのお知らせ】

11月9日(木)16:00から三鷹産業プラザでの経営者・実学サロンは
「AIとビジネス」
をテーマに、少人数での有用なセミナーを開催します。

今回のゲストは、株式会社トゥエンティ・フォー・ストリーム 代表取締役 野島晋二さんです。

パナソニックの研究所時代からAI研究者だった野島社長を囲み、我々のビジネスとのかかわりは
どのようなものが考えられるか。

AIの本質を理解しながらテーマを掘り下げていきます。


■講座名: みたか身の丈経営塾
(経営者実学サロン)平成29年度-part8
>~AIとビジネス~

■対 象:事業収入を伸ばすことに意欲を持つSOHO事業者
※本講座は、三鷹市特定創業支援事業にかかる「経営」をテーマにした講座です。

■日 時:2017年11月9日(木)16:00~17:30

■会 場:三鷹産業プラザ4階ミーティングルーム

■受講料:500円

■募 集:若干名

■ゲスト紹介:野島晋二さん


大学院時代、当時AIを研究していた父の影響で、AIに興味をもち研究を始める。
大学院を卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)に就職。
第5世代コンピュータを研究する国家プロジェクトに参画し、
ニューラルネットワークの研究に従事する。
SOHOベンチャーカレッジに通って準備し、2006年に仲間と二人で24Stream(トゥエンティ・フォー・ストリーム)を設立。
映像システムを中心に事業を展開している。
現在はディープラーニング関連のサービスを開発する傍ら「文学嫁でもわかるAI入門」という
初心者にAIのキモがわかるブログを執筆中。

https://ameblo.jp/shinji-nojima/entry-12300372212.html

■講 師:河瀬 謙一 (SOHO CITY みたかコーディネーター)

有限会社ビッツアンドカンパニー 代表取締役
1979年卒業後、印刷会社などの会社員生活を経て1991年独立。
1997年よりSOHO CITY みたかとともに20年を歩む。
現在、e-learningコンテンツの企画・制作を中心に事業展開中。
SOHO CITY みたかフォーラム理事長。

■お申込先:参加者名と電話番号を明記の上、
ミタカフェまでメールにてお申込みください。
E-mail:mitacafe@mitaka.ne.jp

■お問合せ:株式会社まちづくり三鷹
電話:0422-40-9669

※受付後、ミタカフェより申込受付確定メールを返信いたします。
お手数ですが、返信がない場合は上記お問合せ先までご連絡ください。

                             以上
コメント