河瀬サロン          SOHOフリーランスの起業経営

コーディネイタ河瀬謙一@SOHO CITY みたかからの発信。
お金をかけず、個性と経験と学びの独自ノウハウで商売。

実行へのヒント-582

2012年05月23日 | Weblog
もっと豊かに生きるには

先日、起業人生を選ぶか、サラリーマン人生を続けるかというアンケートをやったら、

・3割がこのままサラリーマンを続ける
・7割が独立して仕事をしたい

と答えた。
母数は20名で少ないが、傾向は明らかである。

サラリーマンを続ける人も、「仕事とは別の顔を持っていたい」と言われる。
サラリーマン人生一本槍はすでに過去のものになってしまった。

・一方、独立の際の課題は「安定した収入、生活」

で、要は収入。

私はもう少しバラエティーのある答えがあると期待したが、そうではなかった(笑)。
それに収入がネックと言うことなら、問題はすでに解決したも同然である。

・希望収入は現実的にいくらなのか。
・それを達成する手段は何か

で、方法論はそれぞれの得意か、好きか、面白いと思った分野で実行すればよいのだ。
ただこれはお金の話をしているだけで、もうちょっと別の角度からの行動力が好感を集める。

それは、
「これだ」
と思ったら、もうからない事にも情熱を傾けて取り組むことである。
いわば我が人生欲求の延長で自己犠牲ではない。

みんなが喜んでくれれば、まず心が豊かになる。
次に仕事との相乗効果が得られる(専門用語でスピルオーバーと言う)。
おまけに、どこからとなく元気が出てくる。

以上のことは、やってみるまでわからない。
だから心豊かに生きるには、仕事以外にも社会性を持つことを一つやることだ。

我欲を離れると幸せになる、という思想は古来から日本人が持っていたものだが、それに学べば
より豊かな生き方が見えてくる。
コメント

実行へのヒント-581

2012年05月03日 | Weblog
もっと利益を上げるには

起業を果たし、仕事が回りだすと「これでいい」と思ってしまう人は多い。
本当にそれならいいが、多くの場合それはやっと事業が回る「利益」でしかない。

当人にとってはそれでも大変なことは自分の経験上わかる。
少し息を抜きたいという気持ちもわからぬわけではない。
しかし、自分の中で「何かが納得いかない」とも感じているはずである。

そんなとき、その人は「夢」を忘れてしまっているのかもしれない。

シビアな現実と向き合う中で、現実的になりすぎると「夢」を忘れてしまう。
「夢」は何でもよいが、それは自分の心を揺り動かすのに十分なものである。

いいこともたくさんある。
まず「夢」のある人と時間を共に過ごすのは楽しい。
それだけで世の中に貢献している、ともいえる。
次への事業目標も生まれる。

だから人は自分なりの大きな「夢」を持つ方がよい。
そうすると利益が後からついてくる。

このとき経営的に勘案すべきは2つある。

ひとつはインカムにつながるタイムラグ。
もうひとつは、自分の「夢」に酔い過ぎないこと。
コメント