河瀬サロンSOHOスタイル    起業・経営者実学サロン

SOHOコーディネイタ河瀬謙一@三鷹からの発信。
キーワードは、身の丈でお金をかけない起業と経営。

実行へのヒント-699

2018年07月28日 | Weblog
幸福と充実へのあゆみ ②

生活を送る上で、こんな考え方をしていけばよいとのアドバイスを受けたことがある。
多くの方に参考になると思うので再度記しておこう。
-------------------------------------------------------------
1)長期的に経済の心配がないこと
2)家族や仲間との団欒
3)毎日、何らかの楽しみがあること
-------------------------------------------------------------
どれも平凡な事柄だが、だからこそ意味がある。
読者はそれぞれの立場に応じて解釈の工夫をしてほしい。

さて、相互信頼チームについてもう少し別の面から述べてみよう。

先ず、このようなチームは一朝一夕にはできない。
だが一度できると強いし、別途類似チームをつくるのも段々と容易になってくる。
SOHO CITY みたかのような、一種ワークスタイルの集積地では産業クラスターはできないが、人材クラスターが形成される。
これがチームと構成員、それぞれの強みになる。

相互信頼チームは、秀でた能力だけの集合体だけではない。
大切なのは人としての信頼感とその積み重ねである。
100%大丈夫な人の集合体などはなく、良いところも悪いところもある人間と知った上でのチームづくりとなる。

これらは長期的に形成されるから「地域でのビジネスパーソン集積を目指す」ところは、意識を「信頼関係」から見る癖をつけておいたほうがいい。
おそらくそれができたところから、ゆっくりと成果と利益を伸ばす事だろう。

ついでに言っておけば、仕事の目的は「利益や収入」だけではない。
友情もあるし、世間話も生活上の悩みだって話せる人の存在は心理的安定に大きく貢献する。
また自慢話もあれば、失敗話もアリで、その後に「ワハハ」と笑える関係がいい。

これに反して収入や肩書が重要視され、人間性が軽視されるコミュニティは段々と人が集まらなくなるだろう。
基本的な人間性に反しているが故に全くつまらないところ、と感じさせてしまうからである。

人間とは自己矛盾と論理矛盾を抱え、非論理性も沢山持つユニークな存在である。
その面白さと不可思議さを理解し、厳しい姿勢で目標に挑むチーム作りは人生を充実させるよいあり方だ、と心の底から思う。

一方で数人のチームでできることなどたかが知れているという意見もあるだろう。
大勢の人がかかわり力を合わせることが業績に直結する仕事はこれからも存在する。

特に製造業中心の時代、量と規模の世界では正しかった。
しかし質の世界では逆である。

時代は後者の方向に進んでいる。
コメント

実行へのヒント-698

2018年07月14日 | Weblog
幸福と充実へのあゆみ①

SOHO CITY みたかの第二ステージはこ次の2ステップから始まる。

1.20年の総括
2.ボリュームゾーンと先端の2つをフォローする

---------------------------------------------
1.20年の総括

① SOHOはフリーランス、インディペンドコントラクター、ノマド、フリーターなどと呼び名は多様になったが、ともかく全国で1,100万人いるとされている。
それほどにこのワークスタイルは広がった。
内訳は1~2割の価格設定力、価格交渉力を持つ力のある事業者と、そうでない8割程度の作業業務の層に分かれる。この比率は肌感覚での想定だが、そうはずれてはいないだろう。
この差とは本質的には事業者自身の意識の差である。

② 意識の差が高いか低いかの差は、当人の社会経験知、つまりは会社員と独立後の経験と学びで、社会人としての基礎を築いたかいないか、の差である。
それと志。

③ 起業塾、経営塾では、考え方とノウハウを教えることはできるが、能力を教えることはできない。能力を鍛えるのは、事業者本人である。

④ SOHO成長の環境づくりは、自治体が、整備応援したほうが効率が良い。
SOHO CITY みたかでは、初期から

・SOHO入居施設
・SOHOのコミュニティー育成
・起業経営相談
・起業塾、経営塾
・事業発表、PRの場(SOHOフェスタ)

などが行われ、今も続いている。
プラス、SOHOコミュニティでは特に年齢のたてのつながりが持てる環境づくりが大切である。
----------------------------------------------

2.ボリュームゾーンと先端の2つをフォローする

事業者数が多いボリュームゾーンは収入は全国平均所得かやや下くらい。
SOHO CITY みたかでは、その人たちへの支援体制はすでに整ったと言える。

一方、先端とは1,000万円以上の年収が既にあるか、それを目指すSOHOのこと。

こういう人は少数ながら必ず現れる。
これにプラスして、それ以上の収入と活動を求める人は、自社を拡大したりSOHO同士でチームを組む。

このとき自治体の支援は事業者たちの「バックアップ」に注がれる。
つまり事業者が力を持った時に必要なのはバックアップだけになるからだ。
故に必要な支援はここに集中。

別方向から解説するとSOHOの事業内容や興味は多肢に分かれている故に、一括的な支援は意味をなくす。
むしろその先を渇望する。

従ってこのセグメントの支援者とはよき仲間かクライアントで、それ相応のレベルの人たちに限定されてくる。

自分の足で歩み始めた青年に必要なのは、目標、自助努力、指導者の存在、そしてよき仲間である。
----------------------------------------------
SOHOコミュニティーはこのように、セグメント化され、相互に啓発しあいながらSOHO事業者数を増大させてきた。これからも同じ道を歩む。

それは単に時間経過とともに事業内容が高度化されるだけではないのか、という質問が飛んできそうである。
答えはそういう部分もあるが、最も大きいのは「相互信頼チーム」が形成されるか否か、というポイントにある。

個人ワークからチームで相互信頼社会の一部)を取り戻す方向に動きはじめる。
何が面白いかと言うと、

・やっていることが社会価値と利益を生む方向にどんどんシフトする。
・初期アイディアから事業化までのプロセスをメンバーが共有する。途中の失敗も共有する。
・自己実現と連帯意識増大の方向に物事が進んでいく

など、所謂良い循環のことである。

結論だけ言うと、質の高い仕事は相互信頼チームでないと出来上がらない、という事実である。

何故か能力だけの人を集めても平均以上のいい仕事は成しえない。
成しえない、という何回かの失敗を経験値とすれば、それを経験しそれを超えて本気で相互信頼チームを形成するのが第二ステージの入り口で、これが本質論。

これを理論的には当たり前だ、と思う人はさすがに理論の人である。
「そうか、そこに気をつけよう」と考え、実行する人だけが残っていく。
理論は大切だが、本当の仕事とは人間が行うものだ、という原理原則を忘れてはならない。

この中からプロフェッショナルの仕事と成果が表出してくるのである。
コメント

実行へのヒント-697

2018年07月05日 | Weblog
成功へのヒント-4

口が達者でお茶の間評論家だらけになると、実際に行う人は少ない。

これはチャンスだ!
と動き出す人が成功する人である。
そこで失敗しても、失敗から学ぶので更に強くなる。

所詮こういう事ではないか。
世の中は、口が達者でお金が欲しい人は多いが、実際にアイディアを行動に移す人は少ない。
事業計画書を書く人も少ないが、これを工夫改良して革新に至るまで考え抜く人も少ない。

とすれば
・行動して考え、工夫改良する人には大きなチャンスがある。

はじめの一歩を歩みだした人の成功は、もはや夢物語ではない。
成功の定義も自分で設定する時代だろう。
更に行ってお客様の声を取り入れれば、徐々に核心へと近づける。

そこで次のフレーズを再度記して、SOHO CITY みたかのファーストステージ報告は閉じよう。
ここまで20年かかったが面白いのはこれからだし、チャレンジャーはさらに強くなる時代である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 試すこと。
  実験と言ってもよい。
  小さく発表して、相手の意見を聞くこと。
  納得した部分を積極的に取り入れること。
  即ち実践的な改良。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                              以上
コメント

実行へのヒント-696

2018年07月03日 | Weblog
成功へのヒント-3

SOHOが活躍できる土壌があるにもかかわらず実際に活躍できないとすれば、第一に言えるのは

・事業者本人が頑張らないから

という一言に尽きる。
このとき言い訳は不要であり、質問は愚問となる。

しかし、この時例えば社長経験者の「発展的」なひと言に触発されて頑張る事業者がいたら、それは素晴らしいことだ。
そうでなければ、いたるところで

・結局今のままか、少し業績を伸ばしておしまい。

という具合で「活性化論」は完結する。

「やる気満々」で「諦めを知らない」SOHO事業者さえ居たら、幾たびかの失敗を経て成功するだろう。
これは、よき土壌と、本人の欲求と強い意志の掛け算で事が成るわけである。

そのときに② 新しく学ぶ分野を持つ、という行為は自然に生まれるはずだ。
物事を推し進めようとするとき、自分に足りないものを発見する。
それを埋める必要からである。

完成形を式で表すと、自分の得意分野×新分野=自分独特の分野。

サポーター、つまり中間支援組織はこの事業者の背中を押さねばならない。
決して、いかなる具合にも邪魔をしてはならない。

さてこの頃非常に強く感じる事だが、学ぶ人は生涯を通じて学び行動し、そうでない人はお茶の間評論家になり果てる現実である。
先ず顔つきが違う。

だから、何かで成功したいのなら、たまには自分の顔を鏡でじっくり観察してみよう。
そうでない人は化粧か髭剃りの時だけで充分だ。
コメント

実行へのヒント-695

2018年07月02日 | Weblog
成功へのヒント-2

色々と相談を受けて20年になるので、個別のことはともかく傾向としてこういう考えをしたらいいよ、ということを書いてみよう。

先ずは先に書いた① 仲間のことだ。

同じ年の仲間は割とすぐにできる。
大切なのは、年代的に縦の人たち。

上は指導者。
下は後輩。
真中自分。

そうするとごく自然に成長するってことは何か、が分かる。
これは個人に宿る「暗黙知」です。
その人達と話していると自分にも理解できる「形式知」がそれに加わる。
だんだん重層的になるわけ。
いい仕事をするには、この縦の存在が大切。

それから同レベルは世間話向けにはいいけど、仕事をするにはあまり役に立たない。
自分が出来ないことを、普通にできるプロ仲間が必要。
そうするとチームでいい仕事ができる。

別の言い方をしてみよう。
30代とか若めの人に多いのは、同類の中で安心感を得ることが常態になっているケース。
それだと、いつまでも同じレイヤーの中で存在できるけど成長できない。
それはいい意味での刺激がないから。

人間は「パコーン」と刺激を受けなければだめ。
刺激を受けて考えと行動のパラダイムが変化するのが成長。

縦の関係は個人で築くのはむつかしい面があるから、その意味で三鷹の人たちは私も含めて恵まれていた。
社長や重役経験者の前田隆正さん、杉山卓さん、金澤磐さんたちがいた。
それもごく普通の隣人として。

これは大きな財産で、ここに気がついた地域は出来るところから人を整えるべきだと思う。
コメント

実行へのヒント-694

2018年07月01日 | Weblog
成功へのヒント

成功するには自らが努力を行うことはもちろんのこと、次の3点を得て果敢に実行することが肝要と思われる。

① 同じように志の高い友人を持つこと。
  物事を長期的に眺め、ビジョンを持つことを共有できる人々のことである。
  事業テーマはそれぞれ違ってよい。空気が心地よくリズムが同じである。

② 新しく学ぶ分野を持つ。
  これは必然的にそうなる。
  自分の得意分野×新分野=自分独特の分野となる。

③ 試すこと。
  実験と言ってもよい。
  小さく発表して、相手の意見を聞くこと。
  納得した部分を積極的に取り入れること。
  即ち実践的な改良。

また成功の前には「迷い」という深い河がある。

「迷い」を断ち切るのは、「思考」ではなく「熟慮」でもない。
必要なのは「決断と実行」である。







コメント

実行へのヒント-693

2018年04月28日 | Weblog
成功するには

身の丈事業で成功したかったら、次の数項目を参考にされたい。

【分野】
自分が行う仕事として相応しい分野をいくつか書き出し、それぞれ成功目標に向かって努力を開始すること。
ダメなものは見切り、早速新しい分野にスイッチすること。
いくつか実行してみて、その感覚と実績からより適切なものに絞り込んでいく。
ひとつの分野でもマルチでも、常にニッチトップを目指す。
自分の事業にプライドを持つ。
結果的にオンリーワンになる。

【収入】
事業計画書を書く。
特に数字の部分は重要。
数字は、一番下の目標収入から書き、売上まで遡上するように書く。
一定収入があがるまでは、ジグザグに努力しながら頑張る。
実際に行う。

【事業構想】
単一アイディアから始め、いくつかの派生分野を持つのが普通である。
堅実収入の受注ビジネスから始める人が多い。
一定の仕事量で、収入の限界が見えてくる。
(これを突破するのは、時間単価が5,000円以上のもの。ふつうはそれより低い)。
限界が見えた時が「革新」へのタイミングである。

事業構造を練り直す。
何度も何度も考え、かつ試してみる。
このとき複数の事柄を扱うので、部分と全体を組み立て直すことを繰り返す。
思考することは甚だしく苦しくなるが、あきらめてはならない(分岐点)。
浮かぶアイディアは何事も書き出しておくのが後で有効に働く。
いくつかの仕事は相互関係をつくり(事業構想をじっくり練り直すことで)新たな姿に生まれ変える。
自分が行って心が弾む分野をつくること。
限定市場でよいから、1ミリでも先へ、新しいものに挑戦すること。
結果的にオンリーワンになる。

【経営】
経営の最も大切な要素は市場活動である。
市場活動とはプロモーションのこと。
プロモーションとは

・広告・PR
・販売促進
・パブリシティ
・人的営業
に加え、普段からの

・人づき合い
・仲間づくり
・顧客への対応
等を含む外部への社長自身の行動全体のことである。
この市場活動をいかに行うかが生死を決する。
計画を立て、実績と照らし合わせながら工夫改良する。
市場に受け、自分が行うに値するものを深く掘り下げ実行する。

【心構え】
勇猛心を忘れるなかれ
理屈と効率より情熱
一生一敗は兵家の常
この手で新たな分野を作り出す、という気概と行動。

                                          以上
コメント

実行へのヒント-692

2018年04月23日 | Weblog
三行半

サラリーマンや勤め人はどうだろう。
心から好きなこと、面白いことを提案しても会社が「それは・・・」などと言い続ければ、優秀な人は会社を辞める。

これが今の若者の常識らしい。
”あこがれの就職先”と評判の会社に勤務している友人が、

「今の若者は僕らが叱ると会社を休み、そのうち辞めてしまう」
と嘆いていた。

彼曰く”怒られないで育った世代”だからだそうだ。
彼から見るとそう見える。

しかしどうも若者は別の見方をしていて、
「つまらない会社なら居る必要がない」
と判断しているらしい。

世間では騒ぐが入社してみたら”それほどでもない”とわかればナンテコトはないのである。
そこで若者から会社に三行半(みくだりはん)を突きつける。

なぜこんなことがわかるか、というと
「今は転職ばやりなんです」
と、私より若いお母さんたちが声をそろえて教えてくれたからである。

一生懸命勉強して国立大学に入学し有名会社に入ったがすぐに転職する。
親の言うことなど聞かない、とお母さんたちは笑っていた。
そういえば、テレビも転職サービスのCMをどんどん流している。

つまりこうだ。
魅力がなければ会社は不要、社員は逃げて、お客だって寄り付かない。
なぜならそういう時代だからである。
時代の流れに逆らうのは愚か者の仕業だ。

では”アイディア溢れる電鉄経営”は今どこにあるのか、だ。
無ければ作ったところに人は集まるはずだが、既に”従来の会社型”ではないのかもしれない。
コメント

実行へのヒント-691

2018年04月22日 | Weblog
「アイディア溢れる電鉄経営」

阪急、小林一三の伝記にはそんなタイトルの章がある。
一三は阪急電鉄、宝塚歌劇団の生みの親として名を遺した。

当時のこと。
電鉄用地を買収した後、計画路線を何度も歩いたあげく得た結論は
・鉄道では儲けが出ないかもしれないが、宅地を開発して売れば必ず利益が出る、というものだった。

宝塚歌劇団は、その沿線の先に観光施設をつくって電鉄に人を呼ぶ考え。
その観光施設は失敗し、プールにフタをした後にそこでのイベントとして始めたのが宝塚歌劇団の始まり。
最初のアイディアは破れ、次の一手で勝っていった。

アイディアは単なる「思いつき」から「練りに練ったもの」まで範囲が広い。
・これでいける、と思っても初回では成功しなかった。
・そもそも初回から成功することを見通すのは無理な点が多い。
・だが勇猛果敢にチャレンジし、失敗で学んだことを糧にすれば次回への成功を手に入れることが出来る、というのは示唆に富んだ話だ。

失敗の後に続くアイディアは、貴重なものである。
「知恵」と言ってもよい。
「知恵」を出そうと思ったら、考えを尽くしての行動で失敗することが必要なのかもしれない。

行動しなければ「知恵」は生まれない。
だから何でも頭で考え、知識だらけの人を老子は「知識病」と呼んだ。

だが最後にこう言って助け舟を出している。
---------------------------------------------------------
自分が知識病を病んでいると知れば

とたんに この病は病じゃあなくなるからさ。
---------------------------------------------------------
最初から成功すれば世の中はバンバンザイだ。

しかし問屋はそうは卸さない。
失敗した後、クシュンとなるのは人間の証明だろう。
だがそこで終わるなかれ。

ここから失敗者特有のアイディアが進軍する。
独創が伸びてくる。
失敗からよりよい着想が得られれば仕事もグンと楽しくなる。
何よりも「生きている実感」が得られる。

アイディアとは現実と戦いながら、何度でも溢れるように出すものだ。
仕事とはそういうものだ。
失敗などは誰にでもある。
それに負けるな。
それを乗り越えて行け!

一三はそう言いたかったに違いない。
それこそ俺の人生だった、とも。
コメント

実行へのヒント-690

2018年04月15日 | Weblog
好きな事を極めよう

戦後の日本人は、こんな二段階の社会で暮らしてきた。

・地域でつながりを持っていた時代(地縁社会)
・人生が会社や組織においてつながりを持っていた時代(職縁社会)

地域や社会が自分を守ってくれる社会である。
これは今でも一部残っている。

ただ残念なことに、組織内の結束は急激に落ち込んだ。
そこで「自分で頑張れ」、という原点に時代が戻っている。

自分が頑張って自立する。
またはそれに向かって努力する。
そうする人がチームを組む。
成果を出す。
という順番と循環である。

このときチームを組むのは同じ組織内とは限らない。
目標のベクトルがそろっていればいいので、どこから集まっても構わない。

自分が属する組織の「しきたり」に従順だったのは、それで市場競争に勝ち、生きていけたからだ。
今はそうしても勝てない時代がきたので、先ずは「個人」が頑張る時代。
三鷹でいえばSOHOとか社会参画とか。

そこで「好きな物事」を持っている人は強い。
何しろ飽きることがないのだから、トップレベルに近づくのは手間と時間だけの問題である。

そこで結果的に
・自分で稼ぐ
・チームで稼ぐ

の2つが同時進行する。

さらに好きなことを極めようとすれば
・同じテーマを持っている人
・何かを極めようと努力する人

の2種類の人種と交わることになる。
これもお互いの未来にとって大切な宝になる。
出力はお互いに「パワー全開」だから呼吸も合う。

そういう人生への努力が求められている。
どこの学校を出たか、成績はどうか、今の肩書は、などは小さな問題である。

好きなことを続ける喜びを取り戻そう。
好きなものを極める人生を歩んでいこう。
更に経済力をつけたいなら、市場とチューニングする賢さと忍耐力もこの際身に着けてしまおう。

勝負はそれへの意欲だ。
コメント