がんの情報Tips

海外のがん情報を紹介。『海外癌医療情報リファレンス』https://www.cancerit.jp/関連ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルコールとがんについて知ってほしい10のこと

2016-12-06 | 癌全般

アルコールとがんについて知ってほしい10のこと

英国医療サービス(NHS)

今週は「アルコール意識向上週間」なので、アルコールとがんについてよく聞かれる質問のいくつかに答えたいと思います。 

アルコール1単位とはいったい何かという説明から、よく使われている二日酔い解消法の解説まで、アルコールとがんについて知っておくべきことを紹介していきます。

 

1. アルコールはがんとどのような関係があるのでしょうのか?

これはもっともな質問です。 

というのも、アルコールとがんの関連を知っているのは10人中わずか1人です。 

具体的には、アルコールは乳がんや大腸がんなど、よくみられるがん7種のリスクを上昇させます。 

アルコールをたしなむ人全員が、がんを発現するわけではありません。 

しかしながら全般的には、アルコールを飲む人々に、より多くみられるがんが数種類あることが研究から判明しています。

 

2. 比較的良いアルコールのタイプはありますか?

他と比べてより良い、またはより悪いタイプのアルコールといったものはありません。

 ワイン、ビール、または蒸留酒のどれに含まれているかに関係なく、アルコールそのものがダメージをもたらします。 

したがって、飲酒のアルコール総量を減らすほど、リスクが低下します。

 

3. 心臓には良いのではありませんか?


全文はこちらー『海外がん医療情報リファレンス』記事

ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
« ニラパリブが卵巣がん患者の... | トップ | 早期前立腺がんの侵襲的治療... »

コメントを投稿

癌全般」カテゴリの最新記事