豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

谷口けいが行方不明

2015年12月22日 | 山岳遭難
マジっすか


登山家の谷口けいさん 登山中に不明 捜索へ
NHK  12月22日 4時03分


引用
21日午後、北海道の大雪山系の標高1984メートルの黒岳で、登山家で山梨県北杜市に住む谷口けいさん(43)の行方が分からなくなりました。
警察によりますと、谷口さんは仲間の男性4人と登山中で、安全のため仲間とロープで体をつないで登っていましたが、山頂付近で休憩した際、用を足すためロープを外して1人で離れた場所に行ったということです。

引用おわり


うわ、そんなんで滑落しちゃったんですか…




引用
谷口さんは世界最高峰のエベレストや北アメリカのマッキンリーに登っているほか、平成20年には世界で初めてインドのカメット峰の南東壁からの登頂に成功し、優れた登山家に贈られるフランスの「ピオレドール賞」を女性として初めて受賞しています。
引用おわり

NHKもまことに失礼な物言いですな。彼女の功績を書くのであれば、ピオレドールを獲ったことを最初に挙げるべきでしょう。彼女は野口健のエベレスト隊にも参加しているのですが、ベースキャンプの混雑ぶりやフィックスロープをたどる登山者の行列を見て日本に帰りたくなったと感想を述べるほどガチなクライマーです。詳しくは以下で紹介するブログのエントリーを見てほしいのですが、「ナムナニが今までで一番高く60万円位、普段は30万円ぐらい。昨年のアラスカは2ヶ月で25万円位。がむしゃらに2ヶ月程働けば、7000m峰は行ける。」なんてコメントを読むと、熱いものがこみ上げてきますね。

文太のブログ日記/『谷口けい講演会』 20120606



そんな彼女のことですから、普通に生き残っているでしょ。


==追記==

残念な結果になったようです。言葉がありません。


登山・キャンプ ブログランキングへ




コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 安曇野市が大天荘を民間へ売却 | トップ | 機内収容直前に要救助者が落... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-11-19 08:24:56
最高峰のエベレストに登った、と先に言った方が一般の人にはすごさがなんとなく伝わりやすいですよね?ピオレドールなんて言われたって分からない人のほうが多いだろう(笑)
他のエントリも読みましたが、文句ばっかでつまんねーすよ?w
人を嫌な気持ちにさせる記事書くな、辛辣な物言いするならせめて面白いものを書け