「へンくつ日記」

日常や社会全般の時事。
そして個人的思考のアレコレを
笑える話に…なるべく

清水正孝社長の入院で思うリーダー論

2011年03月31日 17時42分58秒 | Weblog
 
いまや世界から非難を浴びている東電
その社長の清水正孝氏が入院し戦列を離れた
最高責任者の離脱は、さすがにマズイと思ったのか
隠遁状態だった勝俣恒久会長が会見を開いた
だが、その内容は専門家からも
「現状認識が甘い」と批判されるものだった
少なくとも、勝俣会長の言葉に奮起し
更なる努力を重ねようと思った東電の社員は
ほぼ皆無だったのではないか

また、今は闘いの真っ最中だから
あえて批判をしない兵士や市民は多いが
国の最高責任者・管総理はリーダーとして如何か




答弁でも、酔っ払ったようなロレツの回らない
ダラダラとした話し方と酒焼けのガラガラ声は
士気を鼓舞するどころか、逆に力が抜けてしまう

闘いはリーダーで決まると言っても過言ではない
どんな強兵が揃っても、指揮官が無能だと戦は勝てない
日蓮の有名な言葉がある
『いくさには大将軍を魂とす
 大将軍をく(臆)しぬれば
 歩兵(つわもの)臆病なり』

東電にしても、また日本国にしても
こういったリーダーを据えてしまった
株主や社員や、そして国民にも責任はある
だが、いまそれを言っても仕方がない

これから、どんなリーダーを選ぶかが問題だ

まず僕の判断基準は、善悪・正邪に厳格なこと
悪や邪に曖昧なリーダーでは絶対に駄目だ
そして、行動が迅速。悪戯に会議で決断を伸ばさない
決断したことに対する全責任は自分と言い切る人
高い見識と抜群の行動力も欠かせない
さらに、人情の機微を分かっている人間で
なおかつ、情に流されない強い意志の人
適材適所の正しい人事が出来る人
言葉に力があり、人々に希望を与え、やる気にさせ
各国の首脳陣を説得し納得させられる人
金や異性(妻以外の)や名誉には全く興味のない人
評論家や傍観者とは相容れないことも大事だ
見た目も凛として清々しく精悍だが
自分をどう見せるか等、全く思考にない人で
何より国民・市井の人々の幸福を考える人
人間の価値判断が、金や名誉や学歴や家柄でなく
市民のために如何に行動したかが基準の人
謙虚で誠実で寛容で聡明な人
そして、国民のためなら
躊躇うことなく命を投げ出す人

そんな人が理想のリーダーなのだが
僕は荒唐無稽な理想を言っているのだろうか…?
コメント

風評被害の打ち消しには賛成だが…

2011年03月31日 16時01分25秒 | Weblog
 
自民党の丸川珠代参院議員らが
放射能問題で風評被害にあっている
野菜農家のため、「野菜を食べる」
パフォーマンスを行った

趣旨は理解するが
この写真を見ていて
無性に腹が立った

特に丸川議員の顔は
生涯見たくないと思った

いま凄まじい現実が目の前にある
それとの、あまりのギャップに
腹が立って仕方がない



コメント

人体に影響のない“プルトニウム”って?

2011年03月29日 16時33分06秒 | Weblog
 
武藤副社長
人体に影響のないプロトニウムっていうのが
なんですか? 発明されたんですか?
僕の知っているプロトニウムは
たった1個体内に入っただけで
永久的に放射能を放出し
その人は確実に死んでしまうのですが
アナタの言っている
プロトニウムとは違うようですね

そうだ武藤さん
影響がないなら
かい割れ大根を食らった
当時の管厚生大臣のように
皆の前で貴方が、そのプロトニウムを
ひとつ飲み込んでは如何ですか?
そうすれば、皆は安心すると思うのですが…
どないです?
影響ないならできますよね?
コメント

武藤栄・東電副社長のエリート然とした「で、ございます」口調

2011年03月28日 17時04分41秒 | Weblog


福島原発で働く東電社員と関電工などの
下請け会社社員が、実に劣悪な環境で
働いていることが明らかになっている

作業員は常時400人ほどで
約1週間おきに労働を交代
作業時以外は、原子炉建屋から
数百メートル離れた「免震棟」と
呼ばれる建物を拠点にしている

食糧などが入手困難な状況で
一時は1日あたり1人に提供される
水の量は「1・5リットル入り
ペットボトル1本」
水はその後改善されたが
食事は朝、夜の1日2食で
朝食は非常用ビスケットと
小さなパック入り野菜ジュース1本
夕食は「マジックライス」と呼ばれる
温かい非常用ご飯1パックと
サバや鶏肉などの缶詰1つだけだという
下着など衣服も不十分で「着替えも難しい」
免震棟内は暖房が入っているとはいえ
夜間は毛布1枚づつしか与えられず
底冷えする中で眠っているという。

固定、携帯電話ともつながらない状況で
「作業員らは家族との連絡手段も断たれている」
トイレの水は確保されているが
「手洗いには水が使えず
 洗浄用アルコールを用いている」



そんな劣悪な環境で働く東電&下請け会社社員を
東電幹部は何故そのままにして置くのか
何故に人員と食料などの物資を投入しないのか

テレビの会見で武藤栄・東電副社長は
「~でございます」口調の、いかにも
エリート然とした物腰だが、現場の
劣悪な環境を知らないのか?
それとも、知っていて何も手を下さないのか

この未曾有の事故の処理を
下級社員と下請けに押し付けて
なおかつ、食料も満足に与えない
東電幹部の体質に激しい憤りを感じる
武藤副社長のエリート然とした口調に
その体質が現れているようで
彼をテレビで見るたびに
嫌悪感を覚えるのは僕だけか


コメント (2)

必要ない「ACのCM」

2011年03月27日 07時18分11秒 | Weblog
 
今回の大震災で被災された人々の多くが
テレビを観る環境にない
なのに、テレビではタレントが
親が子供に言い含めるような口調で
「頑張ろう」「きっと復興できる」
「日本の力を、信じてる」などと
しつこくのたまわれている

彼らが被災地に行き、現状を見
親を亡くした子らの話を聞き
子供を流された親の涙を見た後に
全く同じ口調で、同じセリフが
言えるのかを知りたい

そもそも、そんなCMを作るACの感性を疑う
発想が安易で幼稚。マンガの登場人物の発想だ
あのCMを観て、大人が「その通りだ」と
共感すると思っているのだろうか
むしろ、薄っぺらな作りに腹立たしささえ憶える

あの説教じみたCMを作る
ACジャパン(旧公共広告機構)とは
一体、何を目的とした団体なのか

「広告を通じて様々な提言を発信し
 住みよい市民生活の実現を目指す」
と、HPの一面にある

立派な目的だ
しかし、前述のように
安易で幼稚な発想しかできない団体が
どんなに声を張り上げても
誰も聞く耳は持たない
偉そうな目的を掲げる前に
自らを“大人”とする自己改革をすべきだ
その第一歩として、スタッフ全員が被災地で
ボランティア活動をすべきと思うが…?

コメント

電気代についての与謝野馨大臣の発言

2011年03月26日 02時46分48秒 | Weblog
 
「家庭用電力は値上げして節電させようと思う」


僕は死刑反対論者だが

「アンタは極刑!」
コメント

まさか、次は「富士山の大噴火」!?

2011年03月25日 13時58分37秒 | Weblog
 
信じたくない恐ろしい話が新聞に載っていた

今回の巨大地震と大津波、そして原発事故
世の中は騒然として不安な空気に包まれているが
この三陸沖の地殻崩壊による地震が引き金となり
なんと、富士山が大噴火する可能性が出てきたという

火山学が専門の静岡大・小山真人教授の説だ

小山教授によると、巨大地震によって
地下のマグマだまりが揺さぶられたり
地殻変動や地震波が伝わることで
マグマだまりにかかる力が変化し
更に地震が増え、遂にはマグマの上の火山が
大噴火を起こすことがあるというのだ

例えば、04年のM9.1の
スマトラ沖地震では、地震後の
数カ月間に周辺の10以上の火山で
地震が活発化し、1年4カ月後には
インドネシア・ジャワ島のメラピ山が大噴火した

日本の歴史では、江戸時代の1707年
東海、東南海、南海地震が連動した宝永地震
が起こった。この時のマグニチュードは8.4
そして、その49日後に、富士山が大噴火を起こしたのだ

今回の地震のマグニチュードは9.0
宝永地震より遥かに規模が大きい
活火山がこのまま静かにしている確率は
逆に、とても低いように思える

何があってもおかしくない今
心づもりだけはしておく必要はある

コメント

情けない 引きこもり総理

2011年03月24日 21時57分43秒 | Weblog
 
賢人は いざという時 
賢人たる由縁を発揮する

鉄は高熱や水に朽ちるが
鋼は更に強度を増す

その反対に
以前も書いたが
糞で固めて金粉を塗り
一見きらびやかに見せても
焼けば臭い糞の臭いを散乱させる
無能人間は有事に化けの皮が剥がれるのだ

この二週間
彼は何をしたのか
国民に何を“約束”し
どう“安心”と“やる気”を
出させたのか

いまは控えるが
事が収まった暁には
声を大にして言うつもりだ

無能な指導者は必要ない
  即時に去れ!

コメント

停電エリアを決めた方法 その、うがった見方…

2011年03月24日 21時10分47秒 | Weblog
 
東京都荒川区の西川太一郎氏と
足立区の近藤弥生氏の両区長が
23区で、自分達の区だけが
停電のエリアに限定されている理由を
東京電力に問いただした
そして、国民が広く公平に負担するよう
停電計画の再検討を緊急要請した


お怒りは御もっとも

確かに、普通に考えても
高級住宅の多い目黒区や
田園調布のある大田区
成城のある世田谷区が
停電地区から抜けていて
庶民の区の代表とも言える
足立区や荒川区が
入っているのは変だ

不公平感は否めない

その理由を東電は明確に言わない
こうなると偏屈な僕は色々と
うがった考えをし始める


当初、我が町の砧や成城は
第4グループに属し
停電の予定が組まれていた
だが、いざ第4グループの
停電が開始されると、何故か
砧・成城地域だけは“免除”された

その“免除”が1、2回続いた後に
いつの間にか、第4グループから
『砧・成城』が削除されたのだ
それと時を同じくして
足立・荒川以外の区が全て
停電地区から外されたのだ

専門家は「経済効果を考え」云々と言うが
それは後付の言い訳に思う


そこで、誤解・偏見・偏屈な考えを披瀝すればこうだ

まず、東電の最高幹部連中は
成城や田園調布に住む割合が多い
「電気屋の家が停電じゃあ、シャレにならんだろう」
という訳で、成城や田園調布が地区から外された
成城などを外すと、連結している砧なども
物理的に停電には出来ない…ということで
世田谷区・大田区などが停電地区から外された
と…品川区に住む大株主から文句が来た
「ワシのところも停電にするのか!」と
「いえいえ、とんでもございません」と言う訳で
品川なども外され、それを知ったナベツネなどの
有力者や企業家、成金が色々と文句を言い始め
そんなこんなで、金持ち&有力者の住む区は
結局、全て停電地区から外されたのである

だが…有力者が住んでいない足立区と荒川区だけは
「入れちゃえ」という具合で停電地区に入ってしまった…
当初は江東区と葛飾区も入っていたのだが
東電幹部の愛人の銀座のママなどが住んでいるので
鶴の一声で外されたのである

というのが真相ではないかと
偏屈な僕は見ているのだが
果たして、真実は如何に?
コメント

ロシア科学者が日本に苦言

2011年03月22日 07時55分53秒 | Weblog
 
ロシアの核物理研究施設「クルチャトフ研究所」の
アスモロフ副所長はロシア紙のインタビューで

「5分で済むような問題を、日本人は委員会をつくって
 延々と議論する。責任者を見つけるのは困難で
 副大臣以下と話しても意味がない」


福島第1原発の一部の原子炉に
外部電源を回復するのに事故発生から
10日近くかかったことに関しては

「ロシア人だったら地上に電線を引いて
非常用発電機を設置するだけだっただろう」と


会議を延々とする印象の共産国からの指摘
うーん、なんだかなー という感じ


コメント

天候不良のため被災地視察を中止

2011年03月21日 07時06分38秒 | Weblog

菅直人首相は、21日に予定していた
東日本大震災の被災地視察を
天候不良のため中止した

現地では雪が降り
厳寒のなか、皆が耐えているのに
少しばかり雨が降ったから中止?
呆れて、コメントにも値しない
コメント

私の覚悟

2011年03月20日 15時20分39秒 | Weblog

今回の原子力発電事故に対して
決死の覚悟で最大限の努力を尽くして参ります


いやいや、決死の覚悟で仕事をしているのは
消防士、自衛隊、警察たちですから
アナタは安全な官邸で人と合い
電話しているだけですから…
消防士らに最大限の感謝と
ねぎらいの言葉はまだですか?

コメント

この国を成り立たせているのは

2011年03月20日 05時25分20秒 | Weblog

この日本を支え、国として成り立たせているのは
無能な総理大臣や自己顕示欲の大臣や
節電を「邪説」と騒ぐナベツネや
偉そうに政治を語る学者や
ましてや、大震災さえ
自分の宣伝に使う芸能人ではなく

命の危険を知りつつ任務に就く消防士や
津波に呑まれるまで「逃げてください」と
防災放送を続けた市役所の若い職員たちや
この震災で肉親を亡くしたにも関わらず
皆のために避難所で走り回る被災者や
無私のボランティアや、犠牲者に涙し
節電など生活を律する母親達が
この島国を国として
日本として成り立たせているのだと
心から実感する

市井の人々こそが偉大なのだと
この度の大震災は認識させられた

それにしても…
未だに悪夢であって欲しいと思うのは
自分だけではあるまい
時間が戻せるなら…
本当に残念だ
コメント

ロシア「被災者をシベリアの労働者に」

2011年03月19日 14時30分30秒 | Weblog
 
ロシアのメドベージェフ大統領は
東日本大震災の被災者をロシアで受け入れ
怪我の治療や再就職のあっせんを行う用意があると表明

さて、その内容とは…
「日本の子供たちや負傷者をロシアの療養施設に受け入れ
 治療や心理的リハビリを行う」
そして元気になった日本人を
「シベリアや極東の人口過疎地で
 日本人の労働力を活用することも考えるべきだ」と…

つまり、被災者をシベリアで労働させ
極東開発のために使う…というもの


あのですね、メドベージェフ閣下
善意で言っているのでしょうが
閣下の申し出に応える日本人は
たぶん一人もいないでしょう
そう、労働力が必要なら、次の選挙には出ず
閣下自身がシベリアの労働力とおなりになれば?
少なくとも、今よりは大いに役に立つかも…?
コメント

金額ではないけれど…

2011年03月18日 21時53分16秒 | Weblog
  
イチローは個人として1億円を大震災に寄付した
ユニクロの社長は個人として10億円 企業含めて11億円を寄付した
外資のゴールドマン・サックスは5億2千円 
韓国の俳優ペ・ヨンジュンは7300万円

そして“日本の国技”の相撲協会は全体として「5千万円」

そこに体質を見るのは僕だけか…
国技館はどうせ当分使わないのだから
避難所として「使ってください」と
何故言えないのか…
国技館内には関取が使う
大きな風呂があるのだ



コメント