「へンくつ日記」

日常や社会全般の時事。
そして個人的思考のアレコレを
笑える話に…なるべく

子供でも分かるウソをつく大人たち

2017年06月29日 12時52分03秒 | Weblog

例えばだ。「このハゲ~!」発言の女性議員が
「暴言を吐いたのは秘書が高速を逆走したから」
等と言い訳をし、それを派閥の長が「だから
仕方なかった」等と擁護する。言い訳もウソだし
派閥の長もそれを信じていないことは子供でも分かる
それでも、ウソで取り繕い突破しようとしている

「(加計学園に)私は一切関わっていない」と安部総理
は言うが、獣医師学校の設立を進めている国家戦略特区
諮問会議の議長は、安倍さん自身だ。〝大いに関わって
いる〟立場だ。
そんなウソを言っても子供でも信じない

立場を利用して甘言と酒を用い、女性を強姦しておいて
「同意の上」とシラを切る男の言葉は、子供でも信じない
ましてや、その罪をもみ消そうとする政治家や警察関係者
がいるなら、行政は黒いコールタールでベッタリと汚れ
もはや〝綺麗〟にはなれない

350億円という巨額の税金を投じた福島第一原発の
「凍土遮水壁」。その効果を説明していた東京電力に
原子力規制委員が「(東京電力は)人を欺こうとして
いるとしか思えない。ウソだもん、これ(遮水壁の
効果図のこと)。陸側遮水壁、何も関係ないじゃん」
「そんな説明が後から後から出てくるような図を描く
限り、東京電力はいつまでたっても信用されない」と
激怒。東電は(今までそれで生きてきて通用したからか)
ウソで乗り切ろうとしたが、これはさすがに無理だった
(共産国なら、これで通じただろうが…)

政治家・経済人、そして「オレオレ詐欺」も含め、
ウソで塗り固めた人間のなんと多いことか。その
人間たちに共通することは、心の芯の歪みと汚れ
心の芯が清潔で歪みのない、人間として爽やかな
人生を歩むことを目指した人たちが日本に、世界
に溢れることを想像する。世界の平和や幸せは
一人ひとりの人間が創るのだ。ウソで汚れた人間は
この瞬間から改心し、過去のウソを清算すべきだ
「すいません。私は関わっていました」
「同意を得ず、無理矢理でした」
「この〝神〟は私が勝手に作りました」
「国民にウソを言いました」
「経営を私物化し傲慢でした」等など…
そう、あなた達のウソは、子供でも分かっているのだから

コメント

二人がもし会っていたら…

2017年06月27日 16時49分44秒 | Weblog


釈尊が悟った真理のうちで「縁起の理法」
というのがある。一般に使われている
「縁起がいい」とは全く意味が違う
つまり〝森羅万象は、ことごとく何かの
機縁によって生じ、滅している。それが
万物の、またおよそ存在するものの、本
源的な特質。従って、なんの関係性もなく
それ独自で独立して存在するものはなく
それ自体で固定的に、不変的に連続して
いくものもない。どこまでも万物は、それ
自体では独自的に存在しないし、他のもの
に依って存在し、また何かの縁によって生
じている。だから、他のもの、機縁がなけ
れば、万物の存在はあり得ない〟

少し難しいが、全ては繋がり、全てが影響し
あって宇宙は存在する、ということなのだ
仏法の英知だが、まだ「進化論」が書かれて
いなかった時代に、自ら世界の自然や動物を
調査し、「縁起の理法」と同じ結論を得た人
がいる。18世紀のドイツの学者アレクサンダー
・フォン・フンボルトだ。彼はシラーやゲーテ
に多大な影響を与え、ダーウィンに進化論を書
かせるキッカケを与えた偉人だ。彼の学問の
結論は「地球はひとつの生命である」。彼が
「生命と宇宙は一体である。そして生命の奥
底には、尊極なる存在・仏がいる」と悟った
釈尊と対面したとしたら、二人とも時を忘れ
て語り合ったことだろう…
コメント

釈尊の教えと「全然関係なくなっちゃった」

2017年06月27日 14時46分01秒 | Weblog
晩年の釈尊が、若い頃の荒行を
振り返り言った言葉。
「昔のいかなるバラモンが、どんなに
激しい苦痛を受けた者があったとしても
自分ほどに徹底した最極の苦行を試みた
者はいなかったのであり、未来のいかなる
者でも、自分が行った苦行をなす者はいない
だろう。このような激しい苦行を続けても
自分は最高の悟りに到達できなかった」
つまり、荒行は無駄だったと言っているのだ
彼は荒行の前に禅定も行っているが、これに
関しても「悟りは得られない」と止めている

それなのに、仏教そのものを興した釈尊が
教えた事なのに、二千数百年経った日本で
座禅を組んだり、滝に打たれたり、断食し
たり、穴に潜ったり、ただ山を歩いたり
火傷しながらも火の前で祈ったりする〝無駄〟
をやっているのは、アホ以上に、尊極なる
仏への反逆だ。反逆しといて「我、仏僧なり」
と見得を切る愚の骨頂たち。
「お気の毒様」としか言い様がないが、ハラ
イチ風に言うと「全然関係なくなっちゃった」
彼らに仏教を語る資格はない
コメント

久々の母校で

2017年06月23日 11時56分22秒 | Weblog
 
久々の学食



味が格段に良くなっている
業者が変わったのかな?
ま、ともかく、ごちそうさまでした

コメント

籠池夫妻に関して〝確実〟なこと

2017年06月21日 11時56分38秒 | Weblog
 
凄いキャラの籠池夫妻だが、今後
どうなるのか、不確実な事が多い

しかし、ひとつだけ〝確実〟なことがある
年末の「笑ってはいけない」に、もし
夫妻が大声でバスに乗り込んできたら
「全員アウト!」は間違いない…



コメント

環境を破壊する思想

2017年06月17日 16時22分38秒 | Weblog

「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。
海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物すべてを
支配せよ」(「創世記」第一章二十八節)


聖書の中の一節だ。この言葉によりキリスト教徒は
手当たり次第に鯨を捕って油を手に入れ、(食べる
為に獲り、それも食べられぬ程に獲らず、鯨を資源
とみてきた日本人を、自分たちの過去を棚に上げて
今更非難するな。歴史を知らぬお馬鹿さんめ。一度でも
『白鯨』を読んだことがあるのか?)
木々を伐採し
農地を広げ、すさまじい広さの森を消してきた
地球全体が砂漠化し破滅に向かっている原因は、正に
「聖書」にあるのだ、と隣人のオヤジが言っていた…

コメント

アナタ、それって選挙違反ですよ!

2017年06月15日 17時43分04秒 | Weblog
 
今日の昼間、世田谷上町駅前で
共○党の女性都議候補が自分の
名前を連呼し、投票を呼びかけていた
アナタね、公示前に「候補者の名前を
連呼」するのは、重大な選挙違反ですよ!

法律も守れないなら、議員の資格なし
立候補、お止めなさい

しかし、本当に共○党はタチが悪い
他党の手柄を「私がやりました」と
平気で嘘をつくし、法も守らない
そういえば、ロ○アも北朝鮮も○国も
そういう国だよなぁ…同じだ

コメント

この数ヶ月で読んだ中で生涯持っていたい本

2017年06月15日 15時06分36秒 | Weblog
 
これは捨てられない
過去の蔵書も含め
溜まる一方なので
ある程度整理はするが
捨てられない本が溜まる
電子本という選択もあるが
データは一瞬で消える
可能性もあるから怖い
やはりアナログが一番なのだ
この思考、昭和男だから仕方がない



追伸
先日、たまった本20冊あまりを
をブックオフに売りに行った
3100円だった
買ったときは4万円ほどしたのに…涙

コメント

バタフライ効果考

2017年06月13日 15時18分08秒 | Weblog

フンボルト曰く
「この壮大な因果の連鎖がある限り
独立して考えられるものは一つもない」


気象の世界には「バタフライ効果」という
ものがある。「北京で1匹の蝶が舞い僅か
でも空気をかき混ぜれば、ニューヨークが
嵐になる」という。力学上の例えだが、互い
に関連し繋がっている地球の環境を見事に
表していると思う。
人間社会にも、この「バタフライ効果」は
あるように思う。ある人間の意識・無意識の
行動が、周囲の人間に影響を与え、その影響
を受けた人間が、影響を受ける前と異なる
行動をとり、それが連鎖して…。
それによって社会全体が変化して、本来は
そうなる予定ではなかった歴史が生まれる
という風に。
だから、社会を健全で住みよい環境にするのも
不正や悪がはびこり、汚染した社会にするのも
実は「自分」なのだということに気づく。
「自分」は健全な羽ばたきをしているか、それ
とも、黒い煙をまき散らしているか。じっくり
と内省するべきなのだ。特に為政者、報道関係
などの権力を持った人間は…。


フリードリヒ・ハインリヒ・アレクサンダー・フォン
・フンボルト(Friedrich Heinrich Alexander, Freiherr von
Humboldt 1769年9月14日~1859年5月6日)
ドイツの博物学者兼探検家、地理学者

コメント

人生を失敗しない方法とは?

2017年06月09日 15時42分43秒 | Weblog

ある番組で俳優の中尾彬(74)が、17歳女子高生との
飲酒・淫行問題を起こした俳優の小出恵介(33)に触れ
以前から「挨拶しない」奴だったと、普段の態度を明かした
元女優の高樹沙耶(53)もそうだったというが、人として
の〝基本〟が出来ていない人間は、自分が抱える欠陥ゆえに
長く走る人生の上で、いつか「正しくない結果」「欠陥から
来る事故」が生じることが多いようだ

車なら「リコール」を宣言し修理すればいいが、人間は
なかなかそうはいかない
敬虔なキリスト教徒は、生まれたばかりの自分を「変形し
た木」になぞらえ、「真っ直ぐな木」になるべく、日々
精進することをモットーにしているとか。そして精進の
第一は、慎み深い行動なのだという
(と言うことは、トランプ大統領は敬虔なキリスト教徒
ではないらしい)
本来の仏教徒も、自らを「過去の様々な業を背負った生命」
と自覚し、深い業を消すため「小欲知足」を心がけ「他人
への善行」を重ねるのだという(今の日本の僧は、我欲に
溺れているが…)

修道士や本来の仏僧のような生活が出来ない我々一般人は
どうすればいいのか
世間的な教訓として「酒・金・異性」に溺れると人生に
失敗すると言われる。実際、知り合いの警察官に聞くと
事件を起こす人間の大半が、上の3つのうちの一つ、あ
るいは全てに失敗した人間なのだという
最近は、酒の項目に「ドラッグ」も含まれる
聞くに値する教訓と思うが、これに気をつけているだけ
では、「ただ、事件・事故を起こさない」だけの人生に
なってしまう。何か根本的な解決法はないものか…
さて、どうしたもんじゃろのぉ~

コメント

13世紀

2017年06月02日 17時06分31秒 | Weblog

13世紀の欧州・モンゴル
日本の歴史を時系列に並べてみた
実に面白い事実を確認した
その事実は内緒だが
いゃあ、歴史は凄い!



コメント