まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

0731 お腹の大きいカナヘビ 次世代への捕食行動

2017-07-31 12:09:58 | 今頃の我が家と周辺

土用丑の日あたりに蝉が鳴いた。
そのあたりから庭で様々な昆虫たちの営みを目の当たりにする。

今年も0729に日向ぼっこをしているお腹の大きいカナヘビを見た。
次の日の朝、まだ雨が落ちていない時間に石の上から落っこちるように草むらへダイブするカナヘビ、すると草むらからアシナガバチが慌てて飛び立った。
すぐその横では雀が舞い降りてきて地面で青い虫をつかまえた。くわえて飛び上がるときに、それがカマキリだとわかった。
たぶんこないだ見た兄ちゃんにまで生長したやつ。ちょっと残念

その近くのリボベジ長ネギ(50㎝ほどの丈になった)の青い葉にシオカラトンボ。
さきほど逃げおおせたのであろうアシナガバチは、アオジソなどの葉裏をちょくちょく止まりながら次々と場所を変えていく。
この時期のオオバには小さな尺取虫みたいなのやアオムシなどが葉を齧っている。

シジュウカラもそういうのを狙ってるみたいだ。

たった1枚2枚だが、ゴーヤーの葉が黄色っぽくなったものがある。勿論ほとんどの葉は青々として透けた緑色が涼しげだ。

7月の終わりころは、夏真っ盛りでありながら、端々に慌てたり急いだり、餌を取り栄養をつけて次世代につなごうとする本能の焦りみたいなものの始まりであるかのよう。

8月の秋の虫の音が高まる前、そして夏草の終わるころ、カナブンが道端にひっくり返っていたりする夏の終わりへと切れ目なくつながっていく。
そういえばもう1週間も前の夕方、住宅街の道路の真ん中に電線から舞い降りたヒヨドリが通り過ぎる私を見て再び電線に舞い戻った。
緑色に光るカナブンがヨタヨタと這い歩いている。
私が歩いて通り過ぎ少し遠くになるまでヒヨドリは電線で様子を見ていたが、安全を確認すると得物を咥えて(くわえて)飛んで行った。

蚊も大人しくしてはいない
産卵期の終盤戦は、タッチ&ゴーのように命惜しみつつ執拗に襲って来る。みんな必死こいて生きている。

私だけだ、暑いだの夏バテだの言って、休んでばかり。
食欲無いと言っては流動的カロリー補給食として金麦ばかり欲しがって。困ったちゃん、だね~。





+++++++++++++++++腹大カナヘビ+
*

コメント

0729 夏のヒートテック

2017-07-29 08:24:33 | 健康

知人が夏風邪の後、大腸憩室炎になったという。夏は水分不足で便も硬くなる。私にとっても他人事ではない。

いつぞやガッテンで「大腸憩室」のことをやっていた。大腸壁が袋状に凹むというのか膨らむというのか、とにかく「便が憩う東屋」のようになってしまう。

私が年に何回か、主に夏と冬、あるいは季節の変わり目などに酷く太い硬便で便秘になることがある。で、便硬痔主になってしまう。出すのに一日がかりということもあった。

すべては脱水症状からくる、または水分滞留力弱体化と勝手に思っているので、努めていることがある。
水分の摂取(特に朝一番に1~2杯の水)
食物繊維と水溶性食物繊維
少しでも筋トレ(鬼筋トレは身体が順応してくるまでは却って故障や不調の原因)
睡眠時の寝汗管理

冷却ジェルパッド(初期のもの)は冷た過ぎて難しい側面もあるが、シーツなどを微妙に変えている。(最近は、もう少しソフトな冷涼シーツもある)

で、タイマー付けてエアコン。これはいいのだが、寝る時は何も掛けないでちょうどいいくらいなのに3時過ぎには寒くなる。
タオルケットも胴回りの部分チョイがけ。

昨日試してみた。
ユニクロで買ってあまり使っていない黒のヒートテック長そで。
これを着用したところ、朝までぐっすり。

夏も入り口から出口まで、タイプ色々な暑さがある。
でも、これはこれで戦列に加えておこう。







++++++++++++++++++夏heat-teck+

コメント

0722 庭の隅々 プランターのエダマメの花など

2017-07-22 10:06:58 | 季節的な

枝豆、明日にでも収穫か。でも水やりの時、カメムシが2~3匹たかっていた。ツノカメムシの仲間のようだがシックな色合い。
アオジソの葉っぱにも複数で居た。交尾期なのだろうか。繁殖して欲しくないな~、と潰す。

オオバが零れ種(こぼれだね)で庭一面に広がっている。好きだというので、お隣さんにも間引いた株などをお裾分け。
アオジソの葉に水をかけていたら、すっかりお兄ちゃんの体形になり逞しくなった保護色のカマキリ
しっかり害虫とっておくれ。できりゃあ、たくさんいるカメムシ、食べてくれたらいいのに。

僅かばかりのブルーベリーは5粒ほどずつジャムをのせたヨーグルトに散らし、カモミールは切り取って水出しでいただく。
ミニトマトも毎朝数個ずつ取れる。
一株ずつの苗からキュウリもゴーヤーもわずかずつ収穫できる。このゆったり感が悪くない。

生育が遅く小さいプランターの枝豆は、今頃白い花を咲かせている。
バジルやイタリアンパセリも、いただいた種から育っている。スペアミントは花穂をつけてきた。
朝顔の実も膨らみ始めた。

シジュウカラが育雛、聴こえようによっては「ニィー、ニィー、ニィー」とも思える鳴き音で3羽が梢に。
一羽は餌をもらう雛で親鳥は葉裏に潜む虫をとらえては子に口移し。

そういえば、このところカナヘビの姿を見ない。
2015年の0729にはお腹の大きいカナヘビを見たのだが・・・。世代交代の準備期なのかな~。

今日も大きくなった蚊が近寄って来て私の血を狙う。1匹2匹、潰してやった。
そういえば今年、腫れ上がるほどの刺され方、ないよな~。
蚊取線香と、毎日僅かばかりの酢を薄めて飲み、運動もわずかずつでもコンスタントに入れている
蚊に食われないって、私にとってはけっこう幸せなことなんだな
、と思った。 【ヤブ蚊には勝てぬが/】

孫が「じいじ、今度ピンクの花を育てて。ピンク(の色が)大好きなの」なんて言ってたっけ。
来年は「野菜系」よりも花を主体にするか?

 

 

 

 

++++++++++++++++++枝豆の花+
***

コメント

0718 7つの穴で撥ね散るシナモン

2017-07-18 11:43:50 | ふと思ったこと

GABANの缶入り?シナモン。
毛細血管が増えるだか復活するだかいうので牛乳と共に少しずついただく。(最近は朝のコーヒーに振り入れている 2018)

でも、飛び散ってカップから外れること!

そこで7つの穴の2つだけセロテープで塞いでみた。
6つの穴で六角形をなし、ど真ん中にもう1穴空いている内の2つをふさぐ形で貼ってみた。
(横並びの、上から2・3・2の、一番下の2穴を通せんぼ)

ふさいだところを上に持っていくか、下の方にして持つか
ここでも面白い、なんて思えた。

上から注ぐか下から注ぐか。
液体の場合と比べてみた・・・。

 

 

 

++++++++++++++++++シナモン+
***

コメント

0717 メリハリ

2017-07-17 13:59:59 | TV爺ぃ

イッテQで、久しぶりに森山あすかを見た。かげろうの大群の逆光に輝く映像をものにした。
あとはいつものピアノ演奏練習と、今回のお題は「スラックライン」。
立った状態から尻ではねて再び立つバット・バウンス(バットは尻・ケツの意味)という技。

今回はロケ前から「メリハリ」が登場、最後までこれが主軸となった感じ。
特にスラックラインの課題技をやっているインストラクターの映像を観察して、脱力と引き締めとを取り入れて成功する。

この娘も、みやぞんも、勘がいいのだろう。

しかし事を行うにあたっての「緩急」は、やはり大事なのだと思った。
言ってしまえば二律背反。

ひょっとしたら呼吸したり普通に歩くことだって、広く見たらその範疇にはいるのかもしれない。
吐納とか入れ替えとかオンオフとかとか・・・。

【だら~ん、だら~ん、キュッ/】

 

 

 

+++++++++++++++メリハリ+
*

コメント

0716 むくみ解消「呼吸ポンプ」

2017-07-16 08:29:39 | TV爺ぃ

健康カプセル・・・・・で、むくみ解消法の紹介。(録画で観た)

肉や魚をあまり摂らないとむくみやすいらしい。
塩分の摂り過ぎも原因になる。
運動不足も。

ふくらはぎ叩き、椅子に座っての踵着け爪先上げ、壁に向かって脚前後に開き脹脛ストレッチなど。

ふくらはぎが第2の心臓と言われるが、第3の心臓として「呼吸ポンプ」
深呼吸することで血流がアップ。息を止めると血流も滞る

根(こん)を詰め息を止めて作業する癖のある人は要注意。あ、私もだ。

そういえば、昔、職場健康診断で採血の時に深呼吸をしていたら、そんなの関係が無いとオヤジの係員に言われたことがある。
でも、実感としてそうなんだから仕方がないじゃないか。内心無視して、毎年、秘密裏にやっていた

やはり私は間違ってなかったんだ。今頃になって、そう確信した。
その時々の知識で専門機関の人間も「その程度」のことを平気で言う
だからこちらも自分の感覚・自覚を医療関係者には正しく伝えられるようにしておきたい。

自分に固執しろというわけではなく、専門家と自分の感覚を対等に置く方が良い。
『そんな筈は無いのだが」と言うような、いわゆる聞く耳を持たない「一方通行な」医療関係者とはサッサと別れよう。
だが、そこがクリアできる医者の方が少ないのだから、逆に、そう出来る医師は大受けできるだろうにと、ふと思う。医学は日進月歩と言われるが、名医は少ないもの、患者もまた医学を発展させる片棒を担ぐ存在と考えるのも強ち(あながち)外れてはいまい。

 

陰圧利用する採血/横隔膜呼吸/マインドフルネス呼吸/腹式呼吸/逆腹式呼吸/そへ呼吸(臍の真裏を意識する命門呼吸?)/】

 

 

 

++++++++++++++++呼吸ポンプ+
*

コメント

0715 カミさんとの距離感、夫婦の間合い

2017-07-15 14:02:21 | ふと思ったこと

カミさんとの距離感は大切だ。いつもベッタリしていては観えなくなるものもある。

常に見える展示法は、見えやすいようでいて観なくなってしまうという。

新鮮な存在でいるのは、長く連れ添った分だけ難しくなるといえようか。

「間合い」って、不思議だね。

心のペットボトルピタッときてキラッとした勘違いな節穴蝉時雨/】








++++++++++++++++夫婦間合+

コメント

0713 キイロテントウムシ

2017-07-13 09:46:50 | 今頃の我が家と周辺

ズッキーニの花が黄色く咲いているが、葉っぱは白っぽくなってきた。うどん粉病だ。

キュウリやズッキーニの葉には茶橙色の害虫ウリハムシ。

老眼にはその仲間の様にも見えるキイロテントウムシ。これはウドンコ病のカビを食べてくれるんだそうだ。
こっちは害虫じゃないのかな。

でもさ~、カビ大好きで食べまくってくれるのなら、足に着いたカビの胞子、運んできたりしない?
ま~、いずれにしても、うどん粉病対策の目安なんだってよ。

私ゃ葉っぱ、バシバシ刈っちゃったけどね。

コメント

0711 言の葉の庭

2017-07-11 20:59:59 | TV爺ぃ

9日に放送されたものを録画しておいた。ようやく鑑賞。新海誠作品。

靴職人になりたい15歳男子。
雨の日は学校をさぼって公園の東屋(あずまや)で靴のデザイン。先客の女性、金麦を飲んでいる。

ちょっと切ない恋心みたいなものが醸成されてゆく雨の日々の思いで・・・?

傍らにチョコを置きながら飲む金麦の缶の生々しい事。
主人公の背の高い男子がさぼっていた学校の教師だったその女性・・・。

淡々として、そして少しずつ、心開けけそうな予感・・・。

ここでは靴の製作だが、監督はアニメ作品の中に「組み紐」などの工芸をちりばめたりする。
そういう作り出す時空間が好きなのだろうか。

直向な(ひたむきな)男女の恋物語だが15歳という年齢と社会人女性との思い出。

良い映画だったが繰り返し観るものというより、どこかで経験したような、切なさが残った。

コメント

0707 香取神宮の静かさ

2017-07-08 10:59:59 | 小さな旅の思い出

土産物屋などの立ち並ぶ道を神社目指して友人と歩いて上がっていくと女性2人とすれ違った。

「下界は暑いね」と香取神宮から降りてくる人たちが交わす声が耳に入った。
内心、「なあにを言ってやがんだい。」と思った。たいして高度は無いはずだと思ったから。

いわゆる鎮守の森のように樹齢を誇る樹々が空に向かって真っ直ぐ伸び、木陰を提供してくれる上り坂。
鳥の声や蝉の声も聞こえたのだろうが針葉樹など圧倒的な緑の空間の中では、音が音ではなくなる。
景色の一端のようにさえ感じる。
そして、涼しい。

厳かな思いと、この「森林力」は素直につながっていく。

ゆっくりと静かな空間を歩いていくとなんとなく「無心」になれたような気がした。
そして、参道から駐車場を目指して下り始める。

木森が切れて土産物屋が見える頃、さきほど擦れ違った女性と同じ呟き(つぶやき)が口から洩れた。
『下界は暑いね』。ホントに急に熱く感じjられたのだ。

静寂な空間から降りて、土産物屋でお茶を振る舞われながら、団子・・・。
まさに、下界だ~。

岩にしみいる蝉の声/】

 

+++++++++++++++++++香取神宮+

コメント

0704 チャドクガ系

2017-07-04 07:58:47 | 季節的な

もう、ここ1週間じゃきかないかもしれない。だいぶ前から網戸に大きくはない逆三角形の蛾が止まるのを見る。

ここ2~3日は、夕方閉めた掃き出し窓のガラスと網戸の間にトラップされたような形でチャドクガと思しき蛾が毎朝入っている。
孫を持つ身としては金鳥スプレー。
中には交尾中のやつもいた。

羽蟻はもう終わったのか、それとも梅雨明けを待って一斉に飛び立つのか。

蚊も、刺しに来る態度が顕著。
ベランダに置いてあったバケツに雨が溜まり、3日目くらいには蚊の成体を3つ捉えた。
3日は少し大げさかもしれないが、やつら、そういうモードに入っている。

台風3号と前線の影響で蒸し蒸しする。
人間はグターっと参っているのに虫たちとゴーヤーなどの蔓ものは元気だ。

あと、少年たち。ああいう元気は私にもあったんだよね...?

 

 

+++++++++++++++チャドクガ+
*

コメント