まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

0330 類友(るいとも)

2014-03-30 21:20:32 | うちのカミさん

うちのカミさん、孫が生まれたものだから、今日はひとり童謡を口ずさんでいる。

白ヤギさんからお手紙ついた 黒ヤギさんったら読まずに食べた
仕方が無いのでお手紙書いた さっきの手紙のご用事なあに?  (ご用はなあに?かもしれない)

黒ヤギさんからお手紙ついた 白ヤギさんったら読まずに食べた
仕方が無いのでお手紙書いた さっきの手紙のご用事なあに

歌い終わりと「あたしこの歌、だ~いすきだよ。」と言う。

そういえば、うちの息子もカミさんも、この2頭のヤギになんとなく似た性格だと思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0329 そぶりだけ~

2014-03-29 06:27:28 | 雑感

銀行などからも「パスワードを変えて」とか、不正アクセスがあったなどのメールが入る。
セキュリティー強化でアクセスまでに時間がかかるのは仕方ないのかもしれない。

ちないに三菱東京UFJのHPは認証されていない、と表示される。三大銀行では「みずほ」だけ鍵マークがついていて「認証局」が見られる。
これにどの程度の効果があるのかは分からないが、「なりすまし」というか「偽メール・偽サイト」も多いらしいから、素人としては「インターネットバンキング専用の(無料)ウィルス対策ソフト」の案内さえも、インストールは怪しいものではないかと勘ぐってしまう。

まるで味噌も糞も一緒くたな感じ方ではあるが、一部対応しないとか、そのソフトは他社のものだから当行は関知しないみたいな一文まで付いていて、何が対応外なのかよく分からない。
いずれにせよ、私は三菱東京UFJを解約した。

銀行のHPも、ソフト制作会社のHPも、にわかには知りたいことには辿り着けず、あちこちとリンクボタンを押す羽目になる。「よくわかっている人が作るHP説明画面は、素人・初心者には難物だ。

いっつも「一応やってます」という「そぶり」しか見せてくれないことが多い。

がっかり!




+++++++++++++++そぶり~+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0325 デルコン

2014-03-25 13:48:37 | ふと思ったこと

DELL NOTE PC Vostro 2520 が到着した。

電話で予約する際、「呂」と名乗る女性が対応。ちょっと発音が聞き取りにくい部分はあったが、日本人以上に日本人らしい言葉遣い。それに、もっとすごかったのが、機種選定へのアドバイスの良さ。

こちらの年齢と使い道を大雑把に言うと、ちょうど良い線を、双方向で根気強く付き合ってくれた。

昨今の電話対応は自動音声テープを辿ってから担当まで行き着くのにえらく時間がかかる。#1~#4とかを無機質に選ぶ感じは嫌なものだが、大体むこうにとって都合よく「振り分けてしまおう」というのが多い。このブログは「ぷらら(からの移行)」だからNTT系。ここのサポートは素晴らしいのだが、NTTそのものの電話は、けっこうひどい。 デッカイ会社だから、部署がたくさんあるので、なるべくたらい回しにならないようにという気持ちもあるだろうが、組織のどこへ問い合わせたらよいか分からないことだってある。カスタマーサポートとか言いながら、業者相手に殿様仕様の「あしらい方」を平気で(あるいは気づきもせず)やっている。 音声テープは一方通行なので勿論途中でそれはどういう意味ですか?とは聴けない。なんとなくこれかなという番号を押していって、ここでいいのかな?と思いながら待っていると「只今大変混み合っております。このままお待ちいただくか、掛け直して・・・」と、しばらく待たされる。ようやく生の人間の声が話してきたかと思うと、それは別のところですね、と回され待たされ・・・である。ちょうどこの段落のこの文章を読むようで、なんだか、いらついてくる。そうしておいて話がようやく始まっても、通り一遍の向こうの話しか聞かされない。

DELLコンピュータというのは、新聞の広告で目にしたことはあるものの初めてだったので、まあ、よくある「PC関連会社」特有の空気感で対応されるものとばかり思っていた。そうしたら、違ってたんだよね~、これが。

あからさまに(?)、サポート電話の手薄さがあるのではないか?とか不信感にも似た尋ね方をしたのだが、まあ十二分な説明だった。それに音声で選択する段階でも、選択肢が少なく、分かりやすい(大体が、三択以上の選択肢は音声だけでは難しく、二択にできれば無理がない)。

いわゆる「サクサクと進む」という昔ながらの言葉のように選べたし待たされ時間も少なかった。そして生の電話対応も、頗る良かった。こういうの、DELL JAPANだけじゃなく日本の企業にも見習ってほしいと思う。

まだ電源は入れていないが、爺さんにはお手ごろな価格のお手ごろな性能のPCが届いたと思っている。

それに(2000円だが)、シニア割というのが・・・ちょっと、嬉しかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0324 黄砂

2014-03-24 11:47:07 | 季節的な

暖かい。だがこの時期の快適な暖かさには嫌な側面もある。花粉と黄砂だ。
今日はマスクをして車で買物をしてきたが、帰宅後に鼻をかんだら薄っすらと鼻血が混じった。

毎年、黄砂により、こんな症状になる。花粉症もあるが、花粉のピークを過ぎたあとの黄砂で私の症状はより激しくなる。
そういうデリケートな人、ア・タ・シ・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0321  3日間を経て

2014-03-21 11:15:32 | ふと思ったこと

3日前に何があったのかというと・・・。

ぷららブログのエクスポートを申し込んで3日後、エクスポートが完了した。
gooブログへの移行ボタンも用意されているようだ。
gooといえば、無料メールを廃止したところ。ぷららは、無料ブログを廃止した。

まあ、よく考えよう。このままブログなんて終わりにしたってよいのだし。
それでも・・・。
文章化作業をしただけなのに、やってみるまでは分からない多少の成果が自分の中にあった。
それでもここ(ブログ)が自分の居場所なのかは分からない。

孫は初の予防接種で大泣きしたというし、墓参にも行って来た。気がつけばチューリップの葉がにょきにょきと顔を出している。

具体的に動くことと、生活の中で良いバランスをとりながらやっていさえすれば、ブログも好ましいものだろうと思う。
だが、やたらと「能書き」を弄したくなる自分を再確認するにつけ、変わらない(あるいは、変われない)自分をも再確認する。
そんな自分と出逢って、微笑むことができるようになった。

これもひとつの成長?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0313 ねみ~し、だり~し

2014-03-13 21:34:30 | 季節的な

眠い、ねむい、ネムイ。睡魔と闘う毎日だ。

大雨で風も強かったから、今日は日中から何度も布団に包まって(くるまって)寝た。眠れるのだ。
春なのかな~、と言いたいところだが、今日は家の中は結構寒かった。

季節の変わり目は、どうもいけない。体調が不安定になる。明日はまた寒気が下がってくるという。
なんでこんなに眠いのか。

あ、夜更かしモードに入っている。こんなことしてないで、早く寝よう。

このところ、足裏や脹脛を指圧・マッサージして足がポカポカした状態で就寝。
夜間頻尿なく朝までグッスリが続いている。

春はことさら、早寝がいいね。あ~春眠、春民。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会的な人工着色料・人工甘味料

2014-03-12 22:11:01 | 雑感

紅生姜は赤いものだ。赤色1号だか2号だか、昔から真っ赤っか。ガリは薄いピンクだった。

そういうものなのだから、そうでないことなどありえない。そうでないことを許さないような空気さえあった。そうでないものを出そうものなら、「これは違う!」と叩かれさえした。

今でも真っ赤っかな紅生姜は見かけるが、だいぶ色が薄くなってきていると思う。ガリにいたっては「生姜色」。健康志向などで着色料や保存料などの危険性が社会的に嫌われるようになったのもあるだろう。

今日もカミさんと生ビールを飲みがてら、ファミレスで夕食。エリカ・アンギャルがTVで薦めていたように、サラダやおつまみ系を幾つかとって、パスタも1皿を分けて食べた。野菜や食品を多種類食べられることをよしとしていた。枝豆や野菜、それに魚や肉などをバランスよく食べるのがヘルシーで、また味もいろいろ楽しめる。

今はどの店でもナイフ・フォークだけでなく、必ずといってよいほど箸も備えてある。アジア以外の外国人も今は箸を上手に扱う時代だ。

こうでなければならないルールを作って、その「制約」を楽しんでは、その中での達者で自分のステータスを信じたがる、いわば「人工着色料の価値観」をもって優劣を格付けしあうような社会が今までは多くあった、と今日の昼休みにYou Tubeでやっているのを見たカミさんが話してくれた。

カミさん自身が、これまで(子供時代から今に至るまで)も、周囲からああだこうだと言われてきた過去を振り返りつつ、何かが氷解したような感じを持ったと言っていた。

あれこれ言う人は、自分が好むところの「人工着色料」や「人工甘味料」の良さを他人に押し付けようとしているに過ぎないのだと・・・。かくしてカミさんは、今後何か強引な価値観の圧し付けに遭ったとしても「これはこの人の人工甘味料なんだな」と思うことにしたそうである。

それぞれの人は、人に押し付けるのではなくて、自分は自分で「毅然と」やっておればよいのだが、潜在的には「自信がない」ために、同化を迫ろうとするのかもしれない。そうしたことのなんと多いことか。

それが社会の空気を形成する人工着色料?・・・そんなものいらないのにね。
自然色でいい。 ・・・自恕?

 

 

 

+++++++++++++++++++人工着色+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0311 大根の蕾

2014-03-11 16:15:09 | 今頃の我が家と周辺

うちのカミさんは大根サラダをはじめとして、大根大好き人間だ。だからよく買ってきて料理してくれる。

大根葉はカットして売っているのが多いのでなかなか食べられないが、ビタミン・ミネラルともに豊富で美肌にもよいと言われる。

大根の上部から茎を切り落とす。カミさんは生ごみとして捨てるが、私は小皿に水を張って置いておく。葉が出たらそれを使うと、物の本には書いてある。ニンジンのそれも、味噌汁に入れると旨いよと知人が教えてくれた。

ダイコンの葉は、切っても切ってもまた芽を吹いて台所の片隅で健気に緑を展開する。

それが先ほど見たら、薹立ち(とうだち)のような按配の茎になって頭頂部には蕾が出来上がっていた。窓辺でもないのに、元気なやつだ。

そういえば、庭の雑草でもある「ハナダイコン」。あの紫色のつぼみはまだ出てこない。40年ぶりの大寒波だそうだから無理もないか。昨年は3月12日に咲き出した。一昨年は3月28日に開花。それより前は大体3月8日から14日くらいまでに開花が始まっていた。

真冬寒、湿度も随分と低い。日中といえども油断していると危ない陽気がこのところ続いた。

体から熱も水分も知らないうちに抜けていくので、それなりに対処しているせいか、夜間の放尿で起きることもないし、快便の毎朝を迎えることが出来ている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0309 仲良し母子

2014-03-09 13:09:40 | ふと思ったこと

たまに、俺は嫁からも娘からも、はたまた息子からも慕われていると得意顔の人も見るが、きわめて希少価値が高い。もしくは、とんでもない勘違いだ。

父親というものは、どう頑張っても「煙ったい」存在だ。発想が硬いのだ。

娘や息子はというと、若いんだから柔らかそうなものというのも大間違いで、若けりゃ若いほど未熟で硬い。

だから、ともすると「硬い者同士」、触れれば必然的に音が立つ。しかしそれがまた「順調な」成長過程の若者ということになる。

認識すると否とに関わらず、カミさんとの一見良好と思える間柄は、多くの場合向こうが大人であることにすぎない。あるいは「すでにヒビの入った器」として扱う妻の器量に負うところが大きい。

自分が何か話しかけても、受け取ろうとはしてくれるものの「・・・」となることが多い。

我が家は、息子も、嫁いでいった娘も、うちのカミさんと仲がいい。これは見ていて感じがいい。一言で言えば「しあわせ」である。

世の中には色々な尺度があって、いままでずっと主流だったものもあるが、社会的な成功や評価があってもなお得られないプライスレスなものがある。

私には自分の「家庭という場所」で、しあわせな「最高の景色」を見られる喜びがある。

今日は3月9日。略して39。

こういうことを言うと「略さないでいいよ」と腐してくるカミさんたち。ふん!だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0306 木の芽時、春の虫が嗤い出す

2014-03-06 22:58:46 | 雑感

「憧憬」と書いて「しょうけい」と読み、「木の芽時」と書いて「このめどき」と読むなんてことは、庶民はしやしない。

で、「きのめどき」。変な事件が連日報道。

大体、木の芽時っていつよ?!
堅い芽なら真冬からつき始める。
新芽が吹くのは主に4月。芽が膨らみだすのは2月かな。3月は新芽に先駆けて花を咲かせる梅もあるが、草木の新芽も動き始めるころでもありそうだ。

だからきっと、早春・仲春・晩春を問わず「木の芽時」なのかもしれない。だとすると「身中の虫が嗤い蠢く」期間は結構長いことになる。それに・・・、花粉と同じで、「いろいろなタイプの虫」がとっかえひっかえ出てくるから、ヤバイ季節だ。

私は携帯持ってないが、携帯弄ってて自滅的事故で亡くなった人もいるらしいから、周囲には注意を払って歩きましょうね~。

この「うごめく」って字、「春」の下に「虫2匹」。まあ1匹じゃ済まね~ぞ~!って感じか~?

とにかく、昔っから言われている「木の芽時」、注意するのが一番だ。自分を含めて軽薄なところが出やすいからね~、特に春は。

新NH〇(読み方は「ノー」ではないが・・・)会長の言動と居直り感、海外から失望感を表明されるYAベェ首〇の言動なども、やっぱりこの「木の芽時」?いやいや、これは「荒れる気~体質」で時期的なものではないかもね。

時は春。いい事ばかりはありえない。っていうか~、アブないよ、危ない。

 

 

 

+++++++++++++++木の芽時+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0301 最高のおもてなし

2014-03-01 23:00:00 | TV爺ぃ

イモトアヤコの「最高のおもてなし」をやっていた。この子には、いつも舌を巻く。

岩でも氷でも水中でも、そしてドラマ演技でも一生懸命だ。その集中力は並大抵のものではない。

けっこうよく出来ていたドラマで、夫婦共々楽しんだ。全部見れるかと思っていたが、たるむことなく最後まで引っ張られた。いい娘だなと思っているが、もう28歳になったのか~。

季節の変わり目だからか、それともカゼとかウィルスとかが身中にあるのか、カミさんも私も、このところ「立ち眩み」が激しい。3月はいずれにしても体調に要注意。

イモトアヤコをTVで見ると、いつもハッピーな気持になり「元気」になれる。それは私にとって「最高のおもてなし」といえる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加