まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

0706 誰のお陰?

2018-07-06 15:50:19 | うちのカミさん

旅に発つ日の雨は気分的に辛いものがある。我が家に帰着する日が雨というよりも行動が重く鈍くなる気がする。

北海道へ向けて始発電車に乗車する0628早朝、曇り。北海道旅行中は概ね雨の予報だった。この時期としては太平洋高気圧が異常なほど張り出して前線を押し上げ、東北から北海道にかけてが雨模様、のはずだった。

結果から言えば、傘無しではいられなかったのは0702に帰着するまでの5日間のうち、0702の昼前からの数時間だけと言っても良いくらい。

雨は0701にもしっかり降ったのだが、カミさんの友達の旦那が運転する車の中だったり、0629箱館~札幌のスーパー北斗車中などの雨降りであって傘は差すことが無かった。
0628の晴れのあと宿の駐車場に着いた16時ころザーッと降り出したが、何十秒かの小走りで館内へ。翌朝は雨だったがそれも上がって、降ったり止んだりのタイミングが良かった。

私は晴れ女!そう言い切るカミさん。
初日の箱館は曇から晴に変わって、湿度は高く暑かったが天気に恵まれたのだ。札幌藻岩山の夕照の時間も、夕張に向かう高速バスの時も晴れたのだ。

その度に私の方に向き直ってカミさんがギャグめいて言う。「誰のお陰?」。
斯くして、北海道は美味しい塩ラーメンから始まって、珈琲も海鮮も夕張メロンも、幸福の黄色いハンカチ記念館も、面倒な傘の開けしめがなかったのだ。
もう一回、ファーム富田では狭霧のような雨も降り、傘無しで歩いていたらカミさんの友達が見かねてビニル傘を買ってくれた。250円だというラベンダー色の小さな傘はプレゼントというのですぐに差したが、実は私の釣り用ベストには折り畳み傘が控えていた。
カミさんの折り畳み傘の骨が壊れてしまったのでカミさんに渡したが、山歩き経験者の私には、傘無しでOKの降りだったのだ。

その傘は今も我が家の玄関にあり、やや時期の早かったラベンダーの紫色を思い出す。

新千歳空港に向かう快速エアポートの列車待ちのため小樽の街を傘差して歩き、歩き疲れて入った「小樽バイン」。
ここでは、雨降り故のゆっくりとした時間の流れをカミさんと楽しめた。これもいいね、と言葉を向けると...
微笑みながらふたたび、『誰のおかげ?』


初めての北海道(道南)/】
※屈託のないカミさんの言動には一寸イラッときたりもするが、それでも、それで救われていることの何と多いことか。






++++++++++++++++++誰のお陰+
******

コメント

0421 中将湯の女2

2018-04-21 20:04:26 | うちのカミさん

そもそも何故、カミさんは中将湯を買ってきたのか。命の母を探しに行く動機付けは何だったのか!?

カミさんの、情緒の乱高下のメモを取っておいたのでここに記しておく。
カミさん自身は、ホルモンバランスが理由で色々出て来てるみたいなことだったが、結構ヒドさが昂じているのは疑いようがない。
カミさんの今回の状況は生理周期で観られたことだが、臭い・音、他人(職場や私・息子・義理の息子・娘・友人知人)の言動・考え方、それから自分自身の動き方と理想的に動けない環境にまで、感情的なアプローチを加えたりするので、自発動的なストレス要因になっていないか心配。

私も含め、人は自分の行動に関してはバイアスがかかったりして正確に認知できることはむしろ少ないだろうと思う。
現実と理想のギャップに感情が強く関与すると碌なことは起きないはずだろうから、その意味で自ら作るストレスを心配する。
嫌で嫌で堪らないような表情を見せたり、我慢してますみたいな様子を見せる時があったが、周囲に違和感をぶつけてもストレスは自分にはねかえってくる。

それが、生理周期とは違って、長期的に続くとすれば、本人にもどうしてよいか分からないほどのストレスと不調と不安などがあるだろう。
太極拳のおばちゃん達に聴いてみるか?

******* 以下 メモ *********

0426 「知らんぷりが一番

0424難癖
0423パタパタ婆
0422 嫌がり女
0421監視の目
0420x

0419 x(buy中将湯)

0418X 微かな ぞんざい兆候
0417X  
0416X
0415 不規則 強く出て外れ 肉食 多口無耳
0414X

中将湯の女知らんぷりが一番/】





+++++++++++++++++中将女2+
*

コメント

0421 中将湯の女

2018-04-21 10:58:14 | うちのカミさん

ここ1週間ばかり、カミさんが落ち着かない。物事のこなし方がぞんざいで、先先と急ぐかと思えばあちこちやりっ放しの度合いがかなり酷い感じがする。
皮膚科に行ったりメニエールの薬を飲んだり、運動の仕方も勉強の仕方も、切羽詰まったかのようでもある。
そして怒りっぽくて面倒臭がってイライラする反面、辛そうだ。

今朝、しみじみと「これ(中将湯)、合ってる気がする」とぽつり呟く。そもそも「命の母」を買おうとしてドラッグ・ストアで見つけて来たのが一昨日だったかな。

こういう煎じ薬系の飲み物は、記憶としては少年の頃からずっと存在し続けており、更年期障害とかに飲むらしいようなことは知っていた。
冒頭に、ここ1週間ばかりと書いたが、待てよ。1週間じゃ済まないかもしれない。本当にツライのかもしらない。

ただこういう時、男としてはどうしたらいいのか。何をしない方が良いのか、など分からない。
セクハラみたいなことにもなりかねない。

間合いと笑顔と、放って置く?

 

 

 

+++++++++++++++++++中将湯女+
*

コメント

0813 pk

2017-08-13 22:59:59 | うちのカミさん

うちのカミさんは、インド関連の映画が好きだ。以前は映画館に誘われて「ライオン」を観た。
今回は友人の勧めで「pk」という歌と踊りも挿入される現代映画。

若いくて綺麗なインド女性が自転車に乗って颯爽と走る映像から始まり、ひょんな出会いから興味を惹かれて若い男性と恋に落ちる。
ところが、これがパキスタン人。
このあたりからインドが抱える宗教や親子、男女、貧富や盗みなどの問題へと、軽妙に接点を持たせていく。
女性は結婚したい相手がいるとスカイプのようなもので家族と相談しようとするが厳格な父親に反対される。父親は自分の信じる宗教の導師にPC持参で相談に行くが、このことで娘は逆に結婚への意志を決定的にする。彼とは明日のうちに結婚しよう!と約束。

当日、結婚式会場で落ち合えない状況に、失意の涙にくれることに・・・。

で、すごくわざとらしくて笑える雲が青空に流れてくる。雲の中には大きなUFO。そこから降り立った裸の宇宙人と件の若い女性が主人公。
若い女性はTV局の取材のような仕事をしている。
宇宙人の方は、喋れないのだが、砂漠の中を走る線路の近くで、胸につけていた宝石のように怪しく輝くペンダントをむしり取られて逃げられてしまう。
このペンダントはUFOのリモコン、だからUFOを呼ぶことも自分の星へ帰ることも不可能になってしまったという設定。

ここからは、ひょんなことから変な行動をする男性(宇宙人)がネタになりそうと追いかけていくうちに、ピュアな言動に心を開いてゆく物語が展開される。

この映画は途中でインターミッション(休憩時間)が設けられるような長めの映画だが、映像も編集も良いのだろう、小洒落た映画として最後まで楽しめる。
宇宙人が会話を(まるでマトリックスのネオがインストールして学習・記憶するように)習得することや、ペンダントを取り戻すために起こす妙な行動と思考パターンを通じて、様々なことを語り掛けてくる。

その中に「神様は願いを兼ねてくれない」ということにぶち当たり、電話のかけ間違いで困惑してイタズラで返す件の女性を見て気づきを得たりする。
神様がペンダントを戻してくれないのは、神様とその代理人(導師や僧侶などなど)の間で「(電話の時のような)掛け間違え」が起きているんだ、と強く思うようになる。

このあたりは、軽妙ながら深い問題にしっかりとメスを入れている感じもする。
創造主としての神と、神の代理人が作り出す神という2つの神の存在と、それ故の混乱、掛け違えについても声にする。

宇宙人は件の女性に助けられながら、女性の持つ芯の強さや優しさにいつしか「恋心」を膨らませていく。
手を握って言葉をインストールしたように、微かな思い出となってしまったパキスタン人男性の名前を書いた字を見たことで涙する件の女性の手を包んだ時に、宇宙人は女性の胸中の奥深くに確固として生き続けるパキスタン人男性への思いと、愛溢れる思い出の存在を知ってしまう。
もともと彼の星には言葉による会話などは無用、感じ取ることで意思疎通する。ETの指と指、あるいはテレパシーのような?

さまざまなシーン展開があって、宇宙人はペンダントを戻してもらえることになり、UFOで自分の星に戻っていく宇宙人を見送る際に、自分への恋慕の情を知ってしまう女性・・・。

あらすじはインターネットで調べるのが一番だしレンタルDVDで見れば一発だが、最後はじんわりと涙が滲むような作品。

顔自体は違うのだが、宇宙人は時にイギリスの「ビーン」だったり、目がヤバくて背の低い「トム・ハンクス」のよう。
件の女性は、頬っぺとか口とか仕草が、時に「キャメロン・ディアス」のようだったり、ブルネットなので別の何人かの女優さんのようでもあり・・・。

まあ、カミさんとカミさんの友達には、感謝かな。

 

* pkとは「酔っ払い」と訳されていた。訳の分からないこと・意味不明なことを言うくらいの意味か.

【2017 0421映画「ライオン」/重力のフィルター/】

コメント

0520 180度揺れ

2017-05-20 09:26:56 | うちのカミさん

恐ろしい地震の話しではない。
YES or NO?カミさんが時々自分に課す二択。ま~、これは誰でもがやっていることではあるが・・・。

瞑想とかマインドフルネスをしながらΘ波(シータ波)を測定できる簡易脳波計(約3万円)を欲しがっていたカミさん。
だが今朝は、「要るのかな~」と揺れている。
簡単な問いかけをしてみると、カミさんは答えを見つけていく。

ここで大事なのは、こっちの意見や考え方、いわゆる方向づけをしないという1点だけだ。答は自分で見つけ出したいものだから。
それは間違っているのではとこっちが思っても、こっちは「相手の置かれた状況」も「大事にしたいと思っている価値観」も共有できているとは限らない。

中間根を探せないでいる状態は誰でも陥るものだが、外野が押し付けてはダメだ。
アドラーでもないが「課題の分離」を尊重し続けるしかない。昔の私はこれが全くと言っていいほどできていなかった

ただただ、ああでもない、こうでもないと考えあぐねてしまうカミさん。
カミさんがこのように度々起こす「180度揺れ」。これがまた彼女のストレスを産んでいるような気もする。

結局カミさんの決定は購入に振れたのだろうか?まだ、分からない。
しかしカミさんの話を聴きながら、ちょっとした質問を入れて行くとカミさんの本音かなというものに触れられるときがある。

ちょっと前に「今度、旅行に行こうよ、楽しまなくっちゃ!」と言っていたカミさん。
今日は、「私は(旅行などの)イベントはあんまり好きじゃないから」と言った。
さてはあの時は、私に合わせて言ってくれていたのかもしれない。
で、
「北海道とかも一人で行ってもいいのかな」と入れたら、それでいいんじゃない、と言う。

どこまでいっても本音は観えないのだが、カミさん合わせに心するよりは「自分のやりたいを追求していこうよお互いに」ってことかな。
それこそが、ストレス少ないプライスレスな時間?

プライスレスで輝く/】

 

 

 

++++++++++++++++++++180度揺れ+
*

コメント

0429 ィヤだよ~

2017-04-29 07:52:38 | うちのカミさん

連休初日とあって、カミさん、機嫌がいい。自分の部屋から大きめの声でやたらと話しかけてくる。だからしょうがない返事したり応じたリ。
ところが加齢のせいか、どうも呂律(ろれつ)が回らない。
カミさんは毎日出勤しているから曲がりなりにも人としゃべるが、私は家で一人の毎日だ。庭で草と戦うくらいなもんだから喉を使わない。
だから声がしわがれているし滑舌悪いし、声も小さ目。おまけに喋りがシュッとしてない。早い話(ちっとも早くない)、回りくどくて過不足だらけ。
もう、良いところがありゃあしない。

とうとうカミさん、部屋から出てきて聞きなおしてきたりして・・・。
「いやあ、呂律が回らなくってさ~」という私を遮って、身の回りに散らばっている「呂律の回らない面々」の話をしてくれる。

カミさんに、「仕事してるし電話(長電話)の声を聴く限り、ちゃんと話せてる。」と言ってみる。
『そりゃま~ね~、仕事とか他人だからさ~、気をつけるよ~。』とカミさん

「だけど俺に話す時は、口の中でモゴモゴしちゃって、大抵こもってるヨ。俺の時も、ちゃんと滑舌良く喋ってよ、聴き取れないからさ~。」
って言ったら、かみさん、『ィヤだよ~!』

なんだ、それ!






+++++++++++++++++++ィヤだよ~+

コメント

0826 高を括っていい気になるな!

2016-08-26 10:20:08 | うちのカミさん

息子眠たい顔でシャワーも浴びずに出社、なんでも「もう少し早く出てこれない?」と会社から言われてしまったらしい。

あいつも小さいときから自分本位の判断をして「それでいい気」になってしまうことがある。

カミさんは相変わらずゲホゲホ、ゴホゴホ咳をして「明日はプールに行く!」とか言う。
少しして「明日は娘とコストコで(娘の旦那の)BBQ用の肉を買いに行く」という。

傍から言われりゃ気分は悪い。言われなければ直しもしない。カミさんと息子はどこか似ていて、なんとはなしにキリギリス。
用心しいや~。(または「気をつけなはれや!})

私とは生活リズムが違ってて、ちいっとばかり居心地悪い
スペースを共有するのだから、互いに気分よく過ごしたい。







++++++++++++++++いい気に+
**

コメント

0624 ダァイソン

2016-06-25 17:50:49 | うちのカミさん

うちのカミさんがやる物まねで秀逸なのが dyson CMの女性ナレーション。

吸塵力の落ちないなどの言葉のあとさきに出す「ダァイソン」っぽい声色が嗤える。

それは時に、予告も無く放たれる。そして、笑える

 

 

 

++++++++++++++++++ダァイソン+
*****

コメント

0609 極上炊き

2016-06-09 10:33:44 | うちのカミさん

水中ウォーキングで体調が良いのか、カミさんこのところ早起き。
早朝のトイレ掃除なんかも復活傾向。

今日はご飯も朝風呂も随分早かった。ほんとは夜入りたいところだが息子は帰りが遅いのでどうしても朝になる。

ところで、今日は朝飯の白米が美味しかった。必要に駆られて割と安いお米を買っているが、聞けば「極上炊きでやってみた」。
極上米でなくても、六十数分かけて炊き上げるコースだと、コメは真価を発揮する?
時間が無くて光束炊飯(25分)は迅速軽便ながら、味が今一つ。安いコメ(どうにもならない米もある)は、ま~こんなものか、なんて思っていたのが嘘みたい。

やりかたひとつで、その差は大きかった。







++++++++++++++++極上炊き+
*

コメント

0508 レースのカーテン、帆と同じ。風の力は侮り難し

2016-05-08 23:26:42 | うちのカミさん

カミさん、窓から風を取り入れて掃除機掛けをやっている。家事に勤しむカミさんの頑張る姿にちょっと惚れ、なんてね。

ところで、うちのカミさんは窓全開が好きだ。カミさんのお母さんから引き継いだものかもしれない。
真冬の早朝から窓全開で空気を入れ替えストーブ無用の人だったらしい。なにせ寒天で有名な諏訪の生まれ。

ところがそのお母さんと多分違うのは、カミさん必ずレースのカーテンを閉じておくところ。

このところ毎日のように風が強く吹く。
風を孕んだカーテンは、ヨットで言えば順風満帆。

これまでも窓辺に鉢を置きながら、レースのカーテンで何度も鉢が割れているのに、学習しね~な~。

昔私が高校で英語の授業を受けてた時に、風が強くてカーテンが膨らみ翻っているのを見た男の先生が教壇でこう呟いた。
「こんなの見ると想像しちまいますね。」とニンマリ笑う。男クラスのみんなも大うけ。すると先生吐き捨てるように「こんなとこばっかり発達してんだから!」とま~、ひっかけ問題みたいな・・・。

これは全く関係ないが、風の力はなかなか偉大。

コメント

0409 天邪鬼はコントローラブル

2016-04-09 09:59:59 | うちのカミさん

朝、うちのカミさんがしみじみと嬉しそうに語る。
職場の上司が、ケツに火が付かないと仕事を進めて行かないことに業を煮やす日々が続いていて、これがストレスなんだそうな・・・。

これまでは期限ぎりぎりで催促していたような事案に対して、今年は別のアプローチを取ってみたそうだ。
今年のやり方はこう。

「もうじき期限ですし、先方に連絡しなくてもダイジョウブですよね~?」で、その仕事への関与を打ち切る体(てい)で話を終わらせる。
すると、今まではそれでも何もしなかった上司が、「いや!、・・・。」と言って行動に出始めたというのだ。
少なくとも「糠に釘、暖簾に腕押し」の状態から、共有する空気にはなったようだ。

カミさん、続けて言う。
うちの上司、けっこうアマノジャクだからさ~、それに気づいてやってみたら、ドンピシャ!だったんだ~。

なるほど、天邪鬼ね~・・・。私は真顔で聴きながら、その上司の天邪鬼ぶりが、なんだかちょっと可笑しかった。
だって、うちのカミさんと息子は、どう考えたって「天邪鬼」。

【私も含め、自分のことに視力及ばず/】





++++++++++++++++天邪鬼な+
*

コメント

0324 サン・コン

2016-03-24 18:54:28 | うちのカミさん

サン・コンプレックスという言葉があるのかどうか知らないが、うちのカミさんは息子にとても甘い。
大事でもあり可愛くもあり、とにかく「お腹、空いてない?」、「ちゃんと眠れてるの?」、「電話代、払い込む時間あるの?」、はては「会社、間に合うの?お父さんに駅まで送って貰ったら?」と、心配しきりなのだ。

これが、今年三十路に突入する息子に対して、毎朝毎晩繰り返され繰り広げられるのだ。
男からすると、これは如何なものかと思ってしまう。

だが、これはうちのカミさんだけに限ったことではないのではないか?
今回の「サン・コン」は、カテゴリーを「うちのカミさん」にしたのだが、世の「男の子を息子に持つ母親」は大方これなのではないか?
カテゴリー、「女の人」でもよかったのかもしれないほど、あるあるネタなのか、なんだかそんな気がしてきた。

今日は姉たちと墓参りの日。これについて話を聞いてみた。
男の子が2人(女の子が1人)の姉の処では、「長男は大事で、次男はカワイイ。」といい、別の姉の処では一男一女だが、とにかく長男が可愛くて可愛くて疎まれるほどであると言えば、まんざら当たってなくはないようだ。そちらの息子たちはもう、アラフォーといったところ。
ちなみに、どちらにせよ、男の子は可愛い存在、娘は頼りになる存在と括っていた。
話の最後に、「娘からは、よく叱られる」とも言っていた。(だからこそ、頼りになるのか?)

思い起こせば私だって一人息子。大正生まれとはいえ、母親からは結構甘く育てられたのかもしれない。
でもさ~、保育園とか幼稚園じゃないんだからさ~、ちょっとおかしくない?!

ここにおいては、もう父親の存在意義は殆ど無いに等しい。
ただ、お金さえあれば、男は要らなくてもいいくらいと、姉たちのややオブラートに包んだ物言いが続く。
ま~?、定年まで働いてくれた夫が、居場所や存在意義を認められないでいるのはちょっと可愛そうだから、一応は「ありがとう」感を忘れない。
そんなところだった。

で、息子への猫かわいがりみたいな母親像・・・。
ま、いっか!

最後に苦労するのは、世のお母さんがたなのかもしれないのだし、こっちはこっちで「過去のサン」だった。
それでも、自分の残りの人生、やってみたいことを優先し、家事なんか二の次でも「ホコリじゃあ死なない」のだから、好きなことやりな、あと何年生きられると思ってるの?

そんな姉たちの、弟への声援が続く(これもまた、有難い)。

子を産んだ女の人が、赤ん坊で手が離せない時期を経て、幼稚園や小学校などに入って得られるちょっとした余裕<ゆとり>を体感した後に、その「埃じゃ死なない」が大きな割合を占めてくるという。
ただ、女の人はそういう自由時間を生み出すために、表面上、やることはちゃんとやり、やりたいことを入れて行く。

男の子は特に幼少時、弱っちい。私もそうだったし、息子も保育園ですぐに感染症をもらってきて病院通い(娘の方がやはり強かった感じ)。
弱っちくて世話が焼けて、女の子ほど家事や身の回りの始末が上手でない男の子には、随分と気を揉んで気を揉んでなんとか潜り抜けてきた。
小さいときの面影はそのままに、いつしか立派になった息子は、比べれば母親に「自由な時間」をもたらしてくれるほどになった・・・。

そう思えば、息子はいつまで経ってもカワイイ存在なのかもしれない。

日本の女性は、今や結婚願望が低下してきているという。けれども子供は本当は欲しい。でも経済的にも環境的にも持ちづらい。
そんな状況ではあるのだろう。

多くの場合、アルコール大好き人間であっても、喫煙者であっても、妊娠した女性は、ぴたりと已めることができるようだ。
カフェイン入りの飲料をやめ、葉酸を摂り、健康に気遣う。

出来ないときはきっぱりやめる!そんな切り離れの良さが女性にはある。日本人の日本人的こころ的な?
遥か昔から連綿と続く「女性」という性のもつ理屈じゃないのよ我が子の可愛さ、就中(なかんずく)男の子のたまらない可愛さ・・・。
サン・コンプレックスは未来永劫?

 

女の人はピンスポット/】

コメント

0314 花粉症よくなったんじゃない?

2016-03-14 06:30:30 | うちのカミさん

朝方、カミさんが私の花粉症について感想を述べた。
「毎日ヨーグルト食べ続けて、花粉症軽くなってるんじゃない?」

たしかに、激しいモーニングアタックには見舞われていない。ゆるい攻撃というかほどよく鼻水が出る程度にまでレベルが下がった感じだ。
こうして私のことを気にかけてくれている人の存在、ありがたい。

巷では花粉症の飛散について「非常に多い」と予想するようになってきている。
してみると、花粉症は治る?

いやいや、結論はまだ早い。
花粉飛散量はまだ予想される総量の半分にも満たないようなものらしい。
それに・・・私が例年苦しむのは、黄砂の飛来があってから先のことだったじゃん。

 

 

 

++++++++++++++++++++花粉症よくなった?+

コメント

0220 ホットケナイ顔

2016-02-20 12:16:27 | うちのカミさん

カミさん、私の顔を見て「寝な!」と一喝。

娘、「ほんとだ~、ホトケさまみたいに表情が無い~。

「ほんとうだ。ホトケになっちゃったわけじゃないんだからさ~。」

あ~、やれやれ。このあと30分ほど前後不覚で眠る。爆睡。
そして蘇生復活~!といいたいところだが、まだまだ眠れる。

【はてしない物語 ?/あれから〇十年・・・/】





+++++++++++++++++ホットケ+

コメント

0202 示唆的な、エアロバイクのTV婆ぁ

2016-02-02 06:56:58 | うちのカミさん

ほぼ起き抜けに、カミさんはコーヒーを淹れるとすぐにエアロバイクを漕ぎ始める。
朝5時のゴーリンゴーリンというような物音はそれだ。

汗が出るまで必ず30分は漕ぎ続ける。それをしながら録画TV番組を視聴する。
ターゲットの筋肉とか七面倒くさいことは無し。心肺に刺激をかけて血液循環を目指すカミさん。

なんだか私よりちゃんと録画番組を見ているように感じることもある。このエアロバイクもカミさんのTV視聴の効率化のひとつ。
あとは、カミさんの白髪染め(おしゃれ染?)の時間など。

私が食器洗いの時間に録画視聴するのだと、番組内容が斑(まだら)になる。肝心な映像も音声も、水道や食器の音などで干渉され逃すことも少なくない。

昼の食事時とエアロバイク、なかでもエアロバイクTVを取り入れていくのは「運動不足か?」と反省だけしている私にはかなり重要な時間となりそうだ。
そして、食器洗いの時間は、見てもいいし、(消して)無音で色々思う時間にしてもいい。

カミさんは、いつも私に気づかせてくれる存在。

 

【健康/】

コメント