まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

0127 兎弐桜路

2015-01-27 23:27:05 | TV爺ぃ

年金提出までで一段落したので、録画しておいた番組を見た。
You は何しに・・では、ロマ・トニオロが母親を連れて東京を案内していたが、相変わらず、前向きで良い青年だ。
彼のママも無邪気で素敵な人。

日本では苗字を印鑑にするからと、印鑑は別のを新しく作っていた。よく調べていること。
(でもいいのに~。日本人でも昨今は名前のハンコを作ったりする)

ちなみに今回のインカンは、縦書きで右から始まるオーソドックスな感じのトニオロ印鑑に仕上がっていたように思う。

日本のウェンツもフランスでは女性に人気だそうだが、ロマも日本でのモデル活動をスタートさせたいらしい。

それにしても、ロマ・トニオロを2年前のこの番組で観てファンになった娘さんがSNSを探し出して友達になり、そのお宅にホームステイするというから、その娘さんの行動力にも真っ直ぐなものを感じる。

次回はモデル活動への続編ということらしい。

 

ハッピー向き?ペーソス向き?

印鑑の字配りについて知ったようなことを書いたが、ロマが下書きをやって?上下の配置にしたり、昔ながらの日本式で「真炉」を右から読むようにと、ロマがこだわったのかもしれない。本人が良ければ、それも、ありだったね~、最初の印鑑。  2015.1.28

続編は、なかなかオンエアされないね。
取材や編集が間に合わないのか、外国人によくある「連絡なし」なのか、謎だよね~。「気になるよね~(イトウアサコ風)」。

2015.9月 ハンコ宣伝モデルになったのを録画で見た(0915)。

2018.6.2 私のこんな拙ブログでも、これが検索される頻度は高い。それだけ人気なのだろう。遅まきながら調べたらロマ・トニオロはWikipediaにも掲載されていた。

 

 

 

+++++++++++++++++兎弐桜路+
********************

コメント

0126 年金請求手続きに出かけて

2015-01-26 21:29:29 | 老後生活

今日は、65歳の年金請求手続きに年金事務所へ。仕事から離れてもう4~5年・・・思い知った。
(退職前からかもしれないが)、私って、かなりトロイ。

年期請求手続き説明通知を見ながら、記入・添付書類揃えしたのだが、無用なもの・不足なもの、両方共に年金事務所で(やさしく)指摘された。
まあ、あっちは毎日多くを相手に同じこと繰り返して刷り込まれ、こっちは一生に一度の老齢基礎年金とやらの請求だ。
分からなくてもしょうがないやと空欄のまま提出、その場で教わって書こうと思っていたのに、その辺は何も言われず、添付書類(原本)の準備漏れを、(これまたやさしく)指摘され、送付用の封筒までくれて、探して無ければと、請求用書式まで渡してくれた。「記憶にないけどな~・・・」と私。

私は見逃したが、説明書に書いてある部分まで見て、指し示して、更に「分かりにくいかもしれませんね」と添えた。
こんな風に出られたら(中国人や欧米人ではないので)、むしろ恐縮して、「やあ、もっと注意深く読まなきゃいかんね~」。
自分の至らなさを(ある意味)詫びるくらいの出方っちゅうのが日本人ってもんで・・・。

誰から何か言われたわけではないが、やはり私は、そこそこトロイ。(つくづく)そのように感じたのだった・・・。


果たして、家に帰ったらあったよ~、あった。ちゃんと!ファイルに大事にしまいこんであったのを審査担当の方が用意してくれた封筒に入れた。82円切手を用意するところを何故か52円のを取り出すなどして、またまた「とろい」と自虐。でもまあいい。
気を取り直して郵便ポストへ。投函ついでに、ちょっと足をのばして「サイゼリアおひとり様」。
生ビールと、エリカ・アンギャルが言うところの居酒屋メニュー風に色々なものをつまみながら、誕生日の自分を思う。

前にカミさんに連れられて歩いて来た時はピッツァ、ムール貝などを2人でシェアしながら数多く頼めた。
一人だと腹は膨れてもバランスよく種類多く頼むことができないのだった。
(その時カミさんも、今度一人で来ようかなと言っていたが)、私の場合、一人だと、ちょっと意味が薄れる気もした。
なんだか間が抜けた気もして、総括すれば「やはり私はチョトとろい?」。ということで、一人納得。

65歳、これからは肝に銘じて「老いては子に従え」?そう思いながら家に帰った。

カミさん、17時台に帰宅して、食べに行こう!今日は安いところでいいよね~。で、Cafe GUSTO。
カミさん、99円ワイン(食事向きで飲みやすい)、私は生ビール。そして乾杯。
一人誕生日が「いま一つ」だったことなど今日のこと、トロイ話など織り交ぜて、カミさんに感謝しつつ、和膳なんかも食べた。
結構食べられるもんだね。(よく噛んでから呑み込んだので?)胃は重くない感じ。

 

 

 

++++++++++++++++++年金請求+

コメント

0126 昨日の自分より

2015-01-26 10:25:59 | ふと思ったこと

笑顔のない健康。

笑顔のない家事。

笑顔のない仕事、笑顔のない稼ぎ。

笑顔のない毎日。

笑顔のない家族。

笑顔のない人生。

そんなものを想像してみた・・・。
それから、自分に向けて、想像(イメージ)してごらんよ、と思った。

作り笑いではない   笑顔に   包まれた日々を

(2014.9.9 0909)

*****
割合に難しいと思ったのが、身近な人に自分の方から笑顔を送ること。贈ることと言ってもいい。
見知らぬ人へは、その場限りの笑顔や作り笑いは出せるのだが、特に身内に対しては思いの外、難物だ。

すべては自分の問題、変化の対象はいつも自分。
変化と言うよりも・・、もし変われたのならそれは「進化」?

昨日の自分で居続けるよりも・・・
今日、今、自分の思う自分に向かって進む。

進みたい。

(2015.1.26 0126)

 

 

 

++++++++++++++++昨日の自分+

 

コメント

0123 真冬の中の3月の陽気

2015-01-23 23:18:54 | 季節的な

2015.1.23 「真冬の中の3月の陽気」

日中は気温が11~12℃まで上がり、今日は3月上旬から中旬くらいの陽気だったそうだ。大寒が極まって変化の兆し?

 

2014.1.28  「3月下旬の陽気」

今はまだ冷たい風も吹いているが、昼ころは暖かく3月下旬の陽気になるという。それは好都合。

今日は生まれた孫が退院してくる日だ。

娘は、産褥期というのだろうか、貧血気味で、昨日も白~い顔をしていた。産後8週間くらいの間、人知れず辛い思いで過ごすらしい。

なんだか知らないが、無性に和菓子を食べいと言っていた。

母乳をあげる内は、飲食にも多少の制限がつくようだ。

娘の旦那も、自分の子ができて仕事も張り切っている分、疲れているらしい。若いから良いようなものだが、あまり無理をせずにやってほしい気もする。

早く、本格的な暖かさが訪れるように望む。

コメント

0121 クララ・ボダンっていうんだってよ~

2015-01-21 21:45:13 | TV爺ぃ

昨夜の「所さんのニッポンの出番」を録画しておいて、今日昼飯食べながら見ていたら、「クララの出番」というコーナーがあった。
どこかで見た女性だぞと思ったら、「Youは何しにニッポンへ」でフランスへの里帰りから帰ってきた美人さんだった。
その時にはガストの「カポナータ」のCMに出ていたと話していたし、そのCMも流してみせてくれた。
この、随分とスッゴイ美女は、また見たいな~と思っていたが、どう見ても、Youは何しに・・・の映像が(好みはあるだろうが)、一番美しく感じる。
空港の映像で明るいイエロー系のコートを着て歩いていた時の明るい淡いメークは、ちょっと良過ぎるほどイイよね~。
去っていく後姿にも余韻?

カポナータのCMのメークも、出番のメークも、ちょっと良さが紛れてしまうケバケバメークのようにも思う。

今回のレポートは、「日本女性が(細いのに)痩せたい~!」謎に迫るという趣向。この番組のこのコーナーには、ソフィーという女性も出るが、何段階にも掘り下げて追跡していくレポートのスタイルは、なかなか面白く興味が途切れることが無い。

単に(最近やけに多い)「ニッポン絶賛、自画自賛」だけでも困るが、今回のビデオゲストであるエリカ・アンギャルも言っていたように、「日本女性は(もっともっと)自信を持った方が良い」という提唱は、それがたとえ、いかにも欧米的な発想であったとしても、大事なことのように思えた。
(女性がそこんところばかり自信を持ったところで何になる、ってのもあるけれど、太目 ブス目 キャラ強め も脚光の良さも 2018.4.9)

日本女性を、日本人とか日本男性と置き換えてもよいのかもしれない。

ただ、日本人はどこかで知っているような気がする。いい気になり始めると、途端に自分の良さまでもが変質(変性)してしまうことを。シャイはいいのだけれど、という外国人から見る日本人のもどかしさは、謙虚であり続けたいとする部分と背中合わせなのかもしれない。

まあ~、日本人も、昔の日本人とはだいぶ様変わり。
進化変身しているのは、和服時代の寸胴・練馬大根女性から、「菜々緒」のような日本女性へと全体的に変化しているのと似て、男も女も、私の生まれ育ったころとはすべてが格段に進歩して、凄いことになっている。

日本女性は「キレイ」と、外国人女性はおっしゃってくれるが、どう見ても外人さん(いけない表現?)はスゲーキレイ!と思ってしまう。戦後生まれの「ガイジン・コンプレックス」を刷り込まれたワ・タ・シ・・・。

【雑感/昭和の価値観/】

欧米における「大人の女性」願望(志向)がずっと伝統的にあって、日本女性のことを(シャボン玉的な意味で)バブリーガールっぽく言う欧米男性もいたようだけれど、最近の若い欧米人女性が、「きゃりーぱみゅぱみゅ」などを追い求めているのを見ると、色々な文化が大きく大きく渦巻いて価値観や美意識までも世界規模で掻き混ぜているような感じもする。

伝統的な価値観だけを大事がるのが、少し違ってきている時代なのだろうか。

クララ・ボダンの化粧、ちょっと鮮烈で、男優マイケル・アイアンサイド(スキャナーズほか)に似ているような感じがするときがある。

 

 

 

 

++++++++++++++++++クララ・+
*****

コメント

0119 忍耐強く楽しむ

2015-01-19 22:41:16 | TV爺ぃ

アナザースカイに出ていた相武紗季が、この番組の中で何度も言っていた。

私なんぞが初めてこの子を見たのはパイロットボールペンのTVCMに出ていた笑窪の可愛い女の子。
ケラケラっと笑っていそうな彼女もいつしか大人の女性になって、相変わらずの笑顔の中に生きて居るのだと思っていた。
明るい面影とは裏腹に、深い苦労や苦悩が推察されるような言葉だった。

忍耐強く楽しむ」。
年齢だけくってしまっただけの、こんな爺さんの胸にも沁みてくる一言だった。

私の心に響いた一言たち/老後生活/ふと思ったこと】

 

 

 

 

+++++++++++++++++忍耐強く+
**

コメント

0117 行く救護 人っていいな

2015-01-17 05:46:00 | ふと思ったこと

1995 1.17 この日付が、ふと、そう見えてくる。

 

阪神淡路大震災。多くの人が救援に駆け付けた。桂文珍師匠も被災して、5年間はコンテナ住まいをされたそうだ。

この救済を受けた多くの方々が、今度は東日本大震災の救援に向かったという。

 

コメント

0116 この時期ありがたい晴の特異日

2015-01-16 00:00:00 | 季節的な

今日は晴れの特異日なんだそうな・・・。

ありがたいね、太陽の温もり!

ふと気がつけば、マダガスカル・ジャスミンの新芽の蔓、動き始めた。
鉢土の入れ替えをしなかったからだろうか、全体に細~い。
オベリスクの三角の頂点よりも、ひょろっと上に伸びているので、中くらいの高さでカットしてみた。

 

 

 

+++++++++++++++++晴の特異日+

 

コメント

0114 命短し恋せよ・・・

2015-01-14 11:22:28 | ふと思ったこと

ああ人生第4章。
第1節が終わろうとしているか~、この5年。もうじき65歳だもんな~。
第2節を考えるとき、やはり感じる残りの短さ。ん?待てよ。

ふと振り返れば、若い時は(今思えば)恥ずかしいことばかり。
だからといって、それでも受け入れてくれた人々・・・。

それに甘えて生きてきたのかどうかはともかく、多かれ少なかれ、皆さんソンナトコロではなかろうか。
周囲にはオトナがいたのである。

さすがにジジイになって、恋せよ乙女というわけにはいかないが、若い時に比べたら大少しはマシになってきているではないのか? と自問!
そうだよ~、確かにちったぁ~マシになっている。
それをベースに、恋心。なんて、いいね~!。

とはいえ、何に恋する?そうさな~・・・。

恋と言う字は「」の下に「心」。
亦は人の形に脇の点をつけたもので「腋、脇の下」を意味するものらしい。「又」とか「大いに」という意味合いもあるようだが・・。

やっぱりここは、ごく普通に、「楽しいこと」を大いにやりましょう!ということかな。
孫を見ていて思う、あの「ケラケラ笑い」。脇の下に両手を差し込んで、高い高~い。

あの感覚を、爺ぃ、いまひとたび?

自由に好きになる!大好きなこと、ためらわない!
でっきるっかな~。

ちなみに、「亦」・「恋」という字を探していたら、「恋の奴隷度チェック」という無料の心理占いがあった。
私の場合、
デレデレ度100%、ツンデレ度50%、恋の依存度75%、恋の服従度66%だそうで、「気まぐれな子猫ちゃんタイプ」なんだってよ~。
似合わね~!


少年老い易く

コメント

0114 風邪は万病の元

2015-01-14 10:16:50 | 健康

2015 (水)

昨日一日中眠くなれば眠り、起きているのに疲れたら眠りして、夜も早くに就寝
風邪の訪問をシャットアウトできなかった場合、早々に引き揚げていただくには無理して付き合わないことだと決めている。

薬は裏返せば毒でもあるし、普段通りに家事をやろうとしても無理が出てくる。風邪といっても老人死のはじめの一歩となることが知られているように、カゼと闘っている身体や脳は、目に見えぬだけで、おそらく物凄い働きを強いられているのだ。

まさに全身一丸となって対処しているときに、歯を食いしばって「無くなることのない」家事をこなそうとするのも愚かなことだ。
一日でも早く起き上がれるよう、家事は放棄して眠りと水とわずかなストレッチ(リンパの流れを意識)で、あとは体の感覚に従って任せれば、それが一番自分には合っている。

今日は、朝から起きる気力も備わっていた。実は昨夜寝ている最中にも、明日は起きて動けそうな予感がしていた。大体その通りになっている。3日間ほど、ほぼ寝るだけに徹したので、腰も痛くなってくる。だから起きては体を少し動かしてやることは必須だった。まあ、リタイアしたからできる自然のまま(ありのまま)療法だろう。

ただ、実際に起きてみて、少しずつ家事もやってみているが、やはり身体的ダメージやビタミン・酵素・少食偏食による栄養素の損失があり、じきにガス欠のような状態になりそうな気配。

体調的に、ゼロスタートのつもりで、復活を目指したい。

ここずっと、夜間の放尿(夜間頻尿)は無い。寝しなの風呂も良かったが、風邪ひきのため2日間は入浴を見合わせた。入る気力がなかったのだ。

排便の状態は、風邪のピークからは灰白色になったり軟便になったり、少食のため少量になったり、あるいは粘性が高かったような気もする。胃もたれしていたのでシリアルなどの食物繊維は少ししか食えなかった。もっと果物など水溶性のファイバーを摂れば良かったかもしれない。

今回だけかもしれないが、カゼピーク時に納豆を食べたが、事後、胃腸の調子がいまひとつに思えた。

食欲が無くて、ヨーグルトを1パック食べることができたが、ヨーグルトに関しては胃に負担はかからなかったように思う

葛根湯も、今回(TV健康番組の影響で)飲んでみたが、初回は美味しかったが、2回目からは「いい感じ」がしなかった。3度目を飲んだ後は、やめようと思った。西洋の薬は、こういう飲み方は戒められそうだが、漢方も含めて、薬には日頃からあまり頼らないほうがよさそうに思う。

 

 

 

 

+++++++++++++++++++万病の+

コメント

0109 vsインフルエンザ

2015-01-09 23:25:38 | 健康

腸内フロラ(腸内細菌叢)が免疫機能の7割を担っているらしいが、そのためにはヨーグルトなど乳酸菌を継続的に摂るのがよいと、TVの「専門外来」とかで言っていたっけ。特にR1ヨーグルトとか言っていたが、善玉2、悪玉1、日和見7の割合ならOKのようだ。日和見が悪さをするようになるのは不摂生がもとということになるのだろうか。極端な寒さや乾燥やアルコール・喫煙・睡眠不足・過食などのストレスも良いはずがない。

NK細胞(ナチュラル・キラー)が、がん細胞を攻撃する画像も見せてくれたが、インフルエンザウィルスもやっつけてくれるようなことを言っていた。そのナチュラルキラー細胞(50億個もあるリンパ球の仲間と解説があったようだ)も、のほほんと生きている方が活性化されることが分かっているらしく、笑うことが癌をも消滅させるという話も、そこらから来ているのだろう。

「べき・ねば」に縛られ過ぎている自分を、少し緩めてあげることができたら、健康であれるということか。

ま、単純に「笑顔の女性・女性の笑顔」を見ているだけで、自分の中に解れていくものを感じるからね~。
でもこんなこと言うと、中には「女はいつでも笑ってさえいればいいってことですか?!!」って怒る女性もいるんだけど・・・。

やっぱ、笑顔だよ。温もりだよ。気持ちだよ。(男も女もないけれど、ことさら男は、女の笑顔!)

コメント

0107 七草

2015-01-07 15:10:14 | 季節的な

セリナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロ。

セリが、たしか庭に生えているはずだ。そのうち取ってきて食べてみよう。ま~、よく食べるのはダイコンくらいなもんかね~。カブも食べるか、スズナとは可愛い名を付けたもんだ。

それでもこの先食べるものに困ったら、野草なんかも食すのだろうか。

青森の有名なリンゴ農家、木村政則さんも、奇跡のリンゴが生まれる前は雑草を食べた時期もあったという。ハコベなんかはジュウシマツなどが喜んで食べるが、ちょっと筋っぽくて歯に挟まる。

生野菜食は、生きた酵素の宝庫なのだろうから、体にいいに違いない。
年とってきて、たんと食べると胃が重くなるのだから、春の野草も含め、苦味のきいたあの味わいも、少しを旨として楽しんでみてみるか?

フィトケミカル/ファイトケミカル/酵素とか補酵素とか/土の恵み/地の気】

コメント

0101 今年の目標(一年の計

2015-01-01 09:59:59 | ふと思ったこと

2018 (月)
カミさんは放送大学卒業と、何か新しいことを始める準備か。
私も、やりかけて半ちく(中途半端)なまま放っておいてるものだらけ。断捨離なり血脈通わせるなり、進歩進化したいな。

2017 (日) 昨年終盤の健康面での激震。
カミさんの手術、リハビリと予防。
 ⇒ カミさんの術後の回復はすこぶる良好。カミさんは胸にメスが入ったこともあり逆に踏ん切りがついた感じもある。
健康なうちに楽しもう。健康を稼ごう。
 ⇒ 十分かどうか分からないが、少しは楽しめたし0202に太極拳も始めた。0507にはタブレットも買った。

2016 (金) 特になし、かなぁ~。
目の前にあること、あるいは「今」ここにある3次元4次元とかをじくりと眺めたり心身を呼応させてみたり・・・なんてね。
 ⇒ 私が一過性全健忘になり、カミさんが大動脈弁弾性線維腫と診断され、あらためて健康について考えさせられた。

2015 (木)
もっと気楽に前を向く。
 → あまり気力が湧かなかった。
自分が「やって楽しい」ことを積極的にやる。
 →DIYは少し進んだ?園芸はゴーヤー以外はホボお預け。
健康。
 → 運動不足だった。
基本軸は体を動かす、そして野外に出る。
 →惨敗。
食事は3食をしっかり摂ることよりも、空腹で鳴るくらいの食べ方を優先する。
 →空腹感持てた日もあるが、如何せん(いかんせん)運動不足。もっとアウトドアを歩きたかった~。

2014 (水)
捨てる/運動する/愛おしむ
 →どれもいまひとつだった。

 

 

 

 

++++++++++++++++一年の計+

コメント